また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ山の情報 > 牛ノ寝通りは何処まで?  奈良倉山について

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:山の情報

回答受付中
緊急度 1山の情報
牛ノ寝通りは何処まで?  奈良倉山について
質問2021年04月19日 17:35 (2021年04月20日 22:50更新)
奈良倉山は大月市が選定する「秀麗富嶽十二景」の山と言う事で、ヤマケイオンラインでは「牛ノ寝通りの東端にある山」と表現されていて地図を見ても納得できる位置にあるように感じます
ところがヤマレコで 奈良倉山を検索して説明を読むと

大菩薩連嶺から東に続く尾根、牛ノ寝通りのほぼ中央にある。…
山の解説 – [出典:Wikipedia]

となっています  (前後省略)
「ほぼ中央にある。」と言うことはこの方、この場合(ヤマレコさんでしょうか?)は「牛ノ寝通り」とは何処までを想定しているのでしょうか?

ご存知の方がいらしたらと、まずは質問箱に投稿させていただきます
回答2021年04月20日 19:28 (2021年04月20日 22:50更新)
ヤマレコの奈良倉山の記載は出展にwikipediaとあるようにそちらからの引用です。
竹富島というユーザーが2010年に記述した内容になりますので、その方に記載の根拠を聞くのが間違いないでしょう。

以下は個人的見解になりますが、
「牛ノ寝通り」自体は小菅から石丸峠までの小菅道ですから、大マテイ山の手前までと考えられます。
牛ノ寝通りから連なる尾根道がどこまで続くかということなら奈良倉山から南東に向きを変え、権現山を経由し神戸まで続いているように思えます。
お礼 
banyoさん 
ありがとうございます
なるほど、「牛ノ寝通り」自体は小菅から石丸峠までの小菅道
と言うお話で納得出来ました
「牛ノ寝通りのほぼ中央にある…」と言われて理解に苦しんだ次第です

大変ありがとうございました
ページの先頭へ