また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2301645 全員に公開 ハイキング 中国山地東部

【過去レコ】 久曽木大滝 (鳥取県)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2007年09月24日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
久曽木谷川に沿って林道を車で走り、最奥のスペースに停めてスタート。

久曽木大滝:落差50〜60m

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
1時間12分
合計
5時間27分
S駐車地点10:3313:48久曽木大滝15:0016:00駐車地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※ このレコは、「過去の山行記録」キャンペーンの一環で、2020.4.15 にエントリーしました。
※ ルートログは手書き(滝の位置はほぼ正確)

ほとんど危険地帯でした。道がわからなくなったり、急斜面を巻いたり、下ったり、ころんだり、滑落したりしながら、往路は二時間かかりました。
帰路は今にも折れそうな丸太橋を二本、命がけで渡って、時間は一時間ほどでした。

その他周辺情報若浪川の滝
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1366193.html
過去天気図(気象庁) 2007年09月の天気図 [pdf]

写真

林道の最奥のスペースから、未舗装路を歩いて進む。突き当たりの登山口にあった案内。見ただけで帰りたくなりました。
2007年09月24日 10:38撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の最奥のスペースから、未舗装路を歩いて進む。突き当たりの登山口にあった案内。見ただけで帰りたくなりました。
1
二時間以上かかって、涙が出そうな状態でたどりついた久曽木大滝。落差50〜60m。
2007年09月24日 13:53撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二時間以上かかって、涙が出そうな状態でたどりついた久曽木大滝。落差50〜60m。
1
汗だく、泥まみれになったシャツと帽子を滝つぼで洗って干しているの図
2007年09月24日 14:40撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗だく、泥まみれになったシャツと帽子を滝つぼで洗って干しているの図
1
軍手を洗って干してます。
2007年09月24日 14:44撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍手を洗って干してます。
1
この日の戦利品
2007年09月26日 18:10撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の戦利品
1
道中であったハイカー、こうはなりたくなと心に誓った。
2007年09月24日 10:13撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中であったハイカー、こうはなりたくなと心に誓った。
2
撮影機材:

感想/記録

滝屋としての手ほどきをしてもらってまだ間もない頃、シワガラの滝、瀞川不動滝、霧ヶ滝などに引き続き、難関の大滝へ連れて行かれました。この時点では、国土地理院の地形図には滝マークがありませんでしたので、幻の滝と呼ばれていたようです。
大きな滝があるらしいということだけで、位置も道も所要時間もよく判りません。自分にはどの程度の難関なのかという情報さえもないので、ただただついて行くだけです。苦行して出会った大滝は非常にすばらしく、深く感動しました。



心情的には、難易度はこれが最高です。実際にはそうではないのかもしれませんが、涙が出そうになったり、命がけで一歩を踏み出したり、杖は折れる、靴はボロボロ、ズボンは破れる、服はドロドロ、こんなのは記憶にありません。

往路は道に迷って右往左往して2時間かかりましたが、帰路は1時間で戻れました。その代わり帰路では、腐って今にも折れそうな二ヶ所の丸太橋を渡らなければなりませんでした。絶壁に掛けられていて、落差は10mくらいあったと思います。もう命がけです、下を見ないように四つんばいで渡りました。生きた心地はしませんでした。そのときの写真がないのは、返す返すも残念です。

ところが現在ではある程度整備されているということなので、以前よりは安心してアクセスできそうです。
http://gongen1111.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-b921.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:152人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 滑落 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ