また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1226012 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳

日程 2017年08月14日(月) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
1時間23分
合計
6時間30分
S朝明駐車場07:3008:27羽鳥峰峠08:5509:18尾根上910m09:50尾根上939m09:5810:20猫岳10:3010:56三角点11:0511:15松尾尾根頭11:32大蔭頭12:0013:16庵座滝14:00朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 天気もすっきりしないうちに八月も中旬になってしまった。先日行った山室湿原でも鷺が咲いていたから、稜線でも咲いているだろうかと朝明に出かける。ついでに県境稜線から朝明側に落ちる尾根の気になっていたところも偵察してみよう。
 先日の台風のせいか谷筋は少し荒れているが、予想通り湿原には鷺が咲いている。去年よりも数が増えているかな?さて、次の目的地へ。目を付けた場所は、ちょうど大井谷の源頭にあたるようだ。微かに踏み跡もある。朝明への下山路として使うひとがいるんだろうか。釈迦から東にかけては展望があるが御在所側は見通しきかず。大蔭がまだ高い。さて、次へ。猫岩から庵座谷と間谷に挟まれた尾根だがどこからでも目に付く岩場、どんな展望が得られるだろう。適当にトラバースして尾根に乗り、少し下ると着いた。花崗岩の安定した岩と、おまけに松もある。白砂青松やな。秋になれば猫の東面から大蔭にかけての紅葉もよろしかろう。ふむ、また来よう。
 稜線に戻り、ホトトギスをさがすが見当たらない。目がだいぶ悪くなったかな?弟切草ばかり。黄色い花は小さくても目立つな。そういえば、小さい頃、家には焼酎に漬けられた弟切草があってケガするとよく塗られた。なんでも弟切草、それにオロナイン。一度、瓦片で脛に10cmくらいえぐり傷もこさえた時もそれ。さすがに外科に連れていかれ、処置室で傷口にべっとりついたオロナインをガーゼでごしごし擦り落とされた、弟切草の痛い記憶。。
 山頂にかかっていたガスもとれてきた。風が寒いくらい。持ってきた水2ℓはだいぶ余りそうだ。大蔭を過ぎた岩陰で食事し、帰りは谷筋へ。岩煙草が目当てだが暗くてブレて上手く撮れたことがない。3段滝の岸壁に身体を寄せて何とか撮ったが、まあこんなもんか。庵座谷はだいぶ荒れた感じ。庵座滝への下降も不安定なのでパス。最後の道標とお地蔵様が岩に載ったまま岸から流れの方に動いておるよ。台風の度に三重県側は荒れるな。

追記
 それにしても、「猫岩」。西尾本によると猫岳手前は位置的に不可解とのこと。確かに猫谷周辺なら大井谷源頭辺りだけど「岩」っていう感じでないし。。。感じ的には次の939mの岩、でも、猫谷から外れる。どなたかご存知??
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:
訪問者数:117人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ