また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506373 全員に公開 沢登り中国

和気八木尾谷で沢練

日程 2014年09月07日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
佐伯より吉井川沿いR374を北上
三保高原・大芦高原の標識を右折、2個目のヘアピンの先が長楽の滝駐車場。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
3時間20分
合計
5時間20分
Sスタート地点09:5010:00長楽の滝10:5010:50練習・休憩11:5012:00チョックストーンの滝12:1512:20休憩12:4012:50チムニー滝13:1513:407m滝14:1015:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
あまり人が入るような沢ではないので荒れています。
出渓はコンクリート水路に入ってから出ると道路に出やすい。
出渓点が早いと、この時期はひどいヤブ漕ぎになります。
その他周辺情報R374を南下すると和気鵜飼谷温泉あり。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング アッセンダー ディッセンダー 渓流シューズ トポ ルート図

写真

前夜の豪雨
時間40mmだったそうで
爆流でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜の豪雨
時間40mmだったそうで
爆流でした
1
この日の長楽の滝
水が跳ねています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の長楽の滝
水が跳ねています
1
上から見ると結構な高度感
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見ると結構な高度感
職場の子
ずぶ濡れがおもろいようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
職場の子
ずぶ濡れがおもろいようです
2
休憩がてら練習
5、6mの壁がいいかんじ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩がてら練習
5、6mの壁がいいかんじ
1
足をもっていかれそうな勢い
大丈夫ですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足をもっていかれそうな勢い
大丈夫ですが
2
CSの滝12m
ここはやりたいところですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CSの滝12m
ここはやりたいところですが
1
やる気はある!?…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やる気はある!?…
1
けど、眺めるだけにした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けど、眺めるだけにした
1
濁流やのに喜んでます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁流やのに喜んでます
1
チムニー滝
左側の裂け目を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニー滝
左側の裂け目を登る
挟まって落ちないが、あまり動けない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
挟まって落ちないが、あまり動けない
1
アッセンダーで安全確保
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アッセンダーで安全確保
後半の7m滝
水線を直登できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半の7m滝
水線を直登できます
職場の子
心配してたがいらん世話だったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
職場の子
心配してたがいらん世話だったようです
1
終盤
短いコースですが
かなりくたびれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤
短いコースですが
かなりくたびれました
1

感想/記録

出発時間の関係で近場の沢へ行きました。
職場の子を2人連れて行きました。
ここは標高が低く短いコースでおもしろい滝が続くので、初心者が遊ぶにはいい場所です。
上に田んぼがあるのできれいではありません。
前日に時間40mmの雨が降ったため、水量はいつもよりかなり多め。
沢が初めての子を連れて行くにはどうかという状況に思えましたが、1本目水流潜ってみると意外に行けそうでしたので決行。

長楽の滝…落差30m三段瀑。ということですが入渓後すぐに滝が連続するのでどこまでが本滝なのか不明。
通常であれば直登可能ですが、本滝中盤あたりは右岸側スラブを巻きました。

チョックストーン滝…12m。首までの深い釜の先に岩がかかっています。乗り越えるには2人がかり。左岸沿いに渡ってとりつけました。
水量多く断念。右岸から落ち口まで巻きました。

チムニー滝…12m。左の裂け目のようなルンゼを登りました。狭いので落ちることはありませんが、身動きがとれません。
後続はロープ・アッセンダーで右側水線上を上がりました。
なくてもいけます。

7m滝…念のためロープ。どこからでも登れます。

標高が低いからと甘く見てはだめですね。
ぬめりや枝やゴミなどが流されてきれいになってるかと期待したけど、
あまり変わらず。水も濁ってましたが、爆流なので気になりませんでした。
職場の子は若いので身体もよく動くし怖いもの知らず。危険な場面もなく無事行ってこれました。
練習もたいしてできませんでしたが、K兄の簡単懸垂システムなどちょこちょこ勉強になりました。


訪問者数:399人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ