ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767408 全員に公開 ハイキング中国山地西部

西中国山地 故郷の最高峰 恐羅漢山 

日程 2015年11月20日(金) [日帰り]
メンバー yos894, その他メンバー1人
天候曇 ときどき霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南麓は4本のゲレンデを持つ恐羅漢スノーパークで1700台の駐車場があります。
最深の牛小屋高原だけでも3〜400台は十分に駐車可。
冬は知りませんがこの季節は無料でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
48分
合計
3時間50分
S恐羅漢山登山口09:1609:43夏焼峠10:00早手峠10:41立山分岐10:46恐羅漢山10:5511:19旧羅漢山11:3511:56恐羅漢山12:1912:27立山分岐12:48「立山ルート」スキー場の最上部13:06恐羅漢山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
恐羅漢山登山口9:16-9:43夏焼峠-10:00早手峠-台所原への下り(引き返し)-10:10早手峠
 -10:41立山分岐-10:46恐羅漢山10:55-11:19旧羅漢山11:35-11:56恐羅漢山(昼食)12:19
  -12:27立山分岐-12:48立山ゲレンデ上部-13:06恐羅漢山登山口
コース状況/
危険箇所等
登山口から夏焼峠までは森林浴とバードウォッチングのコースにもなっているので、
よく整備されています。
山頂までの尾根筋のルートもよく踏まれたブナ林の下の道です。
山頂から旧羅漢山への往復は湿地が点在し、地面に敷かれた丸太が滑ります。
やや荒れた所もありますが、浮石に注意すれば、特に危険はありません。
立山分岐から立山ゲレンデ沿いに登山口に下る尾根はやや傾斜があり、
雨に削られた所がありますが、ゲレンデ上部から下は安心して歩けます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

部屋から朝の三段峡。
2015年11月20日 07:01撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部屋から朝の三段峡。
霧が晴れていく。
2015年11月20日 07:01撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れていく。
1
建物はかなりレトロ。
2015年11月20日 07:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物はかなりレトロ。
ぐるぐる回す窓のカギ。懐かしい。
2015年11月20日 08:04撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐるぐる回す窓のカギ。懐かしい。
いつもと違ってゆっくり朝食。
2015年11月20日 07:06撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもと違ってゆっくり朝食。
1
廊下の隅にファミコンBOX。
2015年11月20日 07:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廊下の隅にファミコンBOX。
すごい。
2015年11月20日 07:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい。
南麓から恐羅漢。
ゲレンデに蝕まれている。
2015年11月20日 08:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南麓から恐羅漢。
ゲレンデに蝕まれている。
広い駐車場にただ1台。
2015年11月20日 08:52撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い駐車場にただ1台。
右から登って左から降りよう。
2015年11月20日 09:16撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から登って左から降りよう。
カヤ畑ゲレンデの横を登る。
2015年11月20日 09:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤ畑ゲレンデの横を登る。
落葉の道。
2015年11月20日 09:21撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉の道。
沢も流れる。
2015年11月20日 09:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢も流れる。
秋の名残り。
2015年11月20日 09:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の名残り。
1
峠をキビレと言うらしい。
台所原に向かうが引き返す。
2015年11月20日 10:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠をキビレと言うらしい。
台所原に向かうが引き返す。
朴の葉。
2015年11月20日 10:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朴の葉。
ブナの巨樹が点在。
2015年11月20日 10:33撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの巨樹が点在。
2
大きな倒木?岩だった。。
2015年11月20日 10:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな倒木?岩だった。。
頂上手前から臥龍山と深入山。
2015年11月20日 10:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前から臥龍山と深入山。
小さな紅葉。
2015年11月20日 10:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな紅葉。
恐羅漢山1,346m。
2015年11月20日 10:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐羅漢山1,346m。
1
七重八重の山並み。
雲海の向こうにまた山並み。
2015年11月20日 10:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七重八重の山並み。
雲海の向こうにまた山並み。
2
向かいは十方山。
2015年11月20日 10:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいは十方山。
あちらこちらに秋の名残り。
2015年11月20日 10:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらこちらに秋の名残り。
2
旧羅漢山1,334m。
2015年11月20日 11:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧羅漢山1,334m。
1
てっぺんに登りたい(笑)
2015年11月20日 11:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てっぺんに登りたい(笑)
2
石見・出雲の大展望。
2015年11月20日 11:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石見・出雲の大展望。
1
旧羅漢から恐羅漢。
2015年11月20日 11:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧羅漢から恐羅漢。
湿地に敷かれた丸太が滑る。
2015年11月20日 11:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿地に敷かれた丸太が滑る。
山頂に帰り昼食。
2015年11月20日 12:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に帰り昼食。
1
麺は止めて時間を稼ぐ。
2015年11月20日 12:01撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麺は止めて時間を稼ぐ。
1
霧雨の中、山頂にお別れ。
2015年11月20日 12:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧雨の中、山頂にお別れ。
2
ツルリンドウの実。
と教えていただいた。
2015年11月20日 12:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルリンドウの実。
と教えていただいた。
1
立山尾根を下る。
2015年11月20日 12:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山尾根を下る。
ブナ。
2015年11月20日 12:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ。
これも大きい。
2015年11月20日 12:38撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも大きい。
2
スキー場が見えてきた。
2015年11月20日 12:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場が見えてきた。
ゲレンデに向かって下る。
2015年11月20日 12:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデに向かって下る。
ゲレンデの上から。急傾斜。
2015年11月20日 12:49撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデの上から。急傾斜。
広島県山岳会のヒュッテ。
羨ましい。
2015年11月20日 13:07撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広島県山岳会のヒュッテ。
羨ましい。
1
車が2台も増えていた(笑)
2015年11月20日 13:21撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が2台も増えていた(笑)
撮影機材:

感想/記録
by yos894

広島県の最高峰恐羅漢山に、広島を離れて31年目にして初めて登りました。
標高は1,346mながら冬は日本海の季節風を受ける豪雪地帯だそうで、
内黒峠を越える県道から望むと、
山肌を何本もスキー場のゲレンデに削られて痛々しいのですが、
山中にはブナの巨木が多く残り、山道を覆う落葉が豊かな自然を感じさせます。
あいにくの曇天で時折霧雨もちらつきましたが、西中国山地の展望も楽しめました。
新緑や紅葉も美しく、
本州では南限の霧氷が楽しめ、
初夏にはオオヤマレンゲの花が咲くそうなので、
違う季節にまた来てみたい山でした。

夏焼峠から台所原を周回する予定でしたが、
紅葉も終わってしまった後のこの曇天では無理に行かなくてもいいかなと中止、
尾根を直登して、浮いた時間で三段峡を歩いてみることにしました。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ