ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 源蔵尾根下降点

源蔵尾根下降点(げんぞうおね)

最終更新者 kamog
基本情報
場所 北緯35度28分37秒, 東経139度06分49秒
蛭ケ岳、檜洞丸間の稜線から広河原と呼ばれる彦右衛門谷出合で神ノ川林道に降りられる源蔵尾根の下降点。
金山谷乗越のすぐ西側に「源蔵おね」の手作り標識がある。(2011年10月現在)
源蔵尾根は赤実線レベルの登山道ではなく踏み跡程度だが、注意していればテープが適度に巻かれている。
下降し始めて少しの間は右側金山谷側が切れていて痩せ尾根になっているので注意が必要。また標高840mのコルで踏み跡は尾根を離れ左後方に鋭角に折れるので見逃さないこと。ここには赤+白ビニールテープ+赤テープが小さく巻かれた棒がある。
彦右衛門谷3つ目の堰堤上を対岸に渉り、右に進むと神ノ川林道に出られる。
下降点から林道までは1時間少々。エスケープルートとしての利用価値はある。
分岐

源蔵尾根下降点 (基準標高1232.6m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
15.7
平均気温
10.6
最低気温
5.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.4 時間/日
降水量 4.6 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

5月にトレランさんを見送った源蔵尾根下降点に登って来ました!感動(T-T)
源蔵尾根の下降点。 ここも歩いてみたい。
すぐ西側に源蔵尾根下降点

付近の山

この場所を通る登山ルート

「源蔵尾根下降点」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  27    26 
2017年05月28日(日帰り)
丹沢
  22    15 
2017年05月28日(日帰り)
丹沢
  38   14 
2017年05月28日(日帰り)
丹沢
  50     184  16 
2017年05月23日(日帰り)
丹沢
  67    15 
2017年05月21日(日帰り)
丹沢
  28    69  2 
2017年05月21日(日帰り)
丹沢
  32     23 
2017年05月21日(日帰り)
ページの先頭へ