ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 逗葉新道SA

逗葉新道SA(ずようしんどうさーびすえりあ)

最終更新:2013-06-14 13:12 - takatori139
基本情報
標高 35.6m
場所 北緯35度17分20秒, 東経139度35分59秒
駐車場
トイレ
水場
食事

逗葉新道SAの日の出・日の入り時刻

12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木)
日の出 6時38分 6時39分 6時39分 6時40分 6時41分 6時41分 6時42分
日の入り 16時31分 16時31分 16時31分 16時32分 16時32分 16時32分 16時32分

逗葉新道SA (標高35.6m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
12.9
平均気温
8.8
最低気温
4.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.7 時間/日
降水量 1.9 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

逗葉新道(ずようしんどう、)は、神奈川県道路公社が経営する一般自動車道。神奈川県逗子市の横浜横須賀道路逗子ICから三浦郡葉山町の長柄に至る、延長2.0km の有料道路である。
神奈川県道24号横須賀逗子線のバイパス機能と、国道134号から横浜横須賀道路・逗子ICへのアクセス道路としての機能を持っている。1970年(昭和45年)4月1日供用開始。以後長らく、国道134号長柄交差点までの総延長3.8kmが有料区間であったが、長柄交差点から県道217号交差点の1.8km は県道311号として無料開放された。
ETC使用不可。支払いは現金もしくは回数券のみである。
2002年4月1日現在の普通車通行料は100円。2002年4月1日現在の1日平均通行台数は13,556台、営業収支率201.7%(つまり、201.7円の売り上げを得るための必要コストが100円)と、一般自動車道としては全国有数の収益性を誇る。
125cc以下の二輪車(原付一種および原付二種)は通行禁止である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「逗葉新道SA」 に関連する記録(最新10件)

房総・三浦
  30    5 
2016年11月03日(日帰り)
房総・三浦
  55    28  2 
2016年09月03日(日帰り)
房総・三浦
    4 
2016年06月11日(日帰り)
房総・三浦
  84    36  8 
mamepapamamemama, その他1人
2016年03月26日(日帰り)
関東
   1 
2016年02月29日(日帰り)
房総・三浦
  30    32  2 
2016年02月14日(日帰り)
房総・三浦
  22   7 
2015年12月26日(日帰り)
房総・三浦
  19    18 
2015年12月04日(日帰り)
房総・三浦
  18    17 
ubejin, その他1人
2015年06月20日(日帰り)
ページの先頭へ