また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420664 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

桜川市 筑波山の裏街道はカタクリの小路 

日程 2018年04月02日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
筑波山といえば、つくば市だとばかり思っていたが、北側のトレイルは桜川市に属す。 

登山の起点は、その桜川市が管理する筑波高原キャンプ場(下記リンク参照) をターゲットする。

http://www.city.sakuragawa.lg.jp/page/page000427.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

パーキングに着くなり、パーキングの土手を白く埋め尽くしているこの花が目にとまる。
4枚の花弁が特徴的なアブラナ科のユリワサビのようだが、ワサビの名がついていると言うことは食べられる植物なのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パーキングに着くなり、パーキングの土手を白く埋め尽くしているこの花が目にとまる。
4枚の花弁が特徴的なアブラナ科のユリワサビのようだが、ワサビの名がついていると言うことは食べられる植物なのかな?
1
ブルーの色が美しいキクザキイチゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルーの色が美しいキクザキイチゲ
3
キクザキイチゲに似ているが、こちらはアズマイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲに似ているが、こちらはアズマイチゲ。
2
ぷくぷくしたキブシの花がとても綺麗だ。 キブシは雌雄異株らしいが、こちらは雄花かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぷくぷくしたキブシの花がとても綺麗だ。 キブシは雌雄異株らしいが、こちらは雄花かな?
1
その林床を覆っているのは、蕾をたくさんつけたミヤマシキミと・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その林床を覆っているのは、蕾をたくさんつけたミヤマシキミと・・
1
植林帯を流れる男の川に沿って上流へ進む。
水辺の近くは花の宝庫である。 
ニリンソウなどに混じってミヤマカタバミが可憐な花を咲かせていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を流れる男の川に沿って上流へ進む。
水辺の近くは花の宝庫である。 
ニリンソウなどに混じってミヤマカタバミが可憐な花を咲かせていた。
2
ニリンソウは、蕾の株が多く、これからが見頃のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウは、蕾の株が多く、これからが見頃のようだ。
さて、まずはキャンプ場のパーキングから男の川(おのかわ)の出会いまで15分ほど林道を戻る。
足元には、早くもニリンソウやカタクリが咲き、林道脇にはキブシの木が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、まずはキャンプ場のパーキングから男の川(おのかわ)の出会いまで15分ほど林道を戻る。
足元には、早くもニリンソウやカタクリが咲き、林道脇にはキブシの木が多い。
1
ユキザサとカタクリ。 夏には雪のような白い花を咲かせるユキザサも、まだこんな可愛い蕾状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキザサとカタクリ。 夏には雪のような白い花を咲かせるユキザサも、まだこんな可愛い蕾状態。
2
この咲き方はクルマユリを思わせる。 と思ったら、カタクリってユリ科なんだね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この咲き方はクルマユリを思わせる。 と思ったら、カタクリってユリ科なんだね。
1
これは?・・ハルトラノオかな?  初めまして。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?・・ハルトラノオかな?  初めまして。
自然研究路のトレイルにもカタクリがいっぱい。 
雨にも負けず、風にも負けず、そして笹藪にも負けず、カタクリは群生している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然研究路のトレイルにもカタクリがいっぱい。 
雨にも負けず、風にも負けず、そして笹藪にも負けず、カタクリは群生している。
1
山頂の絶壁で3ボーイズが、ボーズを決めてくれた。
彼らはビューポイントに座っていながら、景色を見るよりも終始、手元のスマホをいじっていた。 現代っ子あるあるだね。 ( ◠‿◠ )クスクス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の絶壁で3ボーイズが、ボーズを決めてくれた。
彼らはビューポイントに座っていながら、景色を見るよりも終始、手元のスマホをいじっていた。 現代っ子あるあるだね。 ( ◠‿◠ )クスクス
1
おや、他の株に比べて赤みが強いカタクリを発見。  個体によって微妙に変化があるようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、他の株に比べて赤みが強いカタクリを発見。  個体によって微妙に変化があるようだ。
4
真っ赤な実をつけた青木のスーツ・・じゃなくて〜・・アオキだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤な実をつけた青木のスーツ・・じゃなくて〜・・アオキだ。

感想/記録

私の中で筑波山は、どうしても歩きたい山という訳ではなかった。
機会があればいつか歩いてみるのもいいだろう・・程度の存在であった。
そして今回、その機会があり歩いてきた。

ハイカーの多い南側ではなく、裏街道とも呼ぶべき静かな北側のトレイルからのアプローチで、
おりしも、カタクリやイチゲ、ニリンソウなどの花盛りであった。

筑波山に詳しい同行者のルート設定のお陰で、想像以上に自然豊かなトレイルを歩くことができた。
このルートなら、機会があれば・・ではなく、ぜひ機会をつくって行くべきだろう。 笑


写真は順不同です。 
詳細はこちらから → https://hikingbird.exblog.jp/29703936/


今回のトレイルは初めから終わりまで途絶えることなく、カタクリが咲いている、まさにカタクリロードである。
他にニリンソウとイチゲも多く、飽きることの無い花ロードに心が躍る1日だった。


私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
距離:約7km/ 所要時間:休憩込で約5時間(筑波高原キャンプ場 10:00‐御幸ヶ原 12:00‐男体山12:20‐御幸ヶ原 12:30/13:10‐女体山13:40‐筑波高原キャンプ場 15:00)
標高差: 約380m


訪問者数:303人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ