また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ装備 > ファイントラックのメリノスピンサーモについて

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:装備

回答受付中
緊急度 4装備
ファイントラックのメリノスピンサーモについて
質問2021年01月14日 00:31 (2021年01月21日 00:15更新)
冬季登山におけるレイヤリングでベースレイヤーについて悩んでいます。考えている候補は、以下の2つです。

.侫.ぅ鵐肇薀奪 メリノスピン サーモ
▲侫.ぅ鵐肇薀奪 メリノスピン ライト

2月中旬から3月頃の赤岳や五竜岳などの登山ではどちらがベースレイヤーとして最適でしょうか。メーカーの説明としては、メリノスピンサーモは冬季登山対応で、メリノスピンライトは残雪期や春・秋対応と書いてあります。しかし、メリノスピンサーモは、行動中は暑くて汗が出て、汗冷えするかもしれないと思い安易に選ぶことが出来ません。どちらが良いでしょうか。宜しくお願い致します。
回答2021年01月18日 17:24 (2021年01月21日 00:15更新)
はじめまして
すでに回答が付いているので今更感は有りますが、メリノスピンサーモの使用者として回答致します。

冬期登山においてはメリノスピンサーモの利用をお薦めします。
冬期では概ね.戞璽好譽ぅ筺↓▲潺奪疋譽ぅ(1)、ミッドレイヤ(2)、ぅ蓮璽(アウター)シェルといったレイヤリング構成となります。
このうちメリノスピンライト(以下ライト)サーモ及びメリノスピンサーモ(以下サーモ)は.戞璽ースレイに該当しますが、冬期登山おいて私的にいちばん注意している点は「寒さ対策(寒さによる能力低下)」です。

「4レイヤのうちのわずか1レイヤ(しかもベース)」と思われるかもしれませんが、素肌に近い部分なので体温に一番影響を受けます。
天候によってはライトで可能な時もあるかも知れませんが、それはたまたま気温が高かっただけと考えて下さい。

昔は「汗をかかないように登る」と非現実的な事を云ってましたが、そんなことはまずムリです。
膝下程度のラッセルでもすぐに汗が噴き出てきます。
ファイントラックはそのことを実証体験から学び「汗をかいても汗冷えしない」製品作りをコンセプトとしています。
ライトもサーモ汗冷え対応された製品なのでまず大丈夫です。
更に汗冷え対策を強化するためには前回答者のZenjin様も仰っているように「ドライレイヤウォーム」の併用をお勧めします。

ドライレイヤ+サーモ(またはライト)の組み合わせは最強で雨に濡れても体温維持でき、ドライレイヤのお陰でべたつき感も皆無です。
お礼 
コメント有難う御座います!
汗をかかないように登るということはそもそも無理なのですね。ウェアの機能について勘違いを致しておりました。やはり厳冬期の高山であれば、たとえ行動中に暑くても分厚いメリノスピンの方が良さそうですね。
回答2021年01月15日 19:26 (2021年01月15日 21:47更新)
こんばんは。
-5℃くらいの質問にお答えします。
最初に書きましたように私は殆ど雪山には行かないので-5〜-10℃くらいの気温で使用した時の使用感をお伝えします。
メリノスピンサーモはとても暖かく、運動量が多い時は暑く感じます。また気温が低くても風が無く日差しがあるような時も暑く感じます。でも動かない時間が多い時などは暖かくて良いなと感じます。ですのでメリノスピンサーモは動かない時間が多そうな山行で着ます。また汗をかかないようにゆっくりと行動するようにしています。
お礼 
ご返信本当に有難うございます!
やはり一概にどちらのウェアが良いということではないのですね。山の天気や登山のスタイル、登るペースなどによって使い分けることが大切だと感じました。
先ずは、おすすめされたメリノスピンライトを購入して、寒かったらサーモの方も必要に応じて購入してみようかなと思います。
回答2021年01月14日 19:53 (2021年01月15日 15:18更新)
こんばんは。
雪山には登りませんがメリノスピンサーモとメリノスピンライトを使っているので使用感をお伝えします。

結論を言いますとメリノスピンライトとドライレイヤーウォームの組合せが良いと思います。
サーモとライトの両方を試してみるのが良いのですがどちらかにするなら使用範囲が広いライトだと思います。
薄めのベースレイヤーを着て温度調整はミドルレイヤーとアウターレイヤーで調整するのが良いと思います。
ドライレイヤーは必須でウォーム、ベーシック、クールとありますが冬はウォームが良いと思います。ウォームは厚手で大汗をかいても貼り付き感がありませんがベーシックやクールは少し貼り付き感があります。

私はメリノスピンライトとドライレイヤーベーシックを夏の3000m級の山でも使用します。
冬の低山ではメリノスピンライトとドライレイヤーウォームの組み合わせです。
冬の高い山(1200m以下)で-5℃以下になるときはメリノスピンサーモとドライレイヤーウォームの組み合わせです。
参考までに。
お礼 
コメント有難うございます。
メリノスピン ライトはやはり使用範囲が広く汎用性が高いのですね。私も夏の3000m級に行く時は寒いので長袖を着るようにしているのですが、メリノスピンライトは夏でも使用出来ると知って魅力的に感じています。
メリノスピンサーモは-5℃以下になるときに着用されているということですが、冬の低山でそれぐらいの気温でメリノスピンサーモを着用して行動した時に暑い( 汗が出る) といったことはありましたでしょうか?( 2月・3月の赤岳や五郎岳は氷点下−5度くらいの平均気温になるそうなので)
ページの先頭へ