また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266391 全員に公開 ハイキング奥武蔵

日向山と寺坂棚田の彼岸花、そしてラブライブレッドアロー号(芦ヶ久保駅→日向山→寺坂棚田→横瀬駅)

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ

またも土日が曇りや雨の予報です。辛うじて直前になって日曜日は晴れ間のある予報に変わりました。そんな訳で日曜日の登山なのですが、出勤日直前はあまり遠征が出来ないのです。
朝方は東京は曇りでした。当初は早い方の快速急行にしようと思っていたのですが、雲がなかなか取れないので遅い方の快速急行にしました。入間市付近で青空が見え始め、飯能到着の時には完全に青空です。

しかしながら飯能の山が近づく時に見えた景色では秩父方面に結構な雲があって、今日の計画した日向山の天候が危ぶまれました。

結局のところ日向山側は晴れました。一方で西武線を挟んで武甲山側は雲が多く、武甲山はかなりの時間山頂が雲の中でした。
アクセス
利用交通機関
電車
行き
芦ヶ久保着9:37の快速急行
嘗て無い程の大混雑でした。池袋を出た段階でほとんど空間の無い程に人が立ってます。
やはり巾着田の季節だからなのかと思ったものの、確かに高麗で沢山降りましたがそれでも相変わらず沢山の人が立ち、私が芦ヶ久保で下車した時もその状況はあまり変わりませんでした。
みんなどこに行ったんでしょうね。
その直前に走ったS-TRAINはガラガラでしたが。


帰り
横瀬発13:11の各停
目の前で12:44の電車が出てしまいました。
ところがそれと交換したのがラブライブレッドアロー。
ホームで13:11の各停を待っていたら目の前に先程西武秩父へ行ったラブライブレッドアローが引き上げて来ました。後で飯能で追いつかれたので一旦横瀬に引き上げてまた西武秩父へ行ったんですね。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間31分
休憩
33分
合計
3時間4分
S芦ヶ久保駅09:4010:24琴平神社10:44日向山10:5911:20琴平神社11:56第六番札所 向陽山卜雲寺12:16寺坂棚田12:3412:44横瀬駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
天候の所で書きましたが、出勤日直前の休日は翌日の為にあまり遠方へ行けません。そこで飯能エリアで何か見どころと思ったところ寺坂棚田で彼岸花が綺麗らしいと知って寺坂棚田に行く山と言う事で日向山を選びました。
コース状況/
危険箇所等
・芦ヶ久保駅→風の道→琴平神社
昨年12/17は山の花道を登ったので今回は風の道と言う方向へ行きます。
先ずは芦ヶ久保大観音様の方へ行きます。これは迷わない。
ここから道標の方向へ行きますが、踏み跡が不明瞭で本当にこれでいいんだろうか、しかも下ってるしと心配になりますが、やがて木製の橋が見えるのでこれで良いのだと分かります。
但しその後も踏み跡は不明瞭で藪の中を歩いたりする事になります。今日は蜘蛛の巣に悩まされました。ほとんど人が歩かないんですね。でもそれだけ面白みもあります。

・琴平神社→日向山
階段責め!一段一段が高いのでなかなか難儀します。但し山の高さがこの程度ですから我慢するとやがて右に折れ、普通の登山道になります。

・日向山→琴平神社
下りは東側の道を選びました。あっという間に舗装道路に出たので、こっちは随分楽だなと思ったのですが、この舗装道路を琴平神社方向へ行く時にかなり下ります。

・琴平神社→苅米
以前歩いた道です。前回迷いそうだった場所は確か民家の方向だなと進みます。
それよりも今日は雨の影響でドロドロでした。

・苅米→寺坂棚田
横瀬の住宅地が登山詳細図では分かりにくかったのですが、ここはジェオグラフィカで地図を見ながら行きました。

・寺坂棚田→横瀬駅
横瀬駅の河岸段丘までは迷わず行けます。
国道299号線とぶつかったところで右折してすぐにまた左斜め方向へ行きました。
そしてそこもすぐ左に折れて細い道を進んで横瀬駅へと言う道を選びました。
その他周辺情報駅は勿論ですが、日向山から東側と西側どちらも舗装道路へ下りた所にトイレがあります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

乗って来た下り快速急行は1番線側に退避したので交換する相手はレッドアローだろうと待っていたらラブライブレッドアローが来ました。でもこの時は正面しかまともに撮れず。
9:40に芦ヶ久保駅を出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗って来た下り快速急行は1番線側に退避したので交換する相手はレッドアローだろうと待っていたらラブライブレッドアローが来ました。でもこの時は正面しかまともに撮れず。
9:40に芦ヶ久保駅を出発します。
2
9:50 ここは六番峠ハイキングコースの方へ。
前回の日向山の時は右に行きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:50 ここは六番峠ハイキングコースの方へ。
前回の日向山の時は右に行きました。
9:54 芦ヶ久保の大観音様
この時は未だ武甲山の頂上が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:54 芦ヶ久保の大観音様
この時は未だ武甲山の頂上が見えます。
本当にこの道で良いのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当にこの道で良いのか?
橋があるから大丈夫でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋があるから大丈夫でしょう。
なんかイイ感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかイイ感じ。
10:24 琴平神社の入口ですが、車で塞がれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:24 琴平神社の入口ですが、車で塞がれています。
10:44 日向山到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44 日向山到着。
1
日向山の木造展望台に登って武甲山です。
武甲山の方は曇って来ましたね。
10:59に出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山の木造展望台に登って武甲山です。
武甲山の方は曇って来ましたね。
10:59に出発します。
東側方向へ下り、ここで南に折れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側方向へ下り、ここで南に折れます。
11:10 舗装道路に下りて来ました。
ここの木段で足を滑らしてこけました。
今日はあちこちが滑りやすい状態でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:10 舗装道路に下りて来ました。
ここの木段で足を滑らしてこけました。
今日はあちこちが滑りやすい状態でした。
11:20 琴平神社の所へ戻って来ました。
ここにはトイレがあります。
ここから横瀬方向へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:20 琴平神社の所へ戻って来ました。
ここにはトイレがあります。
ここから横瀬方向へ。
11:47 以前にも増して危なそうな橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:47 以前にも増して危なそうな橋
11:56 苅米へ下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:56 苅米へ下りて来ました。
これが棚田ですか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが棚田ですか!
1
彼岸花
イッペン(ry
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼岸花
イッペン(ry
棚田は自ずと斜面がある訳で、そこを利用して彼岸花を植えたのは良い考えですね。
12:34に寺坂棚田を離れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚田は自ずと斜面がある訳で、そこを利用して彼岸花を植えたのは良い考えですね。
12:34に寺坂棚田を離れます。
4
12:44 横瀬駅に到着。
目の前で上り各停が出てしまいます。
しかし次の電車を待っていたらご褒美が。
引き上げ線にラブライブレッドアローが入って来ました。
リトルデーモンたる者撮らざるを得ません。と言うか、ずっと撮りたいと思っていました。
そんな訳で横瀬駅のホームを端から端までじじいが走り回ってラブライブレッドアローを撮ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:44 横瀬駅に到着。
目の前で上り各停が出てしまいます。
しかし次の電車を待っていたらご褒美が。
引き上げ線にラブライブレッドアローが入って来ました。
リトルデーモンたる者撮らざるを得ません。と言うか、ずっと撮りたいと思っていました。
そんな訳で横瀬駅のホームを端から端までじじいが走り回ってラブライブレッドアローを撮ります。
2

感想/記録

寺坂棚田はなかなか良いかなと言う感じでしたが、駅から遠いのがちょっと難点ですね。巾着田も駅から遠い。頑張って行くのは一回限りかなと言う感じです。山への道のまさに途中にあると違うんですが。

そして思わぬ成果が目の前に停まったラブライブレッドアローです。
やっと撮れました。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ