ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 山スキー

山スキー(やますきー) / バックカントリースキー、オフピステスキー

最終更新:2014-12-24 17:14 - shun-s
基本情報
雪上を歩き、滑走を楽しむための道具。
大きく分けてアルペンスキーとテレマークスキーに別れる。
スキーの滑走面にシール(クライミングスキン)を貼り付け、後ろに滑らないようにして歩く。
靴の主流はプラスチック製のスキー靴であり、靴底はゴム製の為、スキーとスキーを脱いでの歩行が兼用できる兼用靴となっているが、一般的な冬季用登山靴に比べると歩行性は劣る。
スノーシューや輪カンより雪上での歩行性に優れるが、装備全体の価格が高くなる。

関連する写真リスト

山スキーの合宿
乗鞍岳:来春の山スキーが楽しみ
荒井山スキー場跡
来年こそ山スキーで歩くよ〜
山スキー用の表示かな

山の解説 - [出典:Wikipedia]

山スキー(やまスキー)は、人工的なゲレンデ(いわゆるスキー場の意)ではなく、自然の山で行うスキー、またはその用具のことである。山岳スキー、最近ではバックカントリースキーオフピステスキーなどと呼ばれる事もある。

「山スキー」 に関連する記録(最新3件)

白馬・鹿島槍・五竜
  16    8 
2017年03月28日(日帰り)
槍・穂高・乗鞍
  23    12 
2017年03月27日(日帰り)
支笏・洞爺
  22    20 
2017年03月27日(日帰り)
ページの先頭へ