ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 20022 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

千頭星山、甘利山

日程 2006年08月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り

コースタイム [注]

登り:2時間30分
下り:2時間
コース状況/
危険箇所等
グリーンロッジ−甘利山−大西峰−千頭星山−大西峰−甘利山−グリーンロッジ

登山口から甘利山までは木道があり、整備された道。
甘利山から大西峰までは、道はきれいだが急踏。
大西峰がら千頭星山までは、笹原で歩きやすいがところどころ道が細い。見失うことはない。

過去天気図(気象庁) 2006年08月の天気図 [pdf]

写真

霧のかかるササッ原の中を突き進む。
気持ちいいものです。
2006年08月19日 11:23撮影 by FinePix F10 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧のかかるササッ原の中を突き進む。
気持ちいいものです。
千頭星山の山頂は林の中。ホントにここ山頂か?
ここから先に登れば、鳳凰三山。
2006年08月19日 12:16撮影 by FinePix F10 , FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千頭星山の山頂は林の中。ホントにここ山頂か?
ここから先に登れば、鳳凰三山。

感想/記録

暇を持て余していたので、ちょいっと登に行きました。
最初は甘利山経由ではなく、芦安から千頭星山に直登する予定でしたが、
直登登山道が数年前に整備されたことは知っていたのだが、地図に載ってない。
登山口の場所がわからないので仕方なく甘利山経由−千頭星山行きに乗り換えた。

甘利山の登山口には50台ぐらいとめられる大きな駐車場があったが、
とまっていた車は、ざっと5台ぐらい。
しかし、花の最盛期には道は通行止めになり、その前後の時期には片側通行になるらしい。

甘利山までのコースはきちんと整備されていて歩きやすく、サンダルでも登れそう。でも、やっちゃだめ。
眼下には甲府盆地が一望でき、確かに花の時期は最高かもしれない。

その先、大西峰までは樹林帯の中を歩いていくが結構な急踏、景色も望めない。

大西峰で、千頭星山と青木鉱泉との分岐になる。
青木鉱泉への道は荒れてはおらず、使えそうである。
今度、青木鉱泉から千頭星経由で鳳凰を登って青木鉱泉に下りようかな?

大西峰から千頭星山までは、ササッ原。
霧の中のササッ原を突き進むのは気持ちいい。でも怖い。

山頂は林の中にあり、展望なし。
その先に、鳳凰へつながる道があり、きれいだった。使えそう。

帰りの際、直登ルートの道を見つけたが荒れていた。
こっちから来なくてよかった。
訪問者数:5621人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

直登 山行 木道 サンダル ロッヂ

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ