ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765315 全員に公開 ハイキング近畿

六甲山

日程 2015年11月18日(水) [日帰り]
メンバー melhen
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
0分
合計
3時間0分
Sスタート地点09:0012:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
有馬温泉からスタートしました。紅葉谷は台風の影響で土砂崩れの影響で今もなお通行止め。いい加減に修復してほしいところ。しかしながらいつも通行止めをかいくぐり突破している。まー、同じ事を考えてる人はたくさんいるようで日々踏みあとが増えていき、通りやすくなってきている。当初は崖崩れ箇所は通過が難しいと思い、先人が作ってくれたであろう緊急登山道のようなルートを辿っていた。一端、沢の方へ下り、小さな小川を渡り少し進んでまた登山道に戻るといったルート。テープもあるので迷う事はないだろう。ただ、普通に登山道を歩けば3分もかからないであろう道を15分程かけて回り道しなければならない。最近はそのルートは使わず、崖崩れ個所をそのまま強引に登って下る。しかしながら踏みあともけっこーついてきているのでそこまで危険ではないと私は思っている。もちろん事故責任でお願いします。そこを抜けると一件茶屋までは普段の紅葉谷コースと変わらず良いコースだ。一件茶屋町からは六甲山頂上に向かう。六甲山頂上からは魚屋道で有馬温泉に下り。有馬温泉で汗を流す。登山後の温泉はやはり欠かせませんな。
コース状況/
危険箇所等
紅葉谷は引き続き通行止め状態
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

感想/記録
by melhen

有馬温泉からスタートしました。紅葉谷は台風の影響で土砂崩れの影響で今もなお通行止め。いい加減に修復してほしいところ。しかしながらいつも通行止めをかいくぐり突破している。まー、同じ事を考えてる人はたくさんいるようで日々踏みあとが増えていき、通りやすくなってきている。当初は崖崩れ箇所は通過が難しいと思い、先人が作ってくれたであろう緊急登山道のようなルートを辿っていた。一端、沢の方へ下り、小さな小川を渡り少し進んでまた登山道に戻るといったルート。テープもあるので迷う事はないだろう。ただ、普通に登山道を歩けば3分もかからないであろう道を15分程かけて回り道しなければならない。最近はそのルートは使わず、崖崩れ個所をそのまま強引に登って下る。しかしながら踏みあともけっこーついてきているのでそこまで危険ではないと私は思っている。もちろん事故責任でお願いします。そこを抜けると一件茶屋までは普段の紅葉谷コースと変わらず良いコースだ。一件茶屋町からは六甲山頂上に向かう。六甲山頂上からは魚屋道で有馬温泉に下り。有馬温泉で汗を流す。登山後の温泉はやはり欠かせませんな。
訪問者数:121人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

急登 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ