また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1741790 全員に公開 アルパインクライミング丹沢

広沢寺 〜懸垂下降練習とリードで墜落〜

日程 2019年02月24日(日) [日帰り]
メンバー
 yuki-ta(写真)
, その他メンバー1人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
往路:09:00 小田急本厚木駅南口・ロータリー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間20分
休憩
5時間10分
合計
6時間30分
S広沢寺温泉駐車場09:3010:30広沢寺/弁天岩15:4016:00広沢寺温泉駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
弁天岩は比較的暖かかったが、空いていました。
濡れて潰れたルートなし。
“対岸の岩場”は1組登っていたようです。
その他周辺情報トイレ:広沢寺温泉駐車場

装備

個人装備 クライミングシューズ(1) ハーネス(1) ヘルメット(1) スリング(10) カラビナ(10) クイックドロー(6) ビレイ器(1) エイト環(1) チョークボール(1) チョークバッグ(1) アウターウェア(1) フリース(1) ファーストエイドキット マグカップ(1) 飲料水 弁当(1) 行動食 健康保険証 現金
共同装備 シングルロープ(1) プルージックスリング(3) ストーブ(1) ガスカートリッジ(1) コッフェル(1)

写真

今日は空いてるな。
2019年02月24日 10:34撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は空いてるな。
1
5.8でリードの練習。
2019年02月24日 10:44撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5.8でリードの練習。
2
贅沢に6つのボルトから支点構築。
2019年02月24日 11:48撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
贅沢に6つのボルトから支点構築。
1
ふむふむ。
2019年02月24日 11:48撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ。
いつもに比べてえらく慎重に登ってたな。
2019年02月24日 11:49撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもに比べてえらく慎重に登ってたな。
2
何か確かめてたのかな?
2019年02月24日 11:50撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か確かめてたのかな?
5.9の上部スラブは足がかりが少ない。
2019年02月24日 13:43撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5.9の上部スラブは足がかりが少ない。
1
いつものようにしっかりチェック。
2019年02月24日 14:01撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものようにしっかりチェック。
彼女の実力ならこの辺は大丈夫。
この後、墜落。
2019年02月24日 14:06撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼女の実力ならこの辺は大丈夫。
この後、墜落。
対岸の岩場
2019年02月24日 15:42撮影 by COOLPIX S8200, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の岩場

感想/記録



左端ルート5.8

いつものメンバーで引続き広沢寺。
リードはいつも通り。
懸垂下降でトラーバース気味に降りる練習。
右斜めに降りてクリッピングして
垂直に降りる。
クリッピングした箇所で
両手をフリーにする練習をあえてする。

午後からグレード5.9で
リードの練習。
上部スラブは特に足がかりがないので
落ちる可能性がある。
以前、私がリードした時は
核心で左に逃げて5.8で登ったルートだ。
10a、10bをトップロープで登っているメンバーに
「行ってみる?俺がビレイするよ」と
訊くと
「やってみる」とメンバー。
果たして1クリッピングする前から
足がかりが十分ある場所で
ズリズリと落ちる。
「何やってんだ!」
と私。
そして、核心にいよいよ向かう寸前、
止まってしまう。
「左に逃げていいよー」と言ったが、
にっちもさっちも行かなくてなって、
❝落ちますっ❞って、リードの彼女。
壁から距離を取らずに
そのままの姿勢で落下。
当然、足を壁に取られ、
クルリと頭から落ちる。
スラブだから落下中、
突出した岩に激突することもなく、
多少、滑り台のような壁に
肩を打った程度で済んでよかった。
打身だろうと思いきや、
念のために病院に行ったら、
鎖骨骨折していたことが判明。
…。

ジムで落下練習した時も、
チャ−トなど危険な場所でも
壁から姿勢よくジャンプして
安定した体勢で脚から
上手に落ちていた彼女。
一体どうしたというのだ!

後で訊いたら、
何も考えてなかったとのこと。
冷や汗ものである。
訪問者数:235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

懸垂下降 クリ ビレイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ