ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 笠丸山
ルートID: r176 初級 日帰り 赤城・榛名・荒船 2016年5月 2017年4月

笠丸山

公開日:2017年04月01日
濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
4月中旬から5月初旬にかけてのアカヤシオは見事。
西上州の山にしては危険個所が少なく、安心して歩くことができます。

※登山口の1km手前で工事中のため車両通行止めとなっています。
(迂回路あり)
ルート長3.2km
登り標高差365m
下り標高差365m
行程概要: 笠丸山(1189m)
Web Services by Yahoo! JAPAN

【笠丸山】笠丸山の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 山を染めるアカヤシオの美しさ
  • 山頂からの展望
  • 他の山と組合わす事ができる手軽さ
モデルプラン
1日目
歩行時間:4時間
住居附〜地蔵峠〜笠丸山西峰〜笠丸山東峰〜住居附
コース概要 住居附集落にある笠丸山登山口からスタートする。
廃林道を500mほど進むと左手に登山道の入口があるので、道標に従って植林地内を進む。
道は沢沿いに進み、徐々に標高を上げていく。
やがて沢に降り立ち大岩の間を通過すると右岸の道へ変わり、地蔵峠まではトラバース気味に進む。
巨木に佇むお地蔵さんが建つ地蔵峠から左へ進み、アカヤシオで彩られた尾根道を歩く。
次第に斜面が急になり、岩場を歩くようになると笠丸山への最後の登りだ。
ロープを補助に登れば西峰と東峰の鞍部に飛び出し、まずは右手に進んで西峰を目指す。
西峰には三角点が設置されているが、山頂看板などは立っていない。
東峰の展望いまひとつなので、ここで昼食などの休憩とすればいいだろう。
東峰へは痩せた尾根を進むので、転落などには十分注意したい。
山頂看板と祠がある東峰は雑木に覆われており、展望には恵まれない。
下山はロープを頼りにひたすら急斜面を下降する。
やがて石燈籠が見えてくれば車道に出て、後は登山口まで戻るだけだ。
計画書提出先 群馬県警察本部もしくは藤岡警察署地域課
※現地ポストは確認できず
宿泊 なし
交通 JR高崎線新町駅より日本中央バス(鬼石郵便局行き・万場行き・しおじの湯行き:1,750円)にて乙母バス停へ。
※鬼石郵便局・万場行きではそれぞれの場所で乗り換えが必要。
※交通の便が悪いので自家用車の利用をおすすめする。
駐車場 住居附・登山口に駐車スペースあり。
アドバイス 登山口の1km手前で道路工事中のため車両通行止め(12/20まで)
※塩之沢峠から御荷鉾スーパー林道経由で登山口まで行くことが可能。
登山道は概ね安定している。
西上州の中では比較的容易に登ることができるが、岩場などでは滑落に気を付けること。
交通の便が悪いので、電車とバスを利用の場合は上野村で1泊して他の山と併せて登りたい。
サブコース 特になし。
エスケープルート 特になし。
宿泊施設 《今井家旅館》
上野村の旧家繋がりで秩父事件の舞台にもなった宿。ここの猪豚鍋は絶品。
http://www.uenomura.jp/tourism/stay/imaikeryokan.html
入浴 《浜平温泉しおじの湯》
東京方面とは逆方向になってしまうが浜平温泉の「しおじの湯」が一番近くて便利だ。
http://www.uenomura.jp/tourism/play/shiojinoyu.html
《白寿の湯》
東京方面(本庄児玉IC)へ向かうなら「白寿の湯」もおすすめだ。
http://ofurocafe-hakujyu.com/
おすすめ周辺情報 《鯉のぼり祭り》
「神流町こいのぼり祭り」は800匹あまりの鯉のぼりが空を泳ぐ。
http://town.kanna.gunma.jp/kanko/?page_id=88
《津金味噌店》
材料は全て山で採取した物となり梅干しや木の実も売っている。
https://goo.gl/maps/ATMZs1caq1r
《峠のうどん屋 藤屋》
塩ノ沢峠近くにある「峠のうどん屋 藤屋」がおすすめだ。不定休で営業時には遠方から来る人で並ぶこともある。
http://user.uenomura.ne.jp/kankou/eat/fujiya.htm
《よたっこ》
「yotacco」は自家製の野菜と上野村で採れた物を使った料理を提供しているカフェ。
http://yotacco.com/
西上州の地名 西上州の地名には読み難いものが多い。
住居附(すもうづく)乙母(おとも)乙父(おっち)生犬穴(おいぬあな)等々。
1
住居附集落の笠丸山登山口から歩き出す。
入口には立派な桜が咲いている。
2
登山口の手前には駐車スペースがある。
8-10台ほど停められるが満車になることもあるので早めに到着したい。
3
登山口から500mほど林道を歩く。
新緑が美しいところだ。
4
林道の終点から左手に入り植林地を抜けると沢沿いの道となる。
5
徐々に標高を稼いでいく。
部分的に道径が狭いところもあるので足元には十分注意したい。
6
大岩の間を通過してしばらく進むと沢の右岸(左手)の斜面を進むようになる。
7
やがて大木が立つ地蔵峠に到着する。
袂にはお地蔵さまがあり西上州らしい雰囲気の峠だ。
8
地蔵峠から左手に折れて尾根道を進む。
9
アカヤシオに彩られた登山道を進む。
山頂に近づくにしたがい花の数も増えてくる。
10
西峰と東峰の鞍部へは岩場を登る。
ロープが設置されているが使用は補助程度にしよう。
11
鞍部に出て右手に進めば三角点が設置されている西峰だ。
12
笠丸山西峰に到着。
山頂付近はアカヤシオに覆われている。後方の山は両神山。
13
西峰は岩峰上となり開けていて気持ちが良い。
両神山や西上州の山々・御荷鉾山塊を一望できる。
14
西峰から東峰へ向かう。
部分的に痩せた尾根となっているので転落には気を付けたいところだ。
15
吊尾根は展望に恵まれたところもあり爽快だ。
16
祠が建つ笠丸山東峰に到着する。
山頂看板はこちらに設置されているが雑木に覆われていて展望はあまりよくない。
17
山頂を後にして住居附へ下山を開始。
わずかに進むとロープが設置された急な下りが続くようになる。
木の根が張り出しているところも多いので転倒には要注意。
18
やがて手入れの行き届いた植林地に入る。
この辺りも急な下りだが階段が作られていて歩きやすい。
19
石灯籠の門を通過すれば車道に出る。
20
住居附集落は桃源郷のような所。
西上州の集落は風情があって何度でも訪れたくなる雰囲気だ。
21
川沿いに車道をのんびりと歩けば間もなく登山口へ到着する。
22
【宿泊】
西上州には興味深い山がたくさんあるので出来れば1泊してもう一山登りたい。
「今井家旅館」は歴史ある旧家の繋がりから秩父事件の舞台にもなった所だ。また日航機墜落事件の前線基地になったことでも知られている。
23
【入浴】
東京方面とは逆方向になってしまうが浜平温泉の「しおじの湯」が一番近くて便利だ。

24
【入浴】
東京方面(本庄児玉IC)へ向かうなら「白寿の湯」もおすすめだ。
25
【おすすめ周辺情報】
「神流町こいのぼり祭り」は800匹あまりの鯉のぼりが空を泳ぐ。
その姿は圧巻の一言。
2017年は4/24-5/5までの期間に開催される。
26
【おすすめ周辺情報】
「津金味噌店」は昔ながらの製法で作られる。
材料は全て山で採取した物となり梅干しや木の実も売っている。
27
【おすすめ周辺情報】
下仁田から上信越道方面であれば塩ノ沢峠近くにある「峠のうどん屋 藤屋」がおすすめだ。不定休で営業時には遠方から来る人で並ぶこともある。
28
【おすすめ周辺情報】
「yotacco」は自家製の野菜と上野村で採れた物を使った料理を提供しているカフェ。
縁側でのんびりすると幸せな気分になれる。
※上記の情報は変更になる場合があります。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ