また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1899097 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

【北八ヶ岳】湖水巡りの旅

日程 2019年06月17日(月) 〜 2019年06月18日(火)
メンバー
天候6月17日:晴れ☀後時々曇り
6月18日:晴れ☀後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
【登山口まで】

茅野発10:20ーアルピコ交通バスー山麓駅

アルピコ交通ホームページ

http://www.alpico.co.jp/access/local/index.html

山麓駅11:40ーピラタスロープウェイー山頂駅

北横岳ロープウェイホームページ

https://www.kitayatu.jp/

【帰路】
稲子湯13:56ー小海町営バスー小海駅14:37

小海町営バスホームページ

http://www.koumi-town.jp/office2/archives/tourism/jikokuhyou/post-158.html

小海駅14:47ーJR小海線ー小淵沢駅
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間38分
休憩
26分
合計
5時間4分
S坪庭12:0013:04七ツ池13:29北横岳13:5515:06大岳分岐15:55天狗の露地17:04双子池ヒュッテテント指定地
2日目
山行
7時間10分
休憩
1時間17分
合計
8時間27分
双子池ヒュッテテント指定地04:3406:48雨池07:0008:26麦草峠08:4509:29青苔荘10:0010:46にゅう巻き道11:10シャクナゲ尾根11:2513:01稲子湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・コースタイムには反映されていませんが、一時間ごとに5分ずつ休憩をとっています。

・もともと歩くのは遅いので、参考程度にしてください。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。

・坪庭駅〜北横岳は標高差は200メートルほどですが、急登が続くので意外としんどい。

・北横岳〜大岳〜双子池ヒュッテの間は、岩の堆積した地形に登山道を通してあるので、とにかく歩きにくく体力を消費します。

・大石川林道は落石の危険があるので通行止め。雨池へは登山道を迂回します。

・麦草峠〜にゅうの巻き道まではぬかるみが多く、歩きにくいです。

・全体的に道標、目印とも豊富で迷うことはありせんが、よく見ないと分岐が多くて間違った道を選ぶ可能性もあり。
その他周辺情報 バスの時間まで余裕がなかったので寄りませんでしたが、登山口にある稲子湯では、日帰り入浴もできるそうです。¥650。

http://www12.plala.or.jp/Inagoyu/
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ポール テント シェラフ ヘルメット
備考 ・この時期の亜高山帯の山は寒暖差が大きく、汗で濡れた体が風に吹かれて冷えたため、風邪をひきそうになった。レイヤードが難しい。

写真

今回は原点に戻り、公共交通機関を使うことにしました。日野春駅にて特急の通過待ち。
2019年06月17日 09:02撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は原点に戻り、公共交通機関を使うことにしました。日野春駅にて特急の通過待ち。
茅野からはアルピコ交通の路線バスにて北横岳ロープウェイの山麓駅まで。
2019年06月17日 11:39撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野からはアルピコ交通の路線バスにて北横岳ロープウェイの山麓駅まで。
山頂近くのヒュッテ。ここから七ツ池まで5分ほどです。
2019年06月17日 13:11撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くのヒュッテ。ここから七ツ池まで5分ほどです。
1
最初の池である七ツ池をゲット!
2019年06月17日 13:17撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の池である七ツ池をゲット!
2
北横岳山頂から南八ヶ岳の眺め。すばらしい展望台ですね。
2019年06月17日 13:57撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳山頂から南八ヶ岳の眺め。すばらしい展望台ですね。
1
北峰から蓼科山です。いつかこちらも歩いて繋げてみたい。
2019年06月17日 14:18撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から蓼科山です。いつかこちらも歩いて繋げてみたい。
数は少ないですが、大岳周辺にはコイワガガミの群落がありました。
2019年06月17日 14:37撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数は少ないですが、大岳周辺にはコイワガガミの群落がありました。
別の株も撮ってみました。
2019年06月17日 14:37撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の株も撮ってみました。
時間がかかりましたが、双子池のキャンプ指定位置まで到着〜✴
2019年06月17日 17:23撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間がかかりましたが、双子池のキャンプ指定位置まで到着〜✴
2
朝の雄池です。なんでもこちらの水は飲めるのだとか。
2019年06月18日 05:08撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の雄池です。なんでもこちらの水は飲めるのだとか。
1
雨池もゲット!手持ちの地図にはない道を歩いて来たため、この時は少々パニックになってます。
2019年06月18日 07:06撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池もゲット!手持ちの地図にはない道を歩いて来たため、この時は少々パニックになってます。
2
麦草峠から白駒池にかけては、とにかく苔がきれいでした。
2019年06月18日 09:31撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠から白駒池にかけては、とにかく苔がきれいでした。
1
光が強くて苔の美しい緑がとんでしまってますね。
2019年06月18日 09:32撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光が強くて苔の美しい緑がとんでしまってますね。
どこかに木霊でもいそうな…。
2019年06月18日 09:33撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこかに木霊でもいそうな…。
青苔荘より対岸の白駒荘を眺めます。
2019年06月18日 09:55撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青苔荘より対岸の白駒荘を眺めます。
車道から近いにも関わらず、平日ということもあり静かな湖でした。
2019年06月18日 09:55撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から近いにも関わらず、平日ということもあり静かな湖でした。
稲子湯まで歩いて旅は終わります。
2019年06月18日 13:50撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子湯まで歩いて旅は終わります。
小海駅からは小海線で移動。
2019年06月18日 14:55撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小海駅からは小海線で移動。
帰りは少し奮発して、特急で帰りました。
2019年06月18日 17:58撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは少し奮発して、特急で帰りました。
1
撮影機材:

感想/記録

ゴールデンウィークもすぎ積雪期〜残雪期のオンシーズンも終わりを迎え、特に目標となるべき山もない梅雨の季節に、貴重な晴れ間を見つけて北八ヶ岳の湖を巡ってきました。

これまであまり目を向けてこなかった湖や花、森といった足元の山の姿に目を向けることで、地元の裏山といった感覚に近い八ヶ岳の魅力を再発見しようという壮大な(?)計画です。

山を歩いて気づかされたのは、地図読みの難しさ。尾根やピークといった明確な地形に乏しい今回のコースで、林道や巻き道が交差し、分岐が次々に現れるにもかかわらず、指導標しか見てないとすぐに自分の現在地がわからなくなるということを、いやというほど思い知らされました。

結果、見事に亀甲池はスルーしてしまい、かつ手持ちの地図にはなかった雨池への迂回路で現在地を見失うなど、なかなかお粗末なミスを繰り返したような気がします。

裏山だろうとアルプスだろうと、山に対してはいつも謙虚な気持ちを持ち続けたいと、改めて思いました。
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ