ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 雪山三種の神器

雪山三種の神器(ゆきやまさんしゅのじんぎ)

最終更新:2014-11-07 20:14 - kamog
基本情報
スコップ、プローブ(ゾンデ棒)、ビーコン(雪崩ビーコン)のことで、いずれも雪崩に巻き込まれたときの救助道具。
特にビーコンは高価だが、命との天秤にかけたなら大切な保険とも言える。
これらは雪山(バックカントリーを含む)において共同装備でなく、個人装備(一人ひとりが携行する)と考える。
またこれらを持っているだけではなく、一刻を争う際にスムーズに操作できるよう事前にトレーニングを行う必要がある。
各山岳団体や雪崩ネットワーク(専門性が高い)などが行う雪崩講習会を受講し、まず雪崩のメカニズムと対策、そしてもし遭ってしまったときの対応など総合的に学習しよう。

関連する写真リスト

登りも下りもソリだけは 離さないHANAモン 雪山三種の神器??(ya)
yamamonnさんはヒップそりで お先に失礼ーー♪ 雪山三種の神器ソリ忘れたらダメじゃーーん♪ (ya)

「雪山三種の神器」 に関連する記録(最新3件)

大台ケ原・大杉谷・高見山
  52     52  3 
2016年02月06日(日帰り)
大峰山脈
  46    69  3 
KazuzoPaPayamamonnhanamonn, その他1人
2015年12月19日(日帰り)
札幌近郊
   7 
mikuri, その他13人
2013年12月21日(日帰り)
ページの先頭へ