ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 取立山

取立山(とりたてやま)

最終更新者 Portland
基本情報
標高 1307.22m
場所 北緯36度06分24秒, 東経136度36分32秒
山頂

取立山の日の出・日の入り時刻

03/02(木) 03/03(金) 03/04(土) 03/05(日) 03/06(月) 03/07(火) 03/08(水)
日の出 6時17分 6時16分 6時14分 6時13分 6時12分 6時10分 6時9分
日の入り 17時56分 17時57分 17時58分 17時59分 18時0分 18時1分 18時1分

取立山 (標高1307.22m)付近の気温

3月の気温(推定値)
最高気温
2.5
平均気温
-2.2
最低気温
-6.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

3月の気象
日照時間 4.4 時間/日
降水量 6 mm/日
最深積雪 99 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

取立山(とりたてやま)は、石川県白山市と福井県勝山市にまたがる標高1,307 mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークや奥越高原県立自然公園内にある。特に福井県内有数の水芭蕉群生地と知られており、シーズン時には多くの登山客でにぎわう。
山頂は石川県と福井県との県境(加越県境)の稜線から西へ突出した福井県の尾根上にある。面積約0.5 ha、約2,000株のミズバショウ群生地は取立平と呼ぶ県境稜線上の鞍部1,240 mにあり、その大部分は南東の石川県側に形成されている。取立山、山伏山の中腹にはゆるやかな台地状の斜面があって、そこには五所ヶ原、東山等の緩斜面があり、近年まで焼畑農業が行われていた。
冬から早春にかけ山スキーや春山登山が盛んである。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「取立山」 に関連する記録(最新10件)

北陸
  20    31 
2017年02月27日(日帰り)
北陸
  33     20 
k6mpv, その他1人
2017年02月19日(日帰り)
北陸
  29    22  2 
2017年02月19日(日帰り)
北陸
  60    55  8 
2017年02月18日(日帰り)
北陸
  24    16 
Bigovernikki_sui, その他1人
2017年02月18日(日帰り)
北陸
  65    26  2 
keityan, その他1人
2017年02月12日(日帰り)
白山
  22    18 
2017年02月08日(日帰り)
北陸
  13    15 
k6mpv, その他1人
2017年02月05日(日帰り)
北陸
  50    17  4 
2017年02月04日(日帰り)
ページの先頭へ