ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 田代元湯

田代元湯(たしろもとゆ)

最終更新:2013-12-01 01:25 - kidachi
基本情報
標高 500m
場所 北緯40度42分28秒, 東経140度53分53秒
お風呂

田代元湯の日の出・日の入り時刻

01/19(木) 01/20(金) 01/21(土) 01/22(日) 01/23(月) 01/24(火) 01/25(水)
日の出 6時52分 6時52分 6時51分 6時51分 6時50分 6時49分 6時48分
日の入り 16時43分 16時44分 16時46分 16時47分 16時48分 16時49分 16時50分

田代元湯 (標高500m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
-2.1
平均気温
-4.8
最低気温
-8.4
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 1.3 時間/日
降水量 5.3 mm/日
最深積雪 238 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

おまけで田代元湯
ありがとう田代元湯。
14:50赤田代まで1時間の登りを終えて本日の宿泊先元湯山荘へ 今日の行程終了!乾杯!
12:35今日宿泊予定の赤田代の元湯山荘に到着。荷物を預けて空荷で三条ノ滝へ向かいます
川を渡り切ると目指す田代元湯とご対面です。 営業していた時は「やまだ館」だったのですね。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

田代元湯(たしろもとゆ)は青森県青森市駒込、八甲田山中にある「やまだ館」の跡地にある温泉のこと。
かつて存在した宿泊施設は廃業し廃墟となっており、温泉も廃湯となっている。獣道同然である山道の通行及び、温泉への入浴はすべて自己責任となる。
現在は木製の露天風呂と岩風呂(露天)の二つの湯船と、辛うじて倒壊を免れたものの屋根の一部が損壊した木造の建物がひとつを残すのみの廃墟である。しかしながら現在でも湯量は豊富であり、地元の有志により清掃が行なわれているが不定期であるため常に入浴可能な状態ではない。
木製の湯船は清掃が容易であるが、岩風呂はメンテナンス性が悪く排水も完全にできないためヘドロと藻が完全に排出できず、少なくとも3〜4人で取り掛からなければ困難である。また、奥深い自然の中であるため、ツキノワグマ、ニホンカモシカ、マムシ、ヤマカガシ、アオダイショウなどの警戒および、オオスズメバチ、キイロスズメバチ、ブユ、アブ、蚊、ダニなどの防護も必要である。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「田代元湯」 に関連する記録(最新10件)

十和田湖・八甲田
  27   2 
2011年11月04日(日帰り)
ページの先頭へ