ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016714 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白神山地・岩木山

岩木山 百沢 新雪深雪

日程 2016年11月27日(日) [日帰り]
メンバー noguchik(CL), その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間15分
合計
7時間35分
S百沢温泉前07:5508:00岩木山神社08:1508:48登山口08:4908:50七曲08:5109:25カラスの休場09:3509:42鼻コクリ09:4309:55姥石09:5610:55焼止り避難小屋11:0512:30引き返し地点13:0515:11登山口15:1215:30岩木山神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報岩木山神社の向かいにある中野温泉 入浴料300円 シャンプー・ソープ付き

装備

備考 シャベル、ラッセルのコツ

写真

天気がよい
2016年11月27日 08:42撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がよい
2
登山口で記念写真
2016年11月27日 08:48撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口で記念写真
5
焼け止まり小屋に続く開けた場所から
2016年11月27日 10:53撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼け止まり小屋に続く開けた場所から
1
一生懸命斜面を上る
2016年11月27日 11:43撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一生懸命斜面を上る
5
ラッセルを交代で行った
2016年11月27日 11:55撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルを交代で行った
6
引き返し地点での一枚。地面を踏み固めて休憩。お湯を沸かした。
2016年11月27日 12:58撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返し地点での一枚。地面を踏み固めて休憩。お湯を沸かした。
3
弘前市街地方面見事な眺望でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘前市街地方面見事な眺望でした
3
白神山地方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白神山地方面
2
撮影機材:

感想/記録

 部にある貸し出し用アイゼンとピッケルの数量の関係で、土曜と日曜の2パーティーに分けて、百沢コースから山頂を目指した。これは日曜日組の記録。
 本来の目的はアイゼンとピッケルの実戦練習であったが、雪が固くなっているであろう8合目より上へはたどり着けなかった。焼け止まり小屋以降の登山道は降ったばかりの雪が腰のあたりまで積もっていて、行く手を阻む。夏道は、ひどくて進めないと、そこを引き返してきた他のパーティーに言われた。実際に小屋以降の夏道は、雪の下を沢が流れているので、装備を誤って濡らして浸水し、凍傷が急速に進む危険性がある。
 我々は焼け止まり小屋から夏道を進み、小屋の北190m辺りから夏道を外れて、左岸にある尾根を攀じ登った。当初の予定は、コンパスを頼りにまっすぐ北を進み、巌鬼山と山頂の間にある鞍部に出て、そこから山頂を目指すつもりであった。しかし、その尾根も夏道同様、雪が腰のあたりまで積もっていて、進むのが非常に困難であった。枝や笹も所々顔を出していた。これは手で捕まえることができるが、逆に雪に深く潜った脚が笹に捕まる(引っかかる)。息が上がりそうになりながらラッセルをしていたら、引き返し時間を迎えたので、ちょうどよい場所を探して、地面を踏み固めて、休憩を取った。そこで談笑しながらお湯を沸かし、後輩の念願であった山でのカップラーメンを食べた。急速に心も体も温まったが、5分もしないうちに体が冷えて心も縮こまる。冬山は怖いと改めて思った。
 アイゼンやピッケルを使う機会はなかったが、ラッセルのようなことはできた。ラッセルの経験がまだなく、どうやったら効率よく進めるのかわからない。本を読んで勉強したい。後輩は下山後、疲労困憊状態であった。荷物の重さやラッセルが体に応えたのだろう。少し靴の中に雪が浸みてきた者もいた。後輩に冬山のエッセンスを感じてもらえたと思うので、それで十分だったと思う。
訪問者数:144人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ