ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > アイゼン

アイゼン(あいぜん) / クランポン Crampons (仏語)

最終更新:2015-02-09 16:57 - matoyan
基本情報
氷雪地形を登降するために欧州で生まれた、登山靴の底に装着する金属爪のある登山用具。
わが国では大正年間にオーストリアからはじめて輸入されたため、シュタイクアイゼンSteigeisenとドイツ語読みのまま呼称されたが、やがてアイゼンという略称が定着した。
英語圏ではフランス語のクランポンCramponsが使われる。
氷河などの氷雪地形に乏しいわが国の場合は、北アルプスの冬山登山に用いられ、ピッケルとともに冬山登山に欠かせない用具となった。
また、軽アイゼンと呼ばれる4本爪もしくは6本爪のものが作られて、夏山の雪渓登りや雪山ハイキングなどで一般登山者にも活用されるようになった。
靴への固定式として、バンドを巻きつけるバンド式、スキー靴のようにつま先とかかとを金具で固定するワンタッチ式、つま先側がバンドになっておりかかと側を金具で固定するセミワンタッチ式の3種類がある。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

アイゼンは、氷や氷化した雪の上を歩く際に滑り止めとして靴底に装着する、金属製の爪が付いた登山用具である。

「アイゼン」 に関連する記録(最新3件)

北陸
  34    29  2 
2017年04月25日(日帰り)
日高山脈
  59    9 
Ponytail, その他1人
2017年04月24日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  22    14  1 
2017年04月24日(日帰り)
ページの先頭へ