また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2250812 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

子檀嶺岳 こまゆみだけ … 65分と年齢の壁

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨 山頂は雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
当郷管社コース登山口駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間20分
休憩
20分
合計
2時間40分
S当郷管社登山口10:5012:00子檀嶺岳12:2013:30当郷管社登山口13:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
その他周辺情報登山後は、青木村の「くつろぎの湯」を利用しました。入浴料300円!施設は比較的新しく、ゆっくりと楽しめました。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

昨年4月に初登頂した子檀嶺岳です。今日の行動は1月から計画されていました。予報では晴れでしたが、運悪く冷たい雨となり、雨具を着て登山口を出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年4月に初登頂した子檀嶺岳です。今日の行動は1月から計画されていました。予報では晴れでしたが、運悪く冷たい雨となり、雨具を着て登山口を出発しました。
初登頂時の登り所要時間が65分だったため、今回は60分を切ることを目標にやる気満々で行動を開始しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初登頂時の登り所要時間が65分だったため、今回は60分を切ることを目標にやる気満々で行動を開始しました。
1
途中一切休憩はせず、限界まで体力を使って1秒でも記録を伸ばす。このことだけを考えました。
昨年は、この分岐点で登山口から40分経過していました。今回は35分で到達し、記録更新に手応えを感じました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中一切休憩はせず、限界まで体力を使って1秒でも記録を伸ばす。このことだけを考えました。
昨年は、この分岐点で登山口から40分経過していました。今回は35分で到達し、記録更新に手応えを感じました。
1
去年登って分かっていますが、山頂までの後半戦はつづら登りの急登。心肺機能の極限状態が続き、足が前に出なくなってきました。この先約10mで尾根に取り付きますが、ここで登山口から60分が経過してしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年登って分かっていますが、山頂までの後半戦はつづら登りの急登。心肺機能の極限状態が続き、足が前に出なくなってきました。この先約10mで尾根に取り付きますが、ここで登山口から60分が経過してしまいました。
身体というものは不思議なほど精密にできています。嘘はつきません。登頂時間は昨年と同じ65分ピッタリでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身体というものは不思議なほど精密にできています。嘘はつきません。登頂時間は昨年と同じ65分ピッタリでした。
山頂は降雪で、ニョ〜バヂィーエルシュ(batayhanさんの決めゼリフをもじりました)状態でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は降雪で、ニョ〜バヂィーエルシュ(batayhanさんの決めゼリフをもじりました)状態でした。
3
周りの景色は雲に包まれ何も見えませんでしたが、久し振りに限界まで体力を使った行動をしたことで、記録は更新できませんでしたが大きな達成感に酔いしれました。
山頂には15分滞在し、昼食を摂った後下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの景色は雲に包まれ何も見えませんでしたが、久し振りに限界まで体力を使った行動をしたことで、記録は更新できませんでしたが大きな達成感に酔いしれました。
山頂には15分滞在し、昼食を摂った後下山しました。
1
喘ぎながら登ったつづら折りも、下りはとても楽です。泥で滑り易い箇所も少しありましたが、長靴着用にして正解でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喘ぎながら登ったつづら折りも、下りはとても楽です。泥で滑り易い箇所も少しありましたが、長靴着用にして正解でした。
途中、面白いものを見つけました。何だと思いますか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、面白いものを見つけました。何だと思いますか?
キノコの一種、ツチグリです。
ぽよぽよした袋状になっており、指でつまむと中から胞子が煙のように「ブフーーーッ!」と出てきます。
冬中、雪の下で生育していたのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコの一種、ツチグリです。
ぽよぽよした袋状になっており、指でつまむと中から胞子が煙のように「ブフーーーッ!」と出てきます。
冬中、雪の下で生育していたのでしょう。
1
帰りは、国道143号沿いにある「くつろぎの湯」に入浴して疲れを取りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、国道143号沿いにある「くつろぎの湯」に入浴して疲れを取りました。

感想/記録

今後同じコースで60分に挑戦したとしても、相当に体力を付けなければ記録達成は不可能だろう。やはり安全登山が重要だ。無理は慎もう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:334人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ