また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107823 全員に公開 ハイキング房総・三浦

春の「房の大山」

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
高速バス(東京駅→館山)、(ローカルバス(館山→坂田)→ハイキング→タクシー(伊戸漁港→休暇前村前)→ ♨︎→ローカル&高速バス(休暇村前→東京駅)

コースタイム [注]

10:10坂田バス停→小ピーク→11:00着<房の大山(頂上)>11:30発→下山中うっかり分岐間違えで別ピークに向かう(引き返す+20分ほどか)→12:40西バス停→13:00伊戸漁港
コース状況/
危険箇所等
基本的には歩きやすいが、標識は小さかったり古びていたり。登山道のほか作業道分岐もあり油断は禁物。滑りやすく細い道や尾根も少しあり。
その他周辺情報伊戸漁港に海鮮食堂あり、休暇村内の温泉あり。それぞれ営業時間帯は要・確認。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 コンパス 計画書 ガイド地図(ブック) 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
備考 ファーストエイドを持参せず(反省)、防寒着(薄フリース)は不要だった

写真

スタート地点、坂田の館山湾
鏡ヶ浦は静かな海
2017年04月15日 10:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点、坂田の館山湾
鏡ヶ浦は静かな海
3
登ると樹々の間に海が見える
2017年04月15日 10:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ると樹々の間に海が見える
房ごと落ちていた花
2017年04月15日 10:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
房ごと落ちていた花
もう頂上。脚立がうれしい(かなり急勾配)
2017年04月15日 10:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう頂上。脚立がうれしい(かなり急勾配)
2
山頂の展望。
2017年04月15日 11:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の展望。
2
人工的な穴とか、廃屋に近い小屋跡とか、中動物が冬眠してそうな穴とか、忘れていた冒険心をそそるものあり。
2017年04月15日 11:48撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人工的な穴とか、廃屋に近い小屋跡とか、中動物が冬眠してそうな穴とか、忘れていた冒険心をそそるものあり。
行きにも帰りにも竹林の道
2017年04月15日 11:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きにも帰りにも竹林の道
館山はこんな山があるまちだった
2017年04月15日 12:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
館山はこんな山があるまちだった
田んぼからは蛙の鳴き声
2017年04月15日 12:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田んぼからは蛙の鳴き声
太平洋を望む漁港からも山がみえる
2017年04月15日 13:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平洋を望む漁港からも山がみえる
夕陽のアクアライン
2017年04月15日 17:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽のアクアライン
2
撮影機材:

感想/記録

10月の北八ヶ岳以来(その後は11月日帰り山行を風邪でキャンセルしてしまい)ずいぶん久しぶりのハイキング。

杉林がまだちょっと怖いので、なんとなく植林じゃなさそうな山、房総の山、気軽そうな山、夏には暑くて無理そうだけどいまなら気持ち良さそうな山ってことで房の大山を選んでみた。海ほたる経由で向かう館山は海岸線沿いなのに山がいくつも見えてワクワクする。

坂田バス停を降りると、穏やかな内海。なんにもないのがいい海岸にはWCと自販機だけはあり安心。小さな道標から房の大山へ向かう。途中の細い枝の竹林がいい。ストローのような竹の間を桜の花びらが散ってきた時には夢かと思う。竹林のあとは普通に雑木林っぽい森の登山道を歩む。足元には桜の花びら。

テクテクのぼること30分ほどで山頂へ。360度近い展望をみたあと、お茶を飲んでホッとする。さぁのんびり下山なんだけど、途中で分岐に迷い、ピンクの道標リボンをヘアピンカーブしたところ、別の登りになってしまい途中で引き返す。確かに「逆から登るコースは不明瞭でオススメしない」とか下山後に読んだガイドには「伊戸方面への下山は不明瞭で初心者には不可」とあるのだった。

無事分岐に戻り、また竹林へ出て西バス停(平日1日1本のみ)まで出る。あとは伊戸漁港まで平らな車道をあるく。だいぼ食堂で海鮮ランチをとって、花海の湯で汗を流して帰途につく。ああ、いい山旅だった。

今回のお土産:飲むびわゼリー(風呂上がりに)、びわ羊羹、あおさ海苔。
訪問者数:138人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

山行 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ