また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

最終更新:jj1xgo
基本情報
標高 732m
場所 北緯42度32分38秒, 東経140度50分21秒
カシミール3D
山頂

山の解説 - [出典:Wikipedia]

有珠山(うすざん)は、北海道・洞爺湖の南に位置する標高737mの活火山。常時観測火山。山頂は有珠郡壮瞥町にあり、山体は虻田郡洞爺湖町、伊達市にまたがっている。支笏洞爺国立公園内にあり、昭和新山とともに「日本の地質百選」に選定され、周辺地域が洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されている。
「うす」の山名は、アイヌ語のウ?(入江)に由来。この入江とは現在の伊達市有珠町の噴火湾沿岸の入り江のことで、その沿岸にあったコタンも背後にあった山もそれぞれ「ウス」の名で呼ばれるようになった。また渡来した和人が「ウス」の名称を臼型をしたカルデラ式の山容に例え、「臼が嶽」「臼岳」と表記する例もある。
洞爺湖をかたちづくる洞爺カルデラの南麓に有珠山が形成されたのは約2万年前と考えられている。噴火を繰り返し年月をかけて成層火山をなしたが、約7千年前に山体崩壊が発生。その際に南側に口を開けた直径約1.8 kmの馬蹄形カルデラが形成された。この時発生した岩屑なだれは内浦湾(噴火湾)にまで達し、有珠湾周辺の複雑な海岸線をつくった。
カルデラ外輪山の中に、大有珠(海抜737 m)、小有珠などの溶岩円頂丘や、オガリ山、有珠新山(669 m)などの潜在円頂丘が形成されている。また山麓にも溶岩円頂丘の昭和新山や、潜在円頂丘の金比羅山、四十三山(明治新山)などを有している。
1663年(寛文3年)以降の活動はケイ酸(SiO2)を多く含んだ粘性の高いマグマによるもので、噴火前には地殻変動や群発地震を発生し、噴火に伴って溶岩ドームや潜在ドームによる新山を形成するのが特徴となっている。
20世紀の100年間で4度も噴火活動が観測された、世界的に見ても活発な活火山である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「有珠山」 に関連する記録(最新10件)

支笏・洞爺
  29     20  2 
2022年11月16日(日帰り)
支笏・洞爺
  20    11 
2022年11月12日(日帰り)
支笏・洞爺
  36    7 
2022年10月30日(日帰り)
支笏・洞爺
  12    11 
2022年10月22日(日帰り)
支笏・洞爺
  49    29  2 
vvmi3vv4 カナyamanaka1114S502hy, その他1人
2022年10月09日(日帰り)
支笏・洞爺
  41    20 
2022年09月15日(日帰り)
支笏・洞爺
  63    53 
2022年09月02日(日帰り)
支笏・洞爺
  17    4 
2022年08月15日(日帰り)
支笏・洞爺
  5    4 
2022年07月19日(日帰り)
ページの先頭へ