ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > スノーシュー

スノーシュー(すのーしゅー) / 西洋かんじき

最終更新:2014-12-18 00:41 - umeo

関連する写真リスト

スノーシュー装着!
スノーシューを楽しむ
スノーシューの行進
初スノーシュー!
初スノーシュー

山の解説 - [出典:Wikipedia]

スノーシューSnowshoe またはSnow Shoe
#雪上歩行具の1つ。後述。
#猫の品種の1つ。原産国はアメリカ、アメリカン・ショートヘアとシャム (ネコ)との交配により誕生、瞳の色はブルー。名前の通り、足がスノーシュー(雪靴)をはかせたように見える。短毛種で、体系はセミフォーリン。スノーシュー (ネコ)および英語版を参照。


スノーシュー()とは、雪の上を楽に歩くための雪上歩行具のひとつ。西洋「かんじき」。素材はおもにプラスチックとジュラルミン。ワカンよりもサイズが大きいため、浮力が強くラッセル能力が高いというメリットがあるが、狭い場所が歩きにくく、持ち運ぶ際にかさばって重い(2kg程度)など、デメリットもある。
ワカンやスキー、アイゼンなどを用いるより手軽に雪上の歩行を楽しむことができることから、近年ではスノーシューを履いて雪上を歩き、自然に親しむことを目的としたツアーが各地で行われている。

「スノーシュー」 に関連する記録(最新3件)

槍・穂高・乗鞍
  53    52  4 
2016年12月07日(日帰り)
白山
  35    39  1 
2016年12月07日(日帰り)
積丹・ニセコ・羊蹄山
  26    30 
Ponytail, その他1人
2016年12月05日(日帰り)
ページの先頭へ