ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761881 全員に公開 沢登り札幌近郊

百松沢山(宮城の沢から)

日程 2015年11月03日(火) [日帰り]
メンバー mtakaha, その他メンバー4人
天候登山日和
アクセス
利用交通機関
車・バイク
手稲平和霊園駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
50分
合計
6時間40分
S平和霊園07:5008:30Co357二股11:30百松沢山12:1013:40Co357二股13:5014:30平和霊園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
沢登りではなく、薮山登山です。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長靴がベスト

写真

林道を歩く
2015年11月03日 08:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩く
昔の金山跡らしい
2015年11月03日 08:43撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の金山跡らしい
二股を過ぎると林道は廃道化してくる
2015年11月03日 08:59撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股を過ぎると林道は廃道化してくる
一箇所だけあった滝を登る
2015年11月03日 09:42撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一箇所だけあった滝を登る
源頭部付近
2015年11月03日 09:54撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭部付近
北西肩にあった測量点
2015年11月03日 11:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西肩にあった測量点
百松沢山到着
2015年11月03日 11:57撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百松沢山到着
1
雪山ならちょちょいだろうが、今の季節の南峰は近いようで遠い。
2015年11月03日 11:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪山ならちょちょいだろうが、今の季節の南峰は近いようで遠い。
笹の中の山座同定する
2015年11月03日 11:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の中の山座同定する
下りの沢、雪が残っています
2015年11月03日 12:20撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの沢、雪が残っています
やっと戻ってきました。
2015年11月03日 13:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと戻ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録

札幌近郊の登山道のない山の代表である百松沢山に、2年前の同月同日に行ってきたルートとほとんど同じルートで再チャレンジした。そのときのメンバだったN川さんは今はいない。今回は夏山の百松に強い関心を持っているYさんが初参加した。

林道を進んでいきCo357の二股を右に行く。地図上では林道が描かれているがほとんど廃道となったところを何度も渡渉しながら進んでいくと徐々に傾斜がきつくなってくる。前回の記憶もあいまいで、あっちだこっちと云いながら進んでいく。苔の生えた石がたくさん転がっているところを登り、水が枯れて北斜面の源頭部にでると、融けないで残っている雪上にクマの足跡が刻まれていた。
源頭部からは尾根を伝って百松沢山北西の肩まで登り、息を整えてから一気に百松沢山のピークに行った。木に登って周りの山を眺めると、百松がこの山域の中心に位置していると実感する。

下山は北側の沢に向かって密集した根曲がり竹の笹薮を掻き分けて下降する。濃い目の薮は最初だけでしばらく下ると疎林になり、残っている雪の上を飛ぶように降りる。そして現れた緩い斜面の沢を下っていくといつしか林道らしいところに合流する。後は適当に下るとCo357の二股に出る。あとはダラダラと歩いて戻った。

訪問者数:4095人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 山座同定 渡渉 廃道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ