ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765089 全員に公開 ハイキング東海

海の見える里山「宮路山」ドウダンつつじ色づく

日程 2015年11月13日(金) [日帰り]
メンバー jykki-satoru
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
1時間2分
合計
3時間57分
Sスタート地点11:0212:13宮路山13:1514:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山ルート山道の出口。鹿除けのワイヤーバリア有り
ゲートに針金を巻いてあり 外す元に戻す わかりづらい
麓の林道に出る あと駐車場までにルート結構わかりずらい
廃寺の前を通るのがみそ GPSを見ながらいったりきたりした
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

背後のバス群
高1の学校登山
結句 中に混じって歩くことになった
2015年11月13日 11:03撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後のバス群
高1の学校登山
結句 中に混じって歩くことになった
1
この先を進む
2015年11月13日 11:04撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先を進む
この辺で学校登山大集団と合流
あとは前後しながら上まで
2015年11月13日 11:24撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺で学校登山大集団と合流
あとは前後しながら上まで
1
目印の鉄塔
2015年11月13日 11:30撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の鉄塔
生徒を追い抜く
2015年11月13日 12:00撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生徒を追い抜く
稜線上の神社
ここまでくれば後すこし
富士山が見えるスッポト今までみたあことない
2015年11月13日 12:00撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の神社
ここまでくれば後すこし
富士山が見えるスッポト今までみたあことない
海の見える宮路山 山頂
高1の生徒で占拠
居場所がなく、少し下がったところで昼ご飯
2015年11月13日 12:12撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海の見える宮路山 山頂
高1の生徒で占拠
居場所がなく、少し下がったところで昼ご飯
4
下山ルートは
道標がなかったが学校登山が下りて行ったので
時間差で追っかける
2015年11月13日 13:19撮影 by Canon EOS Kiss X50, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ルートは
道標がなかったが学校登山が下りて行ったので
時間差で追っかける
1
低山ながら一丁前に原生林も
2015年11月13日 13:26撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低山ながら一丁前に原生林も
2
林道が見えてきて山から脱出と思ったが、
ゲートの外し方が分からずウロウロ
最後までわからなかった。
山頂まで上り返しもなんかなと思い
2015年11月13日 13:44撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えてきて山から脱出と思ったが、
ゲートの外し方が分からずウロウロ
最後までわからなかった。
山頂まで上り返しもなんかなと思い
1
無理やり
バリアを棒をつっかいにして
クリアした 失敗したら大けがしそうだった
2015年11月13日 13:47撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無理やり
バリアを棒をつっかいにして
クリアした 失敗したら大けがしそうだった
1
林道飛び出て一安心
2015年11月13日 14:02撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道飛び出て一安心
里に下りたが廃村の後で道が
錯綜7.7インチのタブレットを駆使したが、
行ったり来たり一周点の合流 安堵
2015年11月13日 14:26撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里に下りたが廃村の後で道が
錯綜7.7インチのタブレットを駆使したが、
行ったり来たり一周点の合流 安堵
1
スマホの歩行計が素晴らしい
いろいろあるが、この歩数計がベスト
2015年11月13日 15:00撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スマホの歩行計が素晴らしい
いろいろあるが、この歩数計がベスト
撮影機材:

感想/記録

真っ赤に色づくドウダンツツジ群生の里山に向かった。一度左周りになり再建した「ラグナー蒲郡」のみえる里山。高1の学校登山大人数に遭遇前後して山頂へ。下山は学校登山が下山したルートの後を追う。道しるべはなかったが、道は明瞭大きな団体が下りて行ったからいいだろうとたかをくくっていた。低山の里山街並みにも近い、山ん中は原生林が林立不思議な雰囲気を醸しいた。
急下降30~40分ほどでふもとへ。林道が樹林越しにみえてきた脱出okと安心感。が、が、

針金バリアの柵ベルリンの壁のミニ版、あれっ子供達はどこへ行った声もいつの間にか消えていた。出口林道側に文字看板が見える山側から見えない、てっきり入山禁止の立て札かと錯覚、後で納得したが。ソロだったので早とちり子供達はどこへ消えた行ったり来たりウロウロ、山頂まで登り返しも大事。意を決して柵のクリアを模索丈夫な枯れ木杖に、血相変えて柵越え地面にソフトランディング。中途半端に失敗してむき出し最上部の針金が胸に心臓に刺さったらアウト。トラウマになりそう。

林道に並行してどこまでも金柵がありイノシシ捕獲の檻があった。そのまま金柵の縁を徘徊するとイノシシの檻にはいるかもかもしれない。日中は見ればわかるが夜ならどうなったかわからない。こんな町近い山にまさかイノシシが出没するとは思いもよらなかった。イノシシの代わりにヒトが入っていたとは(大笑い)。

駄弁はさておき、今年のトウダンツツジの色づき、くすぶって赤が映えず見るほどもなかったな。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ