ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1017342 全員に公開 沢登り八幡平・岩手山・秋田駒

葛根田川北ノ又沢

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月15日(月)
メンバー Murodo_no_hito, その他メンバー4人
天候3日間晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間18分
休憩
12分
合計
6時間30分
S駐車場08:3013:38葛根田大滝13:5015:001日目宿泊地(滝ノ又沢出合手前)
2日目
山行
8時間10分
休憩
20分
合計
8時間30分
1日目宿泊地(滝ノ又沢出合手前)09:0015:50大白盛湿原16:1017:302日目宿泊地
3日目
山行
5時間30分
休憩
1時間0分
合計
6時間30分
2日目宿泊地07:3011:30栗木ヶ原12:3014:00駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの電池が切れたので、3日目途中からは適当な手入力です※特に栗木ヶ原湿原の下り尾根筋ですが一つ左の谷筋が正しいかも。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

そこらで湯気が出てます
2016年08月13日 08:36撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこらで湯気が出てます
地熱発電所、メカメカしいです
2016年08月13日 08:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地熱発電所、メカメカしいです
目的地の湿原、サンショウウオ?イモリ?がいっぱいいました。
2016年08月15日 12:27撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地の湿原、サンショウウオ?イモリ?がいっぱいいました。
トレースが付いているため下山は楽々
2016年08月15日 13:27撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースが付いているため下山は楽々
撮影機材:

感想/記録

会山行。前日葛根田川地熱発電所付近の駐車場まで行く予定でしたが、途中のゲートは夜間通行止めとなっていました。そのためしかたなく玄武洞茶屋付近のトイレがある駐車場で一夜を過ごし、ゲートが開く時間を待ってからの行動のため初日の出発が遅めです。基本的に3日間とも晴れており風もあまりなく少し暑いくらいでしたが快適でした。沢初心者である私を考慮してかのんびり3日間行程となっていますが、早い人なら前日夕方までに地熱発電所の駐車場に入り前泊できれば、翌朝出発して1泊2日で行けるかもです。

初日はさほど危険化箇所も少なく一枚岩の川床など渓相もきれいで途中イワナを釣りつつ楽しいです。キャンプ適地で一泊し、翌日は滝を巻いたりしながら進み、滝の又出合から大白盛の湿原に上がるところは、小指程もある太さの笹が背丈以上に伸び、髭のような密度になった笹原をかき分けての藪漕ぎで何とか到着。湿原は広々としてきれいでしたが、藪漕ぎはしんどかったw。だいぶ時間もかかりましたのでしばらく休んで明通沢支流を少し下降したとこでもう1泊、翌日950付近の二股の右へ少し進み沢沿いから栗木ヶ原湿原へ。で、ここでも詰めの上部は昨日と同様な藪漕ぎでした。湿原はきれいでヤモリ?ものんびり暮らしてました。私達もリラックスしながら食事して下山。下山は1172〜1162の間にピンクテープがあり、そこから明確な道が確認できます。道は登山道っぽくしっかりしているため楽に下山できました。
訪問者数:8人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ