ヤマレコ

記録ID: 1050991 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

女峰山〜こんなドカ雪じゃ登れないよ〜

日程 2017年01月21日(土) 〜 2017年01月22日(日)
メンバー
天候1/21曇り強風、1/22快晴微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間1分
休憩
52分
合計
8時間53分
S滝尾神社 駐車場08:1709:30分岐09:4010:301200m10:4011:50白樺金剛12:0713:42八風14:15遥拝石14:3017:10箱石金剛テント地
2日目
山行
3時間50分
休憩
1時間16分
合計
5時間6分
箱石金剛テント地07:2807:45撤退地点07:5008:05箱石金剛テント地08:3509:20遙拝石の上09:3010:30白樺金剛10:4611:30稚児ヶ墓11:4512:34滝尾神社 駐車場12:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報やしおの湯510円
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー ストック テント アイゼン未使用 ピッケル未使用

写真

滝尾神社の駐車場から出発
雲竜渓谷行くクルマが沢山だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝尾神社の駐車場から出発
雲竜渓谷行くクルマが沢山だ
行者堂への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂への分岐
天気はこんな。よくなるかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はこんな。よくなるかな
1
先行者が2組8人、ラッキー。トレースを追いながら登って行った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者が2組8人、ラッキー。トレースを追いながら登って行った
白樺金剛1500m、半分来たな。雪深いが他パーティと交替でラッセル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺金剛1500m、半分来たな。雪深いが他パーティと交替でラッセル
1600mで意図せず先頭に。あれっ後続来ないな。
結局この後はずっと単独ラッセルとなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1600mで意図せず先頭に。あれっ後続来ないな。
結局この後はずっと単独ラッセルとなる
3
八風
冷たい風が容赦なく吹いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風
冷たい風が容赦なく吹いていた
3
八風から黒岩の左を巻いていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風から黒岩の左を巻いていく
1
黒岩を巻いてきた。遙拝石で一休み。突風で雪まみれ、ゆっくりしてられない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩を巻いてきた。遙拝石で一休み。突風で雪まみれ、ゆっくりしてられない
1
遙拝石から最大の急登に差し掛かり、振り返って黒岩。直登できないのでジグを切るしかない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遙拝石から最大の急登に差し掛かり、振り返って黒岩。直登できないのでジグを切るしかない
4
遙拝石からマイナス15度と強風下、苦難のラッセルが続いた。
17時過ぎに小屋はギブアップして箱石金剛辺りにテント設営。テン場から樹間に男体山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遙拝石からマイナス15度と強風下、苦難のラッセルが続いた。
17時過ぎに小屋はギブアップして箱石金剛辺りにテント設営。テン場から樹間に男体山
翌朝、テントを後に女峰山頂へ出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、テントを後に女峰山頂へ出発
6
トレースなしの深雪の急登ををラッセルしながら進む
なかなか思うように進めない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースなしの深雪の急登ををラッセルしながら進む
なかなか思うように進めない
2
男体山
山頂の雲が取れるといいなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山
山頂の雲が取れるといいなあ
7
男体山の右奥に日光白根山、白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山の右奥に日光白根山、白い
3
日光白根山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光白根山アップ
9
思うように前に進めない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思うように前に進めない
1
雪を纏う女峰山の姿が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪を纏う女峰山の姿が見えた
8
目の前の女峰山なのに遥か遠く感じる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前の女峰山なのに遥か遠く感じる
2
引くとこんなに遠いしな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引くとこんなに遠いしな
2
もう1日あれば、あの山頂に立てたな。あるいは初日もう少し早出していれば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1日あれば、あの山頂に立てたな。あるいは初日もう少し早出していれば
3
真っ白な女峰山
かっこいいね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な女峰山
かっこいいね
9
雪深いし、まだ三時間以上かかりそうだ。撤退だ、また来るぜ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪深いし、まだ三時間以上かかりそうだ。撤退だ、また来るぜ
3
下りは早い早い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは早い早い
1
辛かった登りも霧氷と青空で癒される
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛かった登りも霧氷と青空で癒される
12
風もなく、日差しが暖かい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もなく、日差しが暖かい
3
青い空。新雪が木に乗っかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空。新雪が木に乗っかる
ダケカンバの霧氷がきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの霧氷がきれい
10
昨日のラッセルを頑張ったご褒美かなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日のラッセルを頑張ったご褒美かなあ
8
遥拝石上から女峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥拝石上から女峰山
1
前女峰山の岩壁は迫力を感じた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前女峰山の岩壁は迫力を感じた
1
前女峰山の左奥に女峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前女峰山の左奥に女峰山
2
黒岩。今日は穏やかだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩。今日は穏やかだ
2
遥拝石と赤薙山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥拝石と赤薙山
1
心地いい樹間の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地いい樹間の道
3
1300m辺りで開けた斜面に出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300m辺りで開けた斜面に出る
1
日光に下り、やしおの湯への途中から女峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光に下り、やしおの湯への途中から女峰山
3

感想/記録

中部山岳は強風で降雪直後なのでダメ。こんな時はというと樹林帯の多い女峰山しか思い付かず、ラッセル覚悟で来た。

1/21(土)滝尾神社からスノーシューを履きスタート。もたもたして予定より一時間半遅れたのが後々響くことになった。
稚児ヶ墓を過ぎ、緩斜面のトレースを追う。前に4人パーティが2組。これは期待できるな、特に若いPとは一緒にラッセルできたらいいな。白樺金剛を経て1600m付近で「たまには先頭やります」と前に出た。ところがこのあと後続Pが中々来ない。仕方なくラッセルを続け八風に。もう待てない、行くしかないか。
黒岩を巻き、最大の急登にさしかかる。きつい、深い。ジグを切って進むが、牛歩だ。登りきって、また左をトラバースしていると、何故か唐沢小屋へのトラバース道を歩いているかのような気がしてきた。完全に錯覚だ。次の急登も潜りまくって消耗。一旦ヘッドランプを出したが、もう小屋までは無理だ。気温はマイナス15度、樹林帯でも強風が吹き抜ける。テント適地は見当たらない。しまった。少し前に適地があったのに。日の入り時刻を過ぎ、もう箱石金剛辺りというところで斜面を整地してテント設営した。反省だ、低体温症の2歩くらい手前だったかもしれない。錯覚もしていたし。テントの中で身体が暖まり酒でも飲もうかと思えるまで、相当の時間を要した。夜はホットワインとステーキ&鍋。こんな状況だから飲み食いは贅沢してもいいよね。

1/22(日)今日は快晴、しかし午前は風強い予報。7時半に出て、2224ピークから唐沢小屋へのトラバースに入る。予想通りここも雪深い。往復3時間じゃ行けないかもな。大斜面の雪も落ち着いていないから、雪崩のリスクもあるな。後続も来てないし。
日光連山の中でも1番カッコいいと思う女峰山がここから眺められたし、男体山やファミリーも堪能したから、今回はここまでだ。撤退しようと決定。テントまですぐに帰着し、撤収して下りにかかる。
下りは早い、昨日の苦労は何だったの?微風快晴でハイキング気分で下る。樹氷と青空が癒してくれた。
途中八風で昨日のPとスライド。だいぶ早い時間にテン泊したようだ。
訪問者数:954人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/5
投稿数: 49
2017/1/24 18:13
 女峰山、お疲れさま
この時期の女峰は大変ですよね。お疲れさまでした。
小生もこの辺りでリタイアしたことが二度あります。
急登を終え、目前に奥白根が見え、右手に帝釈、女峰がデカい!
ここまで行き女峰がこれだけ見れれば最高です。

小生は女峰狂いで、現在90回を数えます。
今年80歳になる老人で、もうこの先女峰へは登れそうもありません。
皆さんの山行記録や画像を見せていただき、山を想うこのごろです。

ケチをつけ申し訳ございませんが、2ヶ所誤りがあると思います。
終りに近い頃の「高原山」は「鶏鳴山」、「那須連山」は「古賀志山」ではないでしょうか?
登録日: 2013/5/29
投稿数: 661
2017/1/24 22:54
 懐かしい女峰山
こんばんは。
私が女峰山に登ったのは3月末のこのコースです。
先のコメントをしているyamakitiさんに案内していただきました。
とても印象に残っています。
我が家からは遠いいのでもう行くことはないかも知れません。
いろいろ思い出させていただきました。
素晴らしいお天気でよかったですね。
登録日: 2012/2/14
投稿数: 221
2017/1/25 11:46
 Re: 女峰山、お疲れさま
yamakitiさん、コメントありがとうございます。
女峰山90回は凄いですね。
2年前の3月にこのコースで登頂できたので、少しなめていたかもしれません。
ラッセル頑張ってもうここでいいやと思った地点を、ご理解いただける方がいるのは大変嬉しく思います。
ご指摘の山名は、感で書いてしまいました。お恥ずかしい。調べてみます。
登録日: 2012/2/14
投稿数: 221
2017/1/25 11:56
 Re: 懐かしい女峰山
mayutsuboさん、こんにちは
3月に行かれてましたか。yamakitiさんと。女峰山ゆかりの人がまた繋がるのはいいですね。
数日前に大雪で前日も20cm降った状況はやはり厳しかったです。数人のラッセルが必要でした。
でも、登頂できなくても満足しました。二日目快晴でしたし。
登録日: 2011/3/4
投稿数: 81
2017/1/25 20:47
 女峰山はいい山
はじめましてこんにちは
今の時期の女峰山は素敵ですね!
2,100mの急登で積雪が多く自分の身の丈ほどの崩しをしながら登ったとき楽しかったのを記録を読みながら思い出しました。

素敵な写真をありがとうございます
登録日: 2012/2/14
投稿数: 221
2017/1/25 23:49
 Re: 女峰山はいい山
yuki8888さん、コメントありがとうございます
遥拝石からの急登に気を取られて、2100mからの急登を忘れていました。ここはジグが切れない場所なので難渋しましたね。腰まで埋まりましたよ。
しかも日暮れが迫り、強風と低温から攻め立てられ、低体温症を気にした場所でした。
でも下山した後は、急登の奮闘が逆に清々しいというか、誇らしいというか、満足感に変わってました。

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ