ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 鳥居峠

鳥居峠(とりいとうげ)

最終更新:2012-03-24 11:48 - tabidori
基本情報
標高 1197m
場所 北緯35度57分06秒, 東経137度47分48秒
木曽路のなかで最も標高の高い位置にある宿場町奈良井宿と、「鳥居峠」をはさみ、薮原宿を結ぶルート。江戸時代、中山道木曽路最大の難所とされた。
トイレ 冬季利用不可
水場
展望ポイント 御嶽神社から御嶽山が見えます

鳥居峠の日の出・日の入り時刻

12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金) 12/17(土)
日の出 6時43分 6時43分 6時44分 6時45分 6時45分 6時46分 6時47分
日の入り 16時42分 16時43分 16時43分 16時43分 16時43分 16時44分 16時44分

鳥居峠 (標高1197m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
3.8
平均気温
-1.4
最低気温
-6.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 4.7 時間/日
降水量 2.7 mm/日
最深積雪 27 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

鳥居峠(とりいとうげ)は、長野県の塩尻市奈良井と木曽郡木祖村藪原を結ぶ峠。標高は1,197m。峠山の標高は約1,415.7m、旧中山道の難所であった。
古くは吉蘇路(きそじ)の「県坂」(あがたざか)、中世には「ならい坂」「薮原峠」と呼ばれた。国境に位置しているので、中世には戦いが何度も行われた。甲州征伐における織田方木曾義昌と武田勝頼の戦いで命を落とした武田方の兵士500人を埋葬したという「葬沢」なる沢もある。木曾義元が御嶽山に戦勝祈願のため、峠に鳥居を建てて以来、鳥居峠と呼ばれるようになったといわれている。
峠の東側を北に向かって流れる奈良井川(日本海側河川)と、西側を南に向かって流れる木曽川(太平洋側河川)との中央分水嶺。木曾谷地方の信濃国編入以前は、ここと境峠(長野県道26号奈川木祖線)が信濃国と美濃国の国境であった。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「鳥居峠」 に関連する記録(最新10件)

甲信越
  26    13  6 
2016年11月12日(日帰り)
甲信越
  20    12 
oku777, その他2人
2016年11月03日(日帰り)
甲信越
  10    4 
2016年10月31日(日帰り)
未入力
  
2016年10月31日(日帰り)
甲信越
  9   1 
kinoko_no, その他1人
2016年10月15日(日帰り)
甲信越
  112    6 
2016年09月15日(日帰り)
甲信越
  101    14 
2015年10月29日(日帰り)
甲信越
  112    10 
2015年10月17日(日帰り)
甲信越
  12    9 
hokuri, その他2人
2015年07月19日(日帰り)
ページの先頭へ