また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1398694 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

錫杖ヶ岳 (676m)

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道42号線 安濃ダムを過ぎて下之垣内地区へ渡る橋(錫杖ヶ岳登山口の看板あり)を過ぎてすぐに駐車スペース有り。
5台ほど可(工事道具が置かれていて狭くなっている)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間3分
休憩
9分
合計
2時間12分
S下ノ垣内登山口08:3709:49錫杖ヶ岳09:5810:44本法寺登山口10:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1から10までの標識がAコース、Bコースともにあり。
赤テープ、印もあるが極端に減る場所もある。踏み跡明瞭だが、Aコースのほうが杉の葉がかなり落ちている印象。
その他周辺情報ダム湖沿いにレストラン湖水というレストラン有り。
詳細不明。。。
コンビニ、商店などもしばらく下らないとない。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 ガスカートリッジ コンロ コンパス ヘッドランプ 予備電池

写真

安濃ダム(錫杖湖)、津の街、伊勢志摩まで
2018年03月11日 09:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安濃ダム(錫杖湖)、津の街、伊勢志摩まで
鈴鹿山脈。左の高いのが雨乞岳、中央に御在所岳、鎌ヶ岳
奥に養老山地、手前に名阪国道
2018年03月11日 09:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿山脈。左の高いのが雨乞岳、中央に御在所岳、鎌ヶ岳
奥に養老山地、手前に名阪国道
晴れて良かった。
2018年03月11日 09:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れて良かった。
1
撮影機材:

感想/記録

地元からすらっと鋭角に見える山が錫杖ヶ岳。
標高は低く短時間で往復できるものの勾配がきつい。

頂上からの展望は良く360度の展望がある。
頂上までは、1から10の標識がありわかりやすい。
この山に登ったのは中学・高校以来なので20年ちかく前になる。

登りはBコースを選択。途中までは林道。ただこれも途中で崩壊が激しく
以前は産業だった林業がすっかり廃れていることが分かる。
途中鹿の群れに出会う。急斜面をあっという間に駆け上がって行く。
源義経は鵯越の際に鹿が通れるのに馬が通れるはずがないと言ったというが、
馬じゃ無理である。と余計な事を考える。

林道が終わると急登&少し緩やかを少し繰り返す。基本的に沢沿いに登るが、
途中で沢からも離れて行く。尾根に出るが、番号でいうと7番と8番の間。
ここから尾根沿いに登り下りをし最後の急登を登りきると東屋がある。
ここが10番の看板である。頂上はここから更に40m登る。

山頂は岩がち。
山頂の看板は鈴鹿の山々と同じ種類。

天気は良く展望はある程度ある。
北は鈴鹿の山々、養老山地まで。四日市や名古屋方面もうっすら見える。
東は伊勢平野の街並みが一望。知多半島もうっすらと見え、南東方面には
志摩半島も見える。
南は経ヶ峰、青山高原など布引山地の山々が一望できる。
西は加太の集落から伊賀の山々。

下りはAコース。
階段が多いと書いてあったが、確かに。
裏を返せばBコースよりも整備がされている。
ただ、それも朽ちかけており、しばらく整備されていない様子。

下山に約1時間。本法寺という寺の脇に出て来る。
駐車場は既に満車。往復2時間の短時間の割には満喫。
訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 急登 林道 高原 東屋 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ