また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコ質問箱 > カテゴリ山の情報 > 効率的な百名山(北海道・北/南アルプス)踏破について

ヤマレコ質問箱 カテゴリ:山の情報

回答受付中
緊急度 3山の情報
効率的な百名山(北海道・北/南アルプス)踏破について
質問2024年03月28日 20:38 (2024年04月05日 08:30更新)
夫婦で山登りをしていて、日本百名山に挑戦中です。
私は登山歴6年、奥さんは5年。初めは特に意識していなかったのですが、昨年末に半分(五十座)まで登れたので、身体が動くうち(あと5年くらい)にあと半分(といいつつ難しいところばかりが残っているのですが)がんばりたいな、と思っています。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userstat-grp-364177-1.html

東北に赴任してたことがあり、東北地方の百名山はすべて登れています。
また、表銀座縦走(以上小屋2泊)、飯豊〜大日岳(2泊テン泊)、白峰縦走、鳳凰三山縦走、前穂〜奥穂、朝日、皇海山、塩見岳、甲斐駒(黒戸)など1泊小屋泊でコースタイムより少し早く歩けるレベルです。

東京在住で車はあり車中泊も可能ですが、奥穂や表銀座の時は夜行バスにしました。山行スタイル(体力的に)からずっとテントを担いで縦走というのは向いていないと感じています。

頭を悩ませているのが、まだ未踏の、、、
・北海道(全座)
・北アルプス(奥穂・槍を除く)
・南アルプス南部(悪沢〜光)
・妙高周辺四座
の回り方です。

そこで、
・こことここはセットでどの小屋に泊まるといいよ、とか
・(例えば北海道は)何回に分けて、こことここはセットで、とか
・この人(自分)の記録を見ると参考になるよ、とか
・バスのツアーがあるからアクセスが楽になるよ、とか
・できるだけ若いうちにキビしいこことここは登っておいたほうがいいよ、とか
・このサイトを参考にするといいよ、、、
など、アドバイスやご意見があれば教えていただけると助かります。

今年は(まだ計画立てられていませんが)、剱岳、鹿島槍〜五竜、聖〜塩見などに登りたいなと思っています。
回答2024年04月04日 20:31 (2024年04月05日 08:30更新)
百名山99座周りました。最後の1座は浅間山で、無期限延期状態です。

北海道を効率良く最短で回るなら、北海道地元民の作った以下のウェブサイトが参考になります。
 https://www.yamatabi-hokkaido.com/3days4sets/

以下は私自身の経験です。土日休みか連休が活動日で(たまに有休プラス)、全部ソロ、毎日アルペン号があれば積極的に利用、北海道は飛行機+レンタカーです。
ロマン追及派なので、私自身の山行記録は、効率度外視のエクストラな部分も多いです。

北海道9座は、5分割。
1.大雪山(旭岳)-トムラウシ山を縦走(花探勝目的):丁度良い距離に避難小屋3つあります。カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼ばれる花の楽園がこの間にあるので、縦走は最高に楽しく、毎年再訪したいぐらいです。一番もったいない登り方が、トムラウシ短縮登山口からのトムラウシピストンです。土と石しか見えないルートです。
2.利尻山(礼文島とセットで花探勝目的):日帰りできます。
3.幌尻岳、十勝岳、羊蹄山(その間に花探勝目的で大雪山系や十勝山系の山々にも登っています):全山日帰りでしたが、幌尻岳はどこから行っても遠いです。体力のあるうちに行った方がいいです。あと、幌尻岳は山小屋泊で行く場合、週末の予約が予約開始早々に埋まることは有名です。ピンポイントでお金を使うなら、ここでツアー利用がいいと思います。
4.斜里岳、羅臼岳(知床連山を硫黄山まで縦走):日帰りできます。
5.雌阿寒岳(家族旅行のついでに家族が寝ている早朝にサクッと行った)
雌阿寒岳は地理的には#4とセットで登る方が多いです。

北アルプスは7分割
1.立山-剱岳:CT通りの速度の場合で営業小屋泊なら、剱岳山荘2泊が一般的です。
2.白馬岳(花探勝目的で日本海まで縦走):白馬岳山頂付近の小屋で1泊が一般的です。
3.鹿島槍ヶ岳:CT通りの速度の場合で営業小屋泊なら、冷池山荘1泊が一般的です。
4.五竜岳:日帰りできます。
6.薬師岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳:水晶岳はどこから入っても2日はかかるので、ついでに百名山を周りながら行ける折立入山がいいと思います。
7.常念岳:CT通りの速度の場合、一ノ沢から常念小屋泊でピストンする人が多いです。
8.笠ヶ岳:CT通りの速度の場合、笠ヶ岳小屋泊、笠新道ピストンする人が多いです。
私は6と7は槍ヶ岳経由で繋いで歩きました。槍ヶ岳に向かって歩くのは、とても楽しかったです。

南アルプス南部は2分割
1.光岳-聖岳(縦走):CT通りの速度の場合で営業小屋泊なら、光岳小屋泊、聖平小屋泊の計2泊ですかね。
2.悪沢岳‐赤石岳(縦走):CT通りの速度の場合で営業小屋泊なら、千枚小屋、赤石岳避難小屋の計2泊が一般的です。営業小屋予約が激戦で、2つの小屋を連日予約するのが最大の核心です。3連休をずらすとサクッと予約が刺さります。

妙高4座は3分割
1.火打山ー妙高山(縦走):CT通りの速度の場合で営業小屋泊なら、高谷池ヒュッテか黒沢池ヒュッテ泊が一般的です。車が一番便利です。
2.雨飾山:日帰りできます。車が一番便利です。
3.高妻山:日帰りできます。車が一番便利です。

最後に、ツアーは大体多少の悪天でも決行なので、個人で行く方が良い思い出になると思います。ガスガスの山頂をただ百名山と言うだけで踏みに行くのは、一番もったいないですものね。
お礼 
晴れが好き。さん

北海道だけでなく、北/南アルプス/妙高のコメントもとても参考に
なりました。ありがとうございます。

リンクの北海道の方のサイトはわかりやすいですね。参考になります。

北海道は5分割されたんですね。また、早めに訪れたほうがいい山も、CT通りなら何泊必要かも教えていただき助かります。しかし、こうしてみると、半分過ぎてからが
核心ですね、百名山巡りは。アクセスは悪く難度は上がり。ちょっと
気が遠くなってきました…。

浅間山の解除待ちとのこと。警戒レベル1になれば前掛山までは
登れますので、早く解除されることを祈念しています。

詳しくありがとうございました。
回答2024年04月04日 02:42 (2024年04月05日 08:28更新)
こんばんは。

北海道はこんな感じになるのではと思います。
参考になれば幸いです。
公共交通機関の利用はなかなか厳しいので、レンタカーかマイカーが現実的かと思います。


羅臼、斜里
女満別空港からレンタカーで
初日はウトロ辺りで泊り
2日目岩尾別から羅臼岳日帰り
3日目斜里岳日帰り登山から女満別空港から最終の羽田行きで帰京
(日付に余裕あれば初日に阿寒湖辺りまで行って2日目に雌阿寒岳へ行ってから羅臼、斜里)

大雪、トムラ
ピークに立つだけなら
初日に朝一で旭川空港、レンタカーで旭岳ロープウェイ利用で旭岳、
翌日に短縮登山口からトムラウシをピストン。
旭川空港の最終で帰京
ですが…個人的には大雪ートムラウシは縦走をおすすめします。
避難小屋かテン泊になりますが、ガスボンベは空港内のセブンイレブンで買えます。
避難小屋は複数ありますし、7月中なら水も豊富です。
トムラウシ温泉ー新得までの足が確保できればぜひとも縦走を。
当方の縦走記録です。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4620703.html

羊蹄山
千歳からレンタカーで。
日帰り可能ですが、ぜひとも真狩コースで避難小屋で1泊を。
7月中旬位までなら水もありますし、小屋の回りもお花畑です。

十勝岳
旭川空港からレンタカーで望岳台へ。
日程に余裕あれば上ホロの避難小屋泊りやオプタテや美瑛岳周回をご検討ください。

利尻
稚内空港からバスでフェリーターミナルで利尻島泊。
翌日鴛泊コースで日帰り
日付に余裕あればぜひとも礼文島にもお寄りください。

幌尻は未踏なのでよくわかりません。

長々とすみません。
ご参考になれば幸いです。
お礼 
ありがとうございます。詳しく読んで夜に返信させていただきます。取り急ぎ。

Katsu225さん

ちょっと慌ただしくお礼が遅くなってすみません。
リンクの大雪山〜トムラウシの縦走はまさしく山登りのロマンですね。
見ていてワクワクしました。
北海道往復も含めると1週間ほど必要でしょうか。

せっかく北海道まで行くなら、味わって歩きたいところですが、
休みをとれるかどうかとのせめぎあいですね。

百名山だけをただ歩くだけでなく、小屋に泊まり周辺の山歩きも楽しむ。
そんな北海道登山をしたくなりました。ありがとうございました。
回答2024年04月03日 13:03 (2024年04月03日 21:55更新)
昨年5年かけて百名山を完登しました。私も東京在住で、かつ、車の運転ができません。ですので、ツアーを使ったり友人と車で行ったり、色々な方法で行っています。
まず、北海道9座については、4回または5回が普通かと思います。
‘仕3座:ツアーがたくさん出ています。レンタカー使えば個人でも行けます。日帰り3発。
∨攷:小屋予約が熾烈な戦いなのでツアーを使った方が良いです。
M尻(・羊蹄):島しょ部なので1座単独になりがち。併せるならば羊蹄(千歳に近いので、乗継の間に登山期間を取るイメージ)
ぢ臉磧十勝・トムラウシ:大雪山・十勝の2座と、トムラウシを別々に登るのが普通かと思いますが、レンタカーを使えば一気に行くこともできます。ただしトムラウシは登山口となる東大雪荘がとても遠いので、前後泊した方が良いと思います。
私自身は´ね喞を併せた一気ツアーがあったので使いました(計3回)。回数を増やすと飛行機代がかかるのでなるべくまとめたいところですが、現役世代の場合は休みが取れるかどうかによって変わってくるかと思います。

南アルプス南部は一気で計画しましたが台風のため途中下山しました・・天気さえ持てば一気縦走可能と思います。(芝沢ゲートから入って椹島に下山)
お礼 
ミキさん、詳しくありがとうございます。
特に北海道はどこから手を付けていいかわからなかったのでとても参考になります。
そうですね、ツアーを上手く使い、うちはレンタカーも併用するといいかもしれません。
北アルプスの特に北側もツアーや夜行バスも使いたいと思います。

もっと年が上のベテランの百名山踏破者の方は「百名山には暇とカネ」と言っていました。
目標にし始めて、その真意がわかります。休みと天気が上手く合うといいですけどね。

南アルプス、残りの四座一気通貫はよっぽど歩けないと難しいですが、計画されたんですね。
すごいなぁ…。
回答2024年03月30日 14:21 (2024年03月30日 20:41更新)
kopalchanさん、こんにちは

私は百名山全座複数回登りましたが、テン泊はやらず、避難小屋泊は北海道の二座のみ、あとは全て営業小屋でした。
効率的な登り方とは登山者により主観的な部分がありますし、私のレコや記憶はかなり古いので参考程度になさってください。

※ 北海道は登山口間の移動に時間がかかり、マイカーかレンタカーは必須だと思います。
※ トムラウシは、トムラウシ温泉のほか、台地林道から上がって天人峡へ下りました。
このルートは『カムイミンタラ』を通るので感慨深いです。
※ 幌尻岳は、2001年7月当時は第2ゲートまで車で入れ、日帰りしました。
復路で渡渉回数を数えたら17回でした。
ニイカップ・ポロシリ山荘経由は長時間の林道歩きがキモです。

※ 剱岳へ行かれる時、もし好天なら、劔御前三角点の少し北で、剱岳の左右に鋸歯状の尾根が広がる山容をご覧ください。
深田久弥氏は剱岳を『豪宕(ごうとう)、峻烈、高邁(こうまい)の風格』と表現しています。

※ 悪沢岳・赤石岳は、畑薙第一ダムからのバスでは一泊二日で二座は厳しいですが、小渋川ルートであれば、時間を気にすることなく一泊で二座登頂は可能だと思います。
小渋川の渡渉は12回、川幅が広く、水量が多いので、増水時の渡渉は危険です。

※ 妙高〜火打を日帰りされるなら、先に妙高登頂をお勧めします。
妙高は長助池分岐から頂上までが急登です。

百名山以外ですが、北海道の二ペソツ山、北アの大天井岳、九州の大崩山と高千穂峰は是非ともお勧めしたい名峰です。

最新の情報を得るには、レコがアップされたら運営側から連絡が来る お知らせ設定をしておくといいでしょう。
お礼 
たかやまさん、なんと百名山全座複数回踏破ですか!すごいっ!!

アドバイスたくさんありがとうございます。
登ったことのある方(しかも何回も)のアドバイス、助かります。
まずは剱のアドバイスを活かせるといいのですが。

(表銀座を歩いたので大天井岳は登ることができました。
めっちゃキツかったですが、良い山ですよね。)