また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433113 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

菊水山〜鍋蓋山〜二本松〜城山道〜滝山城址〜新神戸

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(行き)JR神戸駅から神戸市バスで「鵯越駅前」停留所へ
(帰り)城山登山口から徒歩にてJR新神戸駅へ
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
48分
合計
4時間36分
SJR「神戸」駅09:0209:22神戸電鉄「鵯越」駅09:2509:37イヤガ谷東尾根 分岐09:46鈴蘭台 水処理場09:4709:53旧菊水山駅跡09:5409:58石井ダム10:05菊水山 登山口(縦走路休憩所)10:0710:30階段踊り場・展望岩場10:3310:35菊水山(山頂)10:4210:53露岩地帯ピーク11:08長坂堰堤11:09天王吊橋11:10有馬街道・鍋蓋山 分岐11:32上部鉄塔11:3311:43鍋蓋山(山頂)11:5811:59七三峠 分岐12:0012:02鍋蓋北道 分岐12:12修法ヶ原南道 分岐12:17再度乗越12:1812:23大竜寺山門下12:2712:29善助茶屋跡12:3012:30二本松新道12:46二本松バス停12:4712:50堂徳山 分岐12:52天神谷東尾根(ハンター尾根)分岐12:52城山道12:59滝山城跡・休憩東屋13:0113:11布引の滝・猿のかづら橋分岐13:1413:26布引ロープウェイのゴンドラリフト支柱13:2713:35城山道 登山口13:3613:38JR「新神戸」駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(1)「鵯越〜菊水山〜鍋蓋山〜再度山大竜寺山門下」までは六甲全山縦走路ルートのため危険個所などはなし。
(2)「二本松新道」も大きな倒木はあるものの迂回路が出来ており、特に危険な箇所はなし。
(3)「城山道」では新神戸駅への下りルートの一部で乾いた砂まじりのザレた急斜面があるため、滑って転ばないように注意のこと。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 通常のトレッキング靴のみ

写真

雲一つない青空のもと「菊水山」山頂に到達。ここまでの登りでけっこう汗だくになった
2018年04月21日 10:35撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない青空のもと「菊水山」山頂に到達。ここまでの登りでけっこう汗だくになった
2
「鍋蓋山」山頂に到達。青空はそのままに、それほど霞んでいなかったのでここからの絶景を堪能できた
2018年04月21日 11:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「鍋蓋山」山頂に到達。青空はそのままに、それほど霞んでいなかったのでここからの絶景を堪能できた
「城山道」は展望がきくようになっていた。狭い山道の途中から布引ロープウェイの中間駅と頂上駅、ハーブ園のガラス館がすべて一望できる。摩耶山掬星台や学校林道の4本鉄塔も良く見える
2018年04月21日 13:11撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「城山道」は展望がきくようになっていた。狭い山道の途中から布引ロープウェイの中間駅と頂上駅、ハーブ園のガラス館がすべて一望できる。摩耶山掬星台や学校林道の4本鉄塔も良く見える
3
「城山道」は布引ロープウェイの横や真下を降りていく。途中海側のホテルとゴンドラが交差するところもあって現代的な絶景だ
2018年04月21日 13:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「城山道」は布引ロープウェイの横や真下を降りていく。途中海側のホテルとゴンドラが交差するところもあって現代的な絶景だ

感想/記録

今回は絶好の山歩き日和のもと、同行者の希望を聞き入れて、神鉄鵯越駅から「菊水山」経由で「鍋蓋山」を登り、「再度越・大竜寺山門下・善助茶屋」を通過して、「二本松新道」経由で「城山道」を下ってJR新神戸駅へ戻る、というルートを歩いた。

天候に恵まれて真っ青な空。でも気温が高かったようで、登っているととにかく暑い、暑い。汗がポタポタ落ちてくる感じで、拭いても拭いても流れてくる。服は背中から腰あたりまでびっしょり。ここまでとは想像してなかったなあ。

「菊水山」の登り道の状況は特にこれまでと変化を感じなかった。
「城ヶ越」の岩場の下りも大きな変化はなかったが、以前残っていた倒木はすべて撤去されて、階段も補強されていたりして、相当歩きやすくなってはいた。
「鍋蓋山」の登り道の状況もあまり変化は感じなかったが、上部のあたりに残っていた倒木は、こちらも同様に撤去されており、山頂周辺もきれいに再整備されて快適になっていた。いづれもさすが全山縦走路は整備が早い。

「二本松新道」は途中で見上げるような巨大な木が根こそぎ倒れているのにびっくりしたが、既に迂回路が踏まれていたので通行には何ら支障はなかった。
「城山道」は下り始めはいつもの道で変化なしだったが、「滝山城址」をさらに下った先は、周囲の木々が驚くほど思い切って伐採され尽くしていて、見通しは良くなるわ、歩きやすいわ、で変貌が著しかった。神戸市はこの道を売り出したいのかな?と思わせるほどの整備状況。以前は「布引ロープウェイ」中間駅・山頂駅や「布引ハーブ園」さらに「掬星台」や「学校林道4本鉄塔」などは、山道からでは木々に隠れて殆ど見えていなかったと思うのだが(記憶が確かならば・・・記憶違いかな?)、それらすべてが明快に一望できる状況で、登山者には楽しみにできるご褒美が増えて有難いこと。

さて今回の自分自身への驚きは、「菊水山」の上り、「鍋蓋山」の上り、ともに楽ちんで登り切り、息ひとつ乱れなかったこと。ぜーぜーどころか、はーはーすらもなく、心拍もそれほど上がらず呼吸が全く乱れなかったというのは自分でも驚きだった。足取りも終始軽く、小走りでも登れそうな感覚だった。こういうことはなかなかないけど。不思議な一日。
最近の未踏ルート制覇でマイナーなバリエーションルート(谷筋中心)の歩きを繰り返していたために鍛えられていたのかもしれない。息遣いが出来ているんだろう。良く分からないけどたぶん。経験値というのは凄いなあと感じつつ、山歩きをさぼっていたらまたガクンと力が落ちるんだろう、きっと。

下山後はいつものように天然温泉に入って汗を流してゆっくり過ごした。そのあと三宮さんプラザ地下の「カレー83」という小さなカレーショップで「焙煎カレー」を頂いたが、これが超美味しくて感激した。お店の人もいかにも性格が良さそうで親切で気持ちが良かったし。この店はまた是非行こう!と決めた。今日の大収穫。
訪問者数:105人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

林道 ザレ 倒木 ロープウェイ 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ