また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2591494 全員に公開 ハイキング 中国山地西部

右谷山 錦ヶ岳 寂地山 オオマルバノテンニンソウを求めて〜💖

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月22日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
55分
合計
7時間56分
S寂地峡管理棟06:0206:09玉蔵寺07:00木目の滝07:0207:03容谷山直登コース登山口07:08寂地峯尾遊歩道入口07:1308:00藪ヶ峠08:0408:411153頂08:4208:58右谷山09:0509:16錦ヶ岳09:1809:32ミノコシ峠10:12竜ヶ岳分岐10:1910:32南寂地山10:3310:45寂地林道分岐10:49寂地山10:5710:59寂地林道分岐11:1413:13犬戻しの滝13:1613:25犬戻歩道入口13:56寂地峡キャンプ場13:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
スタートから遊歩道入り口までは林道歩き。
その後は倒木と渡渉数ヶ所、沢の淵歩きを少し。錦ヶ岳まではほぼ整備されている。
それ以降、みのこし峠までは踏み跡はわかるが笹が迫り気味。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

初っ端この橋を渡り第2駐車場へ行ってしまった。
引き返して車で上がって来た林道を下った。
こんなことでは前途多難だと不安に。😅
2020年09月22日 14:33撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初っ端この橋を渡り第2駐車場へ行ってしまった。
引き返して車で上がって来た林道を下った。
こんなことでは前途多難だと不安に。😅
しかし、後で気づいたがあのまま第二駐車場を経由して右に進むとここに出る近道だった。下山後、確認済み。
2020年09月22日 14:28撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、後で気づいたがあのまま第二駐車場を経由して右に進むとここに出る近道だった。下山後、確認済み。
ここから少し行ったところに獣除けの柵があり開閉して留めた。
2020年09月22日 06:13撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから少し行ったところに獣除けの柵があり開閉して留めた。
1
花を愛でながら林道を延々と歩き、見上げるとようやくこの景色。
2020年09月22日 06:47撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を愛でながら林道を延々と歩き、見上げるとようやくこの景色。
2
林道から遊歩道に入りここを渡る。
2020年09月22日 07:09撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から遊歩道に入りここを渡る。
アケボノシュスラン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノシュスラン
4
藪ヶ峠 風が吹き汗が冷えて寒い。
2020年09月22日 08:01撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪ヶ峠 風が吹き汗が冷えて寒い。
1
キクバヤマボクチ 菊葉山火口
2020年09月22日 08:30撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクバヤマボクチ 菊葉山火口
5
標高を注視!(*´艸`*)
2020年09月22日 09:08撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を注視!(*´艸`*)
2
みのこし峠へ下っている途中、初大丸葉天人草♪😲
2020年09月22日 09:26撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みのこし峠へ下っている途中、初大丸葉天人草♪😲
4
みのこし峠 順調なので予定通りそのまま寂地山へ進む。
ここまでは初ルートだったので緊張ぎみだったので疲れも感じず。💪
だが未知ルートが終わり少し緊張が緩んだせいか、プラスここから2年半ぶりだったのでコース状況も忘れ平坦くらいの気持ちで登ったせいかけっこうしんどかった。😅
2020年09月22日 09:34撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みのこし峠 順調なので予定通りそのまま寂地山へ進む。
ここまでは初ルートだったので緊張ぎみだったので疲れも感じず。💪
だが未知ルートが終わり少し緊張が緩んだせいか、プラスここから2年半ぶりだったのでコース状況も忘れ平坦くらいの気持ちで登ったせいかけっこうしんどかった。😅
1
羅漢山と法華山が眺められるこの場所から群生が所々に。
ここまでは1〜2輪がちょっとずつ。
2020年09月22日 09:50撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅漢山と法華山が眺められるこの場所から群生が所々に。
ここまでは1〜2輪がちょっとずつ。
ほらね💖
2020年09月22日 09:48撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほらね💖
6
ほら♪ 😃
2020年09月22日 10:07撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほら♪ 😃
4
ここも〜☆ 😄
2020年09月22日 10:29撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも〜☆ 😄
4
頂上近くの階段で動物と遭遇!(10mくらい上に)
毛はシルバー。もちろんシャッターチャンスは無かった。🤣
いったい何だったのか?
2020年09月22日 10:53撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上近くの階段で動物と遭遇!(10mくらい上に)
毛はシルバー。もちろんシャッターチャンスは無かった。🤣
いったい何だったのか?
1
ランチは頂上に2テーブル各1人ずついらっしゃったので寂地林道分かれのベンチのここで花見しながらゆったりと。しかもここが本日1番のお花畑。
2020年09月22日 10:57撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチは頂上に2テーブル各1人ずついらっしゃったので寂地林道分かれのベンチのここで花見しながらゆったりと。しかもここが本日1番のお花畑。
3
これもその一部。
2020年09月22日 11:14撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもその一部。
2
キバナノアキギリ 黄花秋桐
2020年09月22日 11:30撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノアキギリ 黄花秋桐
4
ミヤジマママコナ 宮島飯子菜
林道から犬戻し滝遊歩道に入ったら少し。
2020年09月22日 13:03撮影 by SO-03J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤジマママコナ 宮島飯子菜
林道から犬戻し滝遊歩道に入ったら少し。
4
犬戻し滝 ゴールもあと少しなので安心して癒される〜
2020年09月22日 13:17撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬戻し滝 ゴールもあと少しなので安心して癒される〜
4

感想/記録

ほびっとさん山行記録で大丸葉天人草が咲いているとの貴重情報を知る。
見たことがない。
花が天女のように美しいといわれているこの花に逢うためにさっそくGO!

私の寂地山過去ルート(全て同行者あり)
1.寂地山駐車場→寂地峡→みのこし峠→寂地山→吉和冠山→松の木峠
2.寂地山駐車場→犬戻し峡→寂地山→みのこし峠→寂地峡→寂地山駐車場
3.松の木峠→吉和冠山→寂地山→松の木山

花だけでなく違ったコースのチャレンジも兼ねて、今年のカタクリ登山で予定していたコースで登ることにした。
みのこし峠までは未知なので寂地峡コースをエスケープ用に確保。

天人草はみのこし峠から寂地山林道分かれまで所々にまとまって咲いていた。
特にこの分かれはこの花・アキチョウジ・ヨシノアザミなどが群生して美しかった。(*^^)v

ほびっとさん、感動を頂きありがとうございます!

時間が無い時ちょこっと大丸葉天人草鑑賞だったら犬戻し峡コースのピストンでけで充分感動を味わえると思う。

写真以外の本日出逢った花々
ヒガンバナ・ツリフネソウ・ヒヨドリソウ・フシゴロセンノウ・シロヤマギク・ノコンギク・キンミズヒ
キ・ミズヒキ・ノブキ・ミヤマイチゴ・アキチョウジ・ツルニンジン・ツルリンドウ・マムシグサの実・オトコエシ・カニコウモリの実など

出会った登山者10人。(すべてみのこし峠以降)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:230人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/9/27
投稿数: 1096
2020/9/23 23:10
 きれいな花ですね
こんばんは。
まつげが長い女優さんのような花
雲仙で見たことあるようなと思い、記録を見直してみるとミカエリソウでした。よく似たお仲間さんは難しいです。

シュスランはそちらでは咲いてましたか。山が違えば花期も違うのでうまいこと渡り歩いたら長く楽しめるのですね。

欲張って小五郎山まで縦走しようと思ってますが、なかなか機会がとれません。春のカタクリから始まって秋の花、紅葉まで楽しめる山域ですから割り切って分割にしたほうがいいかなあ・・・
登録日: 2018/2/5
投稿数: 333
2020/9/24 8:20
 Re:きれいな花ですね
もみじさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

詩的な表現に😮
ミカエリソウはこの花より大きいそうですからぴったりの表現でしょうね〜よく似ています。
図鑑広島の山野草 秋編P178〜180 大丸葉天人草、見返草、天人草が掲載されているのを確認しました。
天人草だけ花の色が淡黄色なので修正しました。
ありがとうございます。
雲仙のミカリソウ、さぞや美しかったでしょうね。
広島県も県北東にあるみたいなので期待しています。

小五郎山まで体力があるもみじさんだったら可能かも。機会があれば私は分割で挑戦するかも。🤣

アケボノシュスランの画像、失敗作を間違えてアップ。これも良い写真に替えています。
これも終わりかけ。東より西が少し花期がずれるんですかね。
登録日: 2013/11/21
投稿数: 6630
2020/9/24 14:44
 シュスランあちらでも♪
私は右谷山へは下りで周ったことがありますが
「錦ヶ岳」というピーク記憶にないです・・😅
長距離おつかれさまです

あちらはカタクリの頃
ショウジョウバカマが多かった記憶がありますが
初夏〜秋、未知との遭遇できそう。
季節を変えていきたいですね。

ミカエリソウを知らないので
ちょっと悩んでいましたが
広大デジタル図鑑でも
寂地のは大丸葉天人草、とありました
登録日: 2018/2/5
投稿数: 333
2020/9/24 15:03
 Re: シュスランあちらでも♪
ほびっとさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

「錦ヶ岳」
地図上には明記されていましたが、道しるべだけで表示はありません。
みのこし峠まで8分くらい。
そうそう、ショウジョウバカマの葉っぱらしき群生がありました。
はい!季節を変えたら新しい発見の可能、楽しみです。😄
登録日: 2017/11/18
投稿数: 604
2020/9/24 19:50
 ロングコース🎵
お疲れさまでした✨
行きも帰りも長〜い林道歩き、すごいです😣

ミノコシから寂地山って、私も平坦なイメージがあって、毎回登りにやられた〜って感覚になってます(学習ゼロ🤣)

17卞破なら、あと+3劼脳五郎から松ノ木峠ですね😉
登録日: 2018/2/5
投稿数: 333
2020/9/24 21:25
 Re: ロングコース🎵
スモークさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

学習ゼロ仲間。

私もどうかなって、スモークさんや他の体験者山行記録を見ていました。
スモークさん達がスタートしたコース(小五郎山に私も登ったルート)ではなく向峠。
寂地山駐車場付近からバスで向峠へでは今回より1時間以上のスタートが遅れます。
松の木峠下山ではそこから駐車場ま歩かないといけないので犬戻し峡下山を考えています。
などで今回到着時間より+3時間余りを予測。
日の長さとあまり暑くない時期が必要です。

などと想像しました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ