また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

前トム平(まえとむだいら)

最終更新:kanoken

山の解説 - [出典:Wikipedia]

トムラウシ山(富村牛山、富良牛山)は、北海道中央部、上川管内美瑛町と十勝管内新得町の境にそびえる大雪山系南部の標高2,141 mの山。「大雪の奥座敷」と称される。地元では昔から「カムイミンタラ」(神々の遊ぶ庭)として崇められてきた。日本百名山に選定されている。
約30万年前から後期更新世に活動した火山で、山頂付近の溶岩は完新世に噴出した可能性が指摘されている。山頂には南西開きの直径約200mの火口のほか、周辺には複数の溶岩ドームや噴火口がある。麓の新得町側にはトムラウシ温泉がある。
トムラウシとは、アイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも、「水垢が多いところ」の意だともいわれる。国土地理院の一等三角点の名称は「富良牛山」と記されているが、これはアイヌ語起源の地名によく用いられる当て字である。
奥深い山である故に、広大な花畑や湖沼などの大自然が荒らされることなく残っている。山の上部は森林限界のハイマツ帯で、池塘や沼が点在し高山植物が群生している箇所がある。山腹北面の溶岩台地には大きな岩が積み重なった「ロックガーデン」と呼ばれる一帯があり、ナキウサギの生息地になっている。ロックガーデンの北側も岩が点在する一帯で「日本庭園」と呼ばれており、チングルマやエゾノツガザクラなどの高山植物が見られる。山頂の直下には北側に北沼、南西部に南沼があり、イワヒゲ、エゾコザクラ、コマクサなどの高山植物が見られる。南沼から南に下っていくと「トムラウシ公園」と呼ばれる一帯があり、エゾノハクサンイチゲなどの高山植物が見られる。山域は1934年(昭和5年)に大雪山国立公園の特別保護地区に指定された。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「前トム平」 に関連する記録(最新10件)

大雪山
  25     112 
2020年02月29日(日帰り)
大雪山
  34     98  2 
2020年02月26日(日帰り)
アジア
  16   10 
2020年02月15日(日帰り)
十勝連峰
  29    120  2 
2020年02月08日(日帰り)
大雪山
  11    3 
2020年02月01日(日帰り)
大雪山
  18    52 
juggling, その他1人
2019年10月22日(2日間)
大雪山
  46     116 
2019年10月06日(日帰り)
北海道
  13    18 
2019年09月28日(日帰り)
大雪山
  90     24 
2019年09月21日(2日間)
ページの先頭へ