また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1873260 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山(カトラ谷〜黒栂谷) 19028

日程 2019年05月30日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
風:3〜5m/s(時々)
気温:出発時・19℃、山頂・18℃、下山時・23℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 9:14 発 金剛登山口バス停前P 9:57 着
復路:金剛登山口バス停前P 14:11 発 泉北 14:53 着
                   延走行距離:49.3

駐車場:
 バス停周辺に多数あり(駐車料:600円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:05 金剛登山口バス停前P出発 ー(12分)ー 10:22 黒栂谷道分岐 10:23 ー(19分)ー 10:42 カトラ谷分岐 10:44 ー(29分)ー 11:19 水場 11:28 ー(13分)ー 11:55 ニリンソウお花畑 12:00 ー(11分)ー 12:12 国見城跡 12:18 ー(12分)ー 12:38 大日岳 12:40 ー(25分)ー 13:07 セト 13:09 ー(12分)ー 13:28 カトラ谷分岐 13:29 ー(15分)ー 13:44 黒栂谷道分岐 13:45 ー(10分)ー 金剛登山口バス停前P帰着 13:57

歩行時間:2時間38分(10:05〜13:57)
歩行距離:8.0
登高速度:+326m/h −404m/h
累積標高:+649m   −645m
消費エネルギー:1202kcal
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 カトラ谷は『危険につき立ち入るな!』となっています。各所に台風被害個所があり、特に三ノ滝回りは片側が切れた狭い登山道が続くので注意が必要です。堰堤上部も道迷いしやすい個所です。その他には問題個所はありません。

花の状況:
 カトラ谷のクリンソウ群生地は見頃ですが、少し花数が少ないように感じました。ニリンソウ群生地は花期が終わり、葉・茎ともに消滅しています。ヤマシャクヤクも花期が終わっていました。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 金剛登山口バス停周辺に数店舗ありますが、営業状態は店によりまちまちです。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

カトラ谷入り口脇に咲くクリンソウは最上段が開き始めています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトラ谷入り口脇に咲くクリンソウは最上段が開き始めています。
3
一ノ滝は左から巻きます。以前は梯子があったはずですが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ滝は左から巻きます。以前は梯子があったはずですが・・・。
二ノ滝は左岸を登ります。直ぐ上が標識D-2です。水場手前で声をかけたペアは左岸のルートを知らずに滝を直登して大いに難儀したそうですが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ滝は左岸を登ります。直ぐ上が標識D-2です。水場手前で声をかけたペアは左岸のルートを知らずに滝を直登して大いに難儀したそうですが・・・。
三ノ滝左岸は切れ落ちた狭い登山道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ滝左岸は切れ落ちた狭い登山道が続きます。
木製桟橋が崩落して歩き難くなっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製桟橋が崩落して歩き難くなっています。
梯子は健在ですが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子は健在ですが・・・、
1
上部が少しぐらついているので慌てずに登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部が少しぐらついているので慌てずに登ります。
2
新設の落石防護ネットが見えてきました。左手前で少し戸惑っているペアに声をかけたところ、二ノ滝を直登したという二人連れでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新設の落石防護ネットが見えてきました。左手前で少し戸惑っているペアに声をかけたところ、二ノ滝を直登したという二人連れでした。
水場が復活しています。
二ノ滝直登ペアはカトラ谷初歩きとのことだったのでクリンソウ群生地まで同行し、山頂までのルートを説明して別れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場が復活しています。
二ノ滝直登ペアはカトラ谷初歩きとのことだったのでクリンソウ群生地まで同行し、山頂までのルートを説明して別れる。
落石防護ネット際を右岸へ攀じ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石防護ネット際を右岸へ攀じ登ります。
ヤマフジがカトラ谷へ誘ってくれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマフジがカトラ谷へ誘ってくれています。
2
ここを右に入るとクリンソウ群生地、谷筋を外さずに直進するとニリンソウ群生地から国見城跡方面である旨を先ほどのペアに教える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右に入るとクリンソウ群生地、谷筋を外さずに直進するとニリンソウ群生地から国見城跡方面である旨を先ほどのペアに教える。
クリンソウ群生地では赤色・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリンソウ群生地では赤色・・・、
4
・・・等が見頃を迎えていますが、花数が少ないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・等が見頃を迎えていますが、花数が少ないようです。
1
3週間余り前は一面のニリンソウでしたが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3週間余り前は一面のニリンソウでしたが・・・。
花が散って間無しのヤマシャクヤクです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が散って間無しのヤマシャクヤクです。
ヤマレコに投稿し始めて5年半、この間の金剛山は本日で151回を数えました。年号表示が『192003年』に・・・???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコに投稿し始めて5年半、この間の金剛山は本日で151回を数えました。年号表示が『192003年』に・・・???
5
登山道の真ん中に鎮座するものを蹴飛ばさないように跨いで・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の真ん中に鎮座するものを蹴飛ばさないように跨いで・・・、
緑濃き大日岳に立ち寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑濃き大日岳に立ち寄りました。
1
ショウジョウバカマが子孫を残そうと・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマが子孫を残そうと・・・。
どこかで見たような顔ですが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこかで見たような顔ですが・・・。
1

感想/記録

 クリンソウの花期が終わらない内にと思い、相方がやや苦手にしている片側が切れた狭い登山道が随所にある金剛山カトラ谷へ出掛けた。『危険につき立ち入るな!』と言われているエリアなので、少しペースを落として相方の安全第一で歩を進めた。平日とあって出会う登山者は稀であったが、水場付近で出会ったペアは初めてカトラ谷へ足を踏み入れ二ノ滝を直登して大いに手こずった由。転落事故に繋がらなかったのは何よりであったが、ルート不案内の様子だったのでクリンソウ群生地まで同行しながらニリンソウお花畑・国見城跡へのルート説明をして別れた。
                           fukuchi36
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ