ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ツェルト

ツェルト(つぇると)

最終更新:2014-11-01 18:32 - kamog
基本情報
緊急用の小型軽量テント
かぶったり、テント型にしたり使用する。
不測のビバーク等に備え、たとえ日帰り予定のハイキングでもパーティ人数が入れる分だけ携行することが一般的。
個人的には過去これでビバークして何とか暖をとれ助かったことが何回かある。
購入したら使い方を予習しておく。

関連する写真リスト

ツェルト
ツェルト泊
ツェルト内
ツェルト泊
初ツェルト

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ツェルトとは、登山用の小型軽量テントである。
本来英語の「テント」と同義であるドイツ語の「ツェルトザック」(Zeltsack )の略であるが、日本では極めて簡易にしたテントを通常のテントと区別して呼称する。
小型軽量であるため、どのような山行でも習慣的に携行すべき装備であり、例えば予期しないビバークに追い込まれその上天候が悪化した場合など、実に頼もしい存在となる、横倒しにして収容人数を増すやくるまるだけでも使用でき、その際にはベンチレーターから顔を出せば周囲の様子を見渡せるし、中で傘をさせば空間を確保できる
装備の軽量化のために通常のテントの代わりに計画的に使用し行動範囲を広げる者もいる
底面を開放してタープとしたり、排泄などの際に地面に穴を掘った上で目隠しのため被るなどにも使える。

「ツェルト」 に関連する記録(最新3件)

東北
  38    24  10 
2016年12月04日(日帰り)
大台ケ原・大杉谷・高見山
  83    85  6 
2016年12月03日(日帰り)
ページの先頭へ