また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3018159 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

20210324_くらかけの滝発着_長尾尾根から軍荼利山&トヤド浅間

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月24日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴。早朝は冷え込むが、日中はポカポカ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
くらかけの滝脇のスペースにバイクを停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
0分
合計
3時間34分
Sスタート地点06:5007:54844m峰08:20軍荼利山08:26熊倉山08:58栗坂峠09:04浅間峠09:34トヤド浅間10:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 長尾尾根から軍荼利山まではバリエーションルート。道標は一切ありません。痩せ尾根やかんたんな岩場もあり、変化に富んだルートだと思います。
 軍荼利山から浅間峠まではメジャールート。道標も充実しています。
 トヤド浅間ルートはバリエーションルート。トヤド浅間までは、踏み跡も辿りやすく歩き易いルートです。トヤド浅間からは急傾斜の下りがあります。危険は感じませんでしたが、気をつけるべきかと。また、里に近くなると、生活道路が交差しています。ちょっと分かりづらいです。
その他周辺情報
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 時計 タオル 高度計 GPS 熊撃退スプレー

写真

軍荼利山の頂上です。長尾尾根は看板の奥から続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍荼利山の頂上です。長尾尾根は看板の奥から続いています。
熊倉山の手前できれいな富士山が見えたのですが・・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山の手前できれいな富士山が見えたのですが・・・・。
熊倉山頂上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊倉山頂上です。
坊主山と勘違いしました。坊主山は一つ手前の小ピークでした。坊主山の目印は防火看板です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主山と勘違いしました。坊主山は一つ手前の小ピークでした。坊主山の目印は防火看板です。
クリ坂峠です。この先の小ピークを巻くと浅間峠です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリ坂峠です。この先の小ピークを巻くと浅間峠です。
浅間峠の東屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間峠の東屋です。
1
浅間峠の道標です。道標の奥に上川乗に下るルートがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間峠の道標です。道標の奥に上川乗に下るルートがあります。
小ピークを巻いた先のトヤド浅間ルートの分岐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークを巻いた先のトヤド浅間ルートの分岐です。
トヤド浅間の頂上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トヤド浅間の頂上です。
トヤド浅間頂上の端に祠がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トヤド浅間頂上の端に祠がありました。
このコブの手前から斜面に移ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコブの手前から斜面に移ります。
くらかけの滝傍の空き地です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くらかけの滝傍の空き地です。

感想/記録

コースデータ
●移動距離:9.21km
●標準行動時間:6時間
●累積標高差:登り830m/降り837m
●コース定数:22

●長尾(なごう)尾根
 林道から尾根に取り付くには、沢を渡る必要があります。橋の周囲は護岸が整備されていてました。僕は熊倉林道の崩壊箇所から沢を渡りました。
 最初の小ピーク(h474m)まではきつい登りになります。全体的に傾斜のきついコースですが、登り始めが最も傾斜がきついです。長尾尾根は地味な尾根ですが、傾斜の緩急や、尾根が細くなったり広くなったり岩場あったりと、変化に富んだ尾根です。
 844m峰まで来るとその先は穏やかになります。程なく軍荼利山です。
●軍荼利山から浅間峠
 笹尾根です。メジャールートです。道標は整備されていますし、歩き易いコースです。記すべきことは何もありません。
●トヤド浅間ルート
 正規ルートとヴァリエーションルートの分岐はとても分かり易いです。 踏み跡も明瞭というほどではありませんが、辿るには全く支障ありません。トヤド浅間までは道標のない一般ルートといったところでしょうか。
 トヤド浅間の頂上は広いです。下るべき尾根は地図とコンパスを使えば間違えることはありません。
 降り始めは緩いですが、少し先で急傾斜になります。その後、一旦緩くなりますが、その先でもう一度急傾斜になります。この2度めの急傾斜が終わったところで尾根を外れます。
 この先はしっかりした作業道らしき道なのですが、分岐があります。僕は、最後の最後でルートを外れてしまいました。進んでいくと踏み跡らしきものはあるのですが、ヤブが濃くなり、掻き分けないと進めなくなってしまいました。眼下に民家も見えていたので、そのまま下山しましたが、失敗でした。里の近くは難しいですね。
●下山後
 下川乗からは檜原街道を使って南郷まで戻りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:162人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ