ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 英彦山

英彦山(ひこさん) / 英彦山南岳

最終更新:2014-11-03 10:05 - matoyan
基本情報
標高 1199.6m
場所 北緯33度28分34秒, 東経130度55分33秒
山頂

英彦山の日の出・日の入り時刻

01/23(月) 01/24(火) 01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日)
日の出 7時12分 7時11分 7時11分 7時10分 7時10分 7時9分 7時9分
日の入り 17時46分 17時47分 17時48分 17時49分 17時50分 17時50分 17時51分

英彦山 (標高1199.6m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
0.6
平均気温
-3.2
最低気温
-7.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 3.4 時間/日
降水量 3.2 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町とにまたがる標高1,199mの山である。耶馬日田英彦山国定公園の一部をなす。日本百景・日本二百名山の一つ。また、弥彦山(新潟県)・雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。
もとは「彦山」との表記であったが、1729年(享保14年)、霊元法皇の院宣により「英」の字をつけたという。
福岡県内では、大分県日田市との境にある釈迦岳(1,231m)に次いで2番目に標高が高い。山域は福岡県と大分県の県境未確定地域となっている。
山の中腹720m近辺に英彦山神宮奉幣殿があり、多くの参拝客が訪れる。山頂には上宮がある。2005年(平成17年)10月には、英彦山神宮へ続く参道沿いに、参道起点の銅の鳥居横から英彦山花公園を経由して参道終点の英彦山神宮奉幣殿へ至る全長849mのスロープカーが完成し、英彦山神宮奉幣殿まで約15分で行けるようになった。
石段と鎖付き岩壁で辿り着く「望雲台」と呼ばれる切り立った足場30cmの岩壁は、下界に広がる森林から突き出た鷹ノ巣山が望めるなど眺望が素晴らしく、自己責任で登るロッククライミングの名所となっている。「望雲台」は本来山伏の修行場であった。
麓にある深倉峡は紅葉の名所である。深倉峡の奥の深倉園地にある奇岩「男魂岩(おとこいわ)」と、谷を隔てて対峙する「女岩」とは巨大なしめ縄で結ばれており、毎年11月に「男魂祭」が催される。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「英彦山」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
  51    32  2 
2017年01月21日(日帰り)
九州・沖縄
  56    12 
2017年01月21日(日帰り)
九州・沖縄
  38    17 
2017年01月17日(日帰り)
九州・沖縄
  28    20  10 
2017年01月16日(日帰り)
九州・沖縄
  21    20 
2017年01月15日(日帰り)
九州・沖縄
  30    36  6 
2017年01月15日(日帰り)
九州・沖縄
  38     20  7 
2017年01月14日(日帰り)
九州・沖縄
   1 
T595Red1, その他1人
2017年01月14日(日帰り)
九州・沖縄
  45    13 
2017年01月14日(日帰り)
九州・沖縄
  82    21 
2017年01月14日(日帰り)
ページの先頭へ