ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 769209 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

鷹ノ巣山

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー amenouwo
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:奥多摩駅からバスで東日原
復路:奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三連休、唯一晴れマークの付いていた土曜日に奥多摩・鷹ノ巣山に行ってきました。

日の短いこの時期、夕方4時には山を下りて来たいところ。
そう考えると朝5時の地下鉄に乗って行かないと・・・
4時に起きて、シャリバテしないようにパスタを食べて暗いうちに出発です。

それにしても土曜早朝の下りの中央線は酒臭い若者でいっぱいですわ。
こんな時間なのに座れません。
さらに立川で青梅行きに乗り換えてからは山登りする格好した人でいっぱい。
もう紅葉は終わってるんじゃないかと思うのだが、関係ないようです。
青梅で奥多摩行きに乗り換えるとき、乗り慣れてる方々はよくご存知なようで、
走って乗り換えに向かいます。
こっちも後を追ったけど、後の祭りってヤツで、やっぱり座れませんでした。

奥多摩駅で7時27分発の東日原行きのバスに乗り換え。
ここも人が多くて臨時バスが発車。
2台目でも満員。
しかし、その多くは川乗橋で降りて行きました。
川苔山、人気あるなぁ・・・

8時ちょうどに東日原に到着。
ここから先、下山するまでトイレがないのでここで済ませておきましょう。
しばらく車道を歩いて民家の横っちょから登山道に入ります。
一旦、日原川まで下ってそこから登り返しますが、そこから3時間、ほとんど登り一辺倒です。
これは地味〜にきつかった。

最初、アンダーウェア+Tシャツ+ミドルウェア+ジャケットで登り始めたのに、
稲村岩からはアンダー+Tシャツという薄着で登りましたが、それでも汗かきまくりです。
東京は最高20℃だとかで、晩秋とは思えない暖かさでした。

11時前に頂上到着。
川苔山より、絶対こっちの方が見晴らしええや〜ん。
さすがに動いてないと寒いのでジャケットを着ましたが、 富士山を見ながらの昼飯タイムは最高ですね。

40分ほどゆっくりして下山。
帰りは奥多摩駅に向かって石尾根縦走路を下りますが、この道も良かった。
石尾根とは言っても全然石石してなく、多少急な部分はあるものの、ほとんどは斜度も緩くて歩きやすい。
歩き始めてしばらくは右手に富士山を見ながら、ゆるゆると下っていきます。
展望も良くて、こっち側から登るのも楽しそう。
でも、距離はかーなり長いです。
今回のコースは登り約6km、下り約10kmです。

登りも下りも、一部植林もあるけど基本的に落葉広葉樹の林の中を通っていくので、
この時期はほとんど落葉していて、見通しがきいて明るくて、歩くのも楽しい。
登山道は落葉だらけで道がどこかわからないような場所もあったけど、 ふかふかで歩きやすいところが多かったです。
夏にあの登りはキツイやろうし、葉っぱで展望もあまり無さそうなので、 紅葉の時期か、落葉後の今の時期がいいんじゃないかなと思います。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]
訪問者数:40人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ