また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372846 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

戦場ヶ原でスキーシュー2018

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。たまに弱い風。気温は氷点下から、2度くらい。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いろは坂には、雪はないけど、スタッドレスか、4シーズンタイヤは、必要に思います。赤沼の駐車場は、朝7時半くらいに到着した時には、8台くらいで空いて居ましたが、帰ってきたら、側道に路駐の車も多くありました。戦場ヶ原の真ん中の国道部分にはほとんど雪がない。奥日光、光徳方面へは雪の注意をしましょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
50分
合計
4時間30分
S赤沼08:0009:00展望台09:1010:00小田代ヶ原10:2010:30弓張峠11:00小田代ヶ原北分岐11:1011:40展望台11:5012:30赤沼G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
風がなく快適なので、ものすごくゆっくりしていますし、休憩をなんどもしています。
コース状況/
危険箇所等
雪は少ないとは言え、新雪が溜まってきて居て、スノーシューや、スキーシューで雪を踏む感触は味わえます。雪の量自体は、60センチほどなので、コースは、分かりやすいし、木の枝が頭にあたることも少ないように感じます。
小田代ヶ原から泉門池、三本松を周回する人がものすごく少なくなっているようです。大変、静かでいいのですが。。。

※庵滝:時間など余裕を持って入たほうがいいと思います。距離も相当にありますし、冬は1時間に進める距離が夏山とは圧倒的に異なります。天気のいい時、午前中に向かって欲しいと感じます。(今回行ってませんし、おせっかいだとは重々承知の上で、注意して欲しいと思っています。)午後から赤沼を入って行く人も多くみられました。どこまで行くのかはわからないけれど。。。
その他周辺情報手作りの味タロー:帰りに検索して発見したカジュアルレストラン。ウドン蕎麦から、パスタ、キムチ丼とか、いろいろある。キノコクリームスープパスタをセットでいただいたが、キノコの香りがしたパスタは、美味しかった。店主との山談義なども楽しめました。また寄ろうと思います。

光徳牧場:冬は暖かいまたは冷たい牛乳、アイスクリームが販売中です。光徳から山王峠方面に行った帰りに行くのもいいです。奥日光へのドライブの途中で立ち寄るのも楽しいと思います。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

少ないとは言え、いい感じの雪が踏めます。
2018年02月03日 08:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少ないとは言え、いい感じの雪が踏めます。
1
この橋は、スキーシューは無理なので外して手持ちで。
2018年02月03日 08:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋は、スキーシューは無理なので外して手持ちで。
コレが今回使ったスキーシュー。ブルーモリスのスキーハイク/ステップソール
2018年02月03日 08:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレが今回使ったスキーシュー。ブルーモリスのスキーハイク/ステップソール
2
道しるべが、全部見える。
2018年02月03日 08:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道しるべが、全部見える。
展望台へ。
2018年02月03日 08:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台へ。
スキーシューを外して。
2018年02月03日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーシューを外して。
しばし静寂を堪能します。
2018年02月03日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし静寂を堪能します。
パノラマ
2018年02月03日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ
1
次の分岐へ。
2018年02月03日 09:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の分岐へ。
この時点ではトレースが無い。
2018年02月03日 09:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点ではトレースが無い。
鹿柵はこんな感じ。いつも通り外されて居ます。
2018年02月03日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵はこんな感じ。いつも通り外されて居ます。
小田代原にきました。この看板が見えること自体、雪が少ないのだね。。。
2018年02月03日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代原にきました。この看板が見えること自体、雪が少ないのだね。。。
ここからしばらくアスファルトなので、スキーシューは外して手持ちです。
2018年02月03日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらくアスファルトなので、スキーシューは外して手持ちです。
小田代ヶ原に到着。
2018年02月03日 09:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田代ヶ原に到着。
ここでもゆっくりしました。人は結構来ますけど、庵滝の方に行く方が多いのかな?こっちに行く人は少ない。
2018年02月03日 09:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでもゆっくりしました。人は結構来ますけど、庵滝の方に行く方が多いのかな?こっちに行く人は少ない。
1
貴婦人とか、言われていた白樺なのだが、最近はそんなに注目されないのかな?ほとんどの方は、この展望場にきません。。。東屋は大賑わい。。。
2018年02月03日 09:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴婦人とか、言われていた白樺なのだが、最近はそんなに注目されないのかな?ほとんどの方は、この展望場にきません。。。東屋は大賑わい。。。
1
弓張峠の方に少し登って、小田代ヶ原方向に下ってみる。このルート、少しトレースが残っていたので、スキーシューで滑るにはもってこい。ここからは、スキーシュー最高。。。
2018年02月03日 10:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓張峠の方に少し登って、小田代ヶ原方向に下ってみる。このルート、少しトレースが残っていたので、スキーシューで滑るにはもってこい。ここからは、スキーシュー最高。。。
弓張峠へは、こんな感じで除雪されていますので、スノーシューも、外した方がいいかと思います。
2018年02月03日 10:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓張峠へは、こんな感じで除雪されていますので、スノーシューも、外した方がいいかと思います。
薄っすらトレースが見える。ここを滑り降りました。
2018年02月03日 10:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらトレースが見える。ここを滑り降りました。
ココを越えて行くと弓張峠なのだが、私は庵滝へは、行きません。
2018年02月03日 10:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココを越えて行くと弓張峠なのだが、私は庵滝へは、行きません。
上手く滑れて良かったけど、画像が無い。途中に、鹿柵がある。どうも、持ち上げて通過するタイプなのかな?少し厄介でした。滑り降りた後、少し休憩。風がないのでゆっくりできた。
2018年02月03日 10:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上手く滑れて良かったけど、画像が無い。途中に、鹿柵がある。どうも、持ち上げて通過するタイプなのかな?少し厄介でした。滑り降りた後、少し休憩。風がないのでゆっくりできた。
しばらく男体山をじっくり。。。
2018年02月03日 10:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく男体山をじっくり。。。
スキーシューと男体山
2018年02月03日 10:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーシューと男体山
ガイドが丸見えで、分かりやすい。
2018年02月03日 10:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドが丸見えで、分かりやすい。
こんな感じでトレースが有るしかし、雪を踏む感触は良い。
2018年02月03日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じでトレースが有るしかし、雪を踏む感触は良い。
男体山。。。
2018年02月03日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山。。。
振り返ってみた。
2018年02月03日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってみた。
森の中を安全に歩ける。
2018年02月03日 10:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中を安全に歩ける。
静かな森。
2018年02月03日 10:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな森。
この分岐で赤沼に戻る。
2018年02月03日 10:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐で赤沼に戻る。
分岐の看板も、こんな感じ。
2018年02月03日 10:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の看板も、こんな感じ。
気温も低く、落雪も無く。
2018年02月03日 11:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温も低く、落雪も無く。
人とすれ違いに困らない。
2018年02月03日 11:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人とすれ違いに困らない。
戻って来ました。
2018年02月03日 11:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って来ました。
展望台へ。
2018年02月03日 11:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台へ。
スキーシューの裏には、ディンプルが付けてあるので、ゆるい坂なら登れます。
2018年02月03日 11:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーシューの裏には、ディンプルが付けてあるので、ゆるい坂なら登れます。
戻って行きます。
2018年02月03日 12:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って行きます。
無事、赤沼に戻って、光徳牧場へ。温かい牛乳を頂いた。
2018年02月03日 13:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、赤沼に戻って、光徳牧場へ。温かい牛乳を頂いた。
手作りの味タローにて、キノコクリームパスタを頂きました。
2018年02月03日 13:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手作りの味タローにて、キノコクリームパスタを頂きました。
撮影機材:

感想/記録
by LOL55

考えると、今年の初歩き?初ハイクは、戦場ヶ原でした。。。

雪は、少ないとは言え、新雪が溜まっていてスノーシューやスキーシューで雪を踏む楽しみは充分にある。この楽しさを、知った人は幸運だと思う。人それぞれ戦場ヶ原に来る楽しみはあるとは思うけど、この雪を踏んで歩く。これだけで幸せだと思えます。この感覚を持てた事に感謝したい。

今回、スキーシューを始めて履いてみたのですが、これもまた、楽しかった。靴はスノーシューと同じような雪ブーツで、スノーシューと同じような留め具が付いている。短めのファット系の板の裏にディンプルがたくさん付いている。坂もある程度なら登れるし、勿論滑る事も出来る。スノーシューより、浮力は有るし。いいことずくめの様だけど。コレはコレで慣れが必要で、結構手こずりました。慣れて来たら、少しずつ滑らせて前に進める様にもなりました。弓張峠からの新雪の坂では体重を前目にして滑ると、雪に板は埋まりつつも刺さらず前に進める。この感覚は初めてでした。浮いてるし滑っていけます。なんちゃってバックカントリー感を堪能しました。ここは下は登山道だから安心だし(クレバスとかないかな)なかなか、面白い体験でした。。。

静かな戦場ヶ原でした。
訪問者数:322人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ