ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 甲山

甲山(かぶとやま)

基本情報
標高 309.2m
場所 北緯34度46分29秒, 東経135度19分46秒
山頂

甲山の日の出・日の入り時刻

12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月)
日の出 6時49分 6時50分 6時51分 6時51分 6時52分 6時53分 6時54分
日の入り 16時51分 16時51分 16時52分 16時52分 16時52分 16時52分 16時52分

甲山 (標高309.2m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
9.8
平均気温
5.5
最低気温
1.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.6 時間/日
降水量 1.3 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

甲山(かぶとやま)は、兵庫県西宮市西北部に位置する、古い火山の痕跡である山。
1200万年前に噴火したとされる。岩質は輝石安山岩からなり、隣接した花崗岩(いわゆる御影石)からなる六甲山とは全く形成過程が異なる。
1200万年前の活動期には大きく広がる山体を持っていた。約200万年間の活動が終息した後、侵食によりわずかに火口付近の火道周囲のみが塊状に残るに至ったことが確認されている。
現存する形状が塊状であるため、古くはトロイデ式火山の典型のように言われていたが、昭和30年代に研究が進み、その形成過程の詳細が知られるようになった。甲山の地質は北側斜面では麓から260m付近までは花崗岩が認められるが、南側では甲山安山岩層と六甲山の花崗岩とが接触する部分が露出して確認可能である。
本来、比較的粘性の低い安山岩が鐘状火山となることについては疑問視されるところであったが、有史以後、あまりにも典型的なトロイデ形状であることから、誤解されてきた経緯があると思われる。その後は楯状火山とされてきたが、楯状火山は玄武岩質溶岩からなる大型火山と定義されており、これも誤用である。
なお、隣接する六甲山は断層により隆起して形成された山地であり、甲山は六甲山と共に過去に沈降、隆起を起こしたことが知られている。
専門家によって甲山の古火道の磁気構造が調査され、ドーナツ状になっていることが判明している。
甲山は西宮市南部の至る所から確認することができ、地名としてもこの甲山が元となった甲東園・甲風園・甲陽園等がある。西宮七園も参照。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「甲山」 に関連する記録(最新10件)

六甲・摩耶・有馬
  3    6 
m_89, その他3人
2016年12月03日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  
2016年11月13日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  64     33 
2016年11月05日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  24    12 
2016年11月05日(日帰り)
近畿
  9    7 
makoto32, その他2人
2016年10月15日(日帰り)
近畿
  55    7 
kyobon, その他4人
2016年10月12日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  
2016年10月10日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  30    7 
2016年10月10日(日帰り)
近畿
  14    29  4 
2016年10月09日(日帰り)
ページの先頭へ