ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767778 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

晩秋は湖北のヤブ山へ 天吉寺山

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー yo_yoneda, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長浜市野瀬の大吉寺の手前駐車場に駐車
11/21は、2台だけ。11/22は1台だけでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
19分
合計
4時間59分
S大吉寺駐車場08:4808:51天吉山登山口08:5309:42大吉寺跡10:42天吉寺山山頂10:5913:47大吉寺駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログは少し違っていますが、11/21は以下の状況(理由は後述)
大吉寺 9:33
仁王寺跡 10:19
本道跡・頼朝供養塔 10:42
あか池 10:44
覚道上人入定窟 10:47
尾根道 11:00ごろ
山頂(昼) 11:59〜12:18
西尾根分岐 12:30ごろ
鉄塔 13:03
下之森神社 13:54
大吉寺 14:15
コース状況/
危険箇所等
コースは全般的に荒れ気味です。道を木が倒れふさいでいるところも結構あるし、草や葉っぱのある時期はヤブが大変そう
■大吉寺〜天吉寺跡
 道は荒れ気味です。案内がほとんどありません。テープなど注意してたどります。
■天吉寺跡〜尾根道〜山頂
 天吉寺跡からあか池を過ぎると尾根に登りますが、道わかりにくいです。テープをたどりましょう。尾根に上るとそれなりに道はついています。でも、草木の茂っている時は、大変そう。
■西尾根分岐〜西尾根
 西尾根分岐は案内とかありません。赤テープをたどります。下っていくと左に赤テープとかが続きます。こちらを行くと大吉寺の裏のほうに続くと思われます。
 が、途中、炭焼きの跡があり、そこからの別のルートをたどりました。こちらは、青のビニール紐が続いていました。こちらのルートは、西尾根に続く長いルートでした。下っていくと人家が見えてきますが、このあたり道がわかりにくいです。
 ずっと行くと、野瀬の大吉寺への道の入口あたりの下之森神社の裏手に出ます。
その他周辺情報少し西に行くと、あねがわ温泉があります。入ってませんが。

写真

びわこ方面から望むと伊吹北尾根の北側、金糞の南側に見えるのが天吉寺山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びわこ方面から望むと伊吹北尾根の北側、金糞の南側に見えるのが天吉寺山です。
野瀬から天吉寺登山口の大吉寺への道。人差し指の案内があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野瀬から天吉寺登山口の大吉寺への道。人差し指の案内があります
駐車場で、三重から来たというおいちゃんに会い、同行することに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場で、三重から来たというおいちゃんに会い、同行することに
天吉寺の案内。山頂までの案内は書いてありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天吉寺の案内。山頂までの案内は書いてありません
大吉寺のもみじがきれいだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大吉寺のもみじがきれいだった
1
大吉寺の説明
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大吉寺の説明
案内が古くて読めません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内が古くて読めません
こちらの案内は読める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの案内は読める
こんな障害物が結構あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな障害物が結構あります
薄いですが踏み跡あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄いですが踏み跡あります。
イワウチワ。結構たくさんありました。春はきれいかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ。結構たくさんありました。春はきれいかも
天吉寺跡のしょっぱなは、仁王門跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天吉寺跡のしょっぱなは、仁王門跡
広く平坦なところが多数
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広く平坦なところが多数
手洗鉢。大きな石の鉢が年月を刻んでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手洗鉢。大きな石の鉢が年月を刻んでいました。
人造物が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人造物が残っています。
本道跡。看板ほとんど読めません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本道跡。看板ほとんど読めません。
このあたり、大きな杉が多数
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、大きな杉が多数
覚道上人入定窟
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚道上人入定窟
三重のおいちゃんは、ここが雑木が多いと利いたので、きのこを採りに来たといってました。なめこ発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重のおいちゃんは、ここが雑木が多いと利いたので、きのこを採りに来たといってました。なめこ発見
1
大量のなめこ発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大量のなめこ発見。
1
木の陰に、伊吹山が見える(左)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の陰に、伊吹山が見える(左)
1
クマさんの仕業か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマさんの仕業か
1
山頂は、少しだけ開けています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は、少しだけ開けています
1
三角点は大切に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
2
こちらブンゲン(射能山)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらブンゲン(射能山)
1
こちら伊吹北尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら伊吹北尾根
1
こちら伊吹山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら伊吹山
1
西尾根道のほう。炭焼き跡があり、そこからの道をたどりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根道のほう。炭焼き跡があり、そこからの道をたどりました
こちら金糞岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら金糞岳方面
こちら霊仙山とびわこ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら霊仙山とびわこ
2
石垣の跡。炭焼きの跡なのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣の跡。炭焼きの跡なのか?
鉄塔に出てきました。ここからは景色がよく見える。びわこがきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔に出てきました。ここからは景色がよく見える。びわこがきれい
2
こちらは、小谷山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、小谷山
1
尾根の先に伊吹山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の先に伊吹山
1
このあたり紅葉がきれいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり紅葉がきれいでした
2
おいちゃんは元気に下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おいちゃんは元気に下っていく。
町が見えてきた。想定外のところに出てきた・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町が見えてきた。想定外のところに出てきた・・・
1
神社の裏手に出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の裏手に出てきた。
マツタケ山で入山禁止だったよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツタケ山で入山禁止だったよう
オキザリスが咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキザリスが咲いていました
1
フウロソウが咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フウロソウが咲いていた
1
天吉寺山。いろいろ楽しませてもらいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天吉寺山。いろいろ楽しませてもらいました
1

感想/記録

三連休の初日、朝早く起きられれば、鈴鹿・御池岳とか行きたかったのですが、出遅れたため、近場の天吉寺山へ行きました。
駐車場で、三重からこられた年配の方とご一緒することになり、道中リードしていただきました。こちらには、雑木のきのこを求め、こられたのこと。いろんなところを歩いておられるとのことで、道中いろいろ教えていただき、楽しい山歩きができました。(登山口に戻り、ストックを落し物してしまったことに気づくまでは・・・)

天吉寺山は、やはりヤブが濃さそうな感じでした。葉を落としたいまどきは、明るい中、歩くことができましたが、葉が茂るような時期は厳しそうです。
それに、天吉寺跡までは案内がありますが、それ以降は案内板はありません。テープなどたどることになります。そのテープも年月の経過を感じるような感じです。

途中、なめこを探して、いろいろ見回っていたりしてました。行きであまり見つからなかったため、帰りは別のルートにしようとのことで、西に下りて大吉寺の裏手の最短距離のルートを取ろうとしていたのですが、炭焼きの跡とそれに続く道があり、そこを通ると、西尾根フル縦走のルートになってしまいました。
えらく大回りしてしまい、時間がかかりました。

今回は、同行した方から、道中いろいろ教えてもらいました。
・クマは怖くない。絶対背を向けて逃げてはダメ。対峙していれば、あっちが去ってゆく。
 横山岳の入口のほうで、クマが樹に登っていたのを見たことがあるとのこと。
・道に迷ったときは、植林地を下る。人の手が入っているので、下山のルートがあり、下山できる。
 藤原岳で一度だけ迷ったことがあるとのことで、晩秋だったが、野宿しようと葉っぱを集めたら、ヒルが出てきて、野宿できなくて、仕方なしに下山強行したとのこと。
・沢には下らない。しかし、非常事態用にロープは持つべき。急坂を下りるのに役立つ。
などなど、やはり経験積まないとわからないですけど。

で、11/21はそういう山歩きでしたが、11/22落としたストック求め再訪してきました。ログは、その11/22分です。
悪いことが重なるもので、11/21のGPSログは操作ミス?のせいなのか、取れておらず、記憶を頼りに歩きました。ログで、下りにえらく時間がかかり、行ったりきたりしているのは、そういう理由です。みなさん参考にしないでください。

ザックのサイドポケットは、気をつけましょうね。幸いにもストック発見しましたが、なぜあんなところで落ちたかわからない・・・


訪問者数:344人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ