また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 342281 全員に公開 アルパインクライミング札幌近郊

小樽赤岩、リードを頑張る

日程 2013年09月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岩峠P

コースタイム [注]

四段テラス:ノーマルルート + 18m
東のチムニー岩:ジェードルルート  20m(リード!)
東のチムニー岩:右カンテルート 20m(リード!)
ピナクルリッジ:3P目のピナクル部分  14m
過去天気図(気象庁) 2013年09月の天気図 [pdf]

写真

四段テラス
2013年09月08日 20:13撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四段テラス
2
ツリガネニンジン
2013年09月08日 09:51撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン
1
東のチムニー、懸垂下降
2013年09月08日 10:53撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東のチムニー、懸垂下降
1
ピナクルリッジのピナクル部分への山道
2013年09月08日 12:12撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクルリッジのピナクル部分への山道
ピナクル基部へ
2013年09月08日 20:15撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクル基部へ
春には下から2ピッチ目でここまできました
2013年09月08日 20:15撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春には下から2ピッチ目でここまできました
ここはP級長がリード
2013年09月08日 20:15撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはP級長がリード
ピナクル天辺からは確保して降ります
2013年09月08日 13:00撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクル天辺からは確保して降ります
ピナクルの天辺にハヤブサ君が来た
2013年09月08日 13:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクルの天辺にハヤブサ君が来た
5
コエゾゼミが見張りしてました
2013年09月08日 13:19撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コエゾゼミが見張りしてました
3
看板が新しくなっていた
2013年09月08日 13:31撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板が新しくなっていた

感想/記録

春以来の外岩で緊張しまくり。
4段テラスでウォーミングアップです。
リードを進められたけど、気分が乗らずセカンドです。
沢達人の宮王さんも、今シーズン初外岩と言うことで
緊張したらしい。4段テラス、次のグループが待っていたので
東のチムニーへ移動。ジェードルルートは春にリードをしたところなので、
P級長にリードを勧められ、頑張ってリードしました。
ここで落ちたらグランドフォールとか考えると、口がカラカラに(@[email protected])
上でのビレイも頑張りました。システムに自信がついてきたけど
絶対ミスは許されないと言い聞かせて、なんども確認しました。

東のチムニー、カンテルートもリードしてみたらと級長に言われて
頑張りました。グレードはジェードルより易しいと言われたけど、
登ったことのないルートをリードするのは、とっても緊張。
腕が疲れないよう、いろいろ考えながら登るので、とても勉強になりました。
リードするようプレッシャーをかけてくれるP級長に感謝です(^_^.)

春先に、マルチピッチで登ったピナクルリッジ、
宮王さんが登ったことがないと言うので、上の岩頭だけを登ることにします。
遊歩道からの降り口が目立たないですね。
細い山道を転げ落ちないように気を付けてピナクルの基部へ。
春先に下からマルチで登った時は夢中だったので、
どんなルートかよく覚えていない(^_^.) P級長がリードしてくれます。
なかなか高度感が楽しいルートです。
岩頭の上から山道へは、確保なしで降りない方がいいですね。

私はリードを2本して、精神的にクタクタ(+_+)
早い時間だったけど、終わりにしました。
峠に戻ると、車が増えていましたね。だんだん沢登りが寒くなると
岩に転戦してくる人が増えるんでしょうね、。


訪問者数:847人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/10
投稿数: 2
2013/9/10 22:09
 ナイス リードでした
marikkaさん、東のチムニー、ナイスリードでした。
生岩からちょっと離れていたようですが、いきなりのジェードルリードは安定していました。
カンテルートも右に逃げると易しくなりますが、カンテ沿いに行ったのでジェードルより難しく感じました。
初見でよくぞ登りましたね。
リードが上位とは思いませんが、やはり充実感がありますよね。気が乗った時は是非トライしてください。
  P級長
登録日: 2010/1/29
投稿数: 252
2013/9/11 7:49
 P級長さま
いつもいつも岩登りではお世話になっております。
リードすると言うことは、もちろん自分の命もだけど
後から登ってくる仲間の命も預かると言うこと。
気分よくリードさせてくれる級長に感謝でごわすよ

室内壁と違い、外岩の緊張感はなんとも刺激的です。
とても勉強になります。
また、よろしくお願いします

関連する山の用語

懸垂下降 ビレイ

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ