ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 769445 全員に公開 ハイキング甲信越

越後・唐松山(晩秋・落葉の稜線を行く)

日程 2015年11月23日(月) [日帰り]
メンバー yama-jun, その他メンバー1人
天候曇⇒晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
手ノ又沢の管理林道終点に3台程度駐車可。養殖池脇を歩いてすぐに登山口有り。所謂登山者用駐車場ではなく、駐車を許していただいている雰囲気。池の管理者の方々の御迷惑にならないよう、奥詰めで停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
1時間30分
合計
7時間10分
Sスタート地点07:1007:40滝見場07:5008:50上権現堂山分岐09:0010:00猫岩10:2010:40唐松山11:3014:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大きな危険を孕んだ箇所は無いと思われました。954M測点付近に稜線の崩落有り。季節的に樹の根を落葉が隠しており、滑りによる転倒に注意。急登部分に補助ロープ類は一切有りませんが慎重に登れば危険は無いと思われます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

手ノ又登山口の歩き出しからブナ林を潜る…落葉の絨毯を踏み締めて、子どもの頃の記憶が蘇る。
2015年11月23日 07:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手ノ又登山口の歩き出しからブナ林を潜る…落葉の絨毯を踏み締めて、子どもの頃の記憶が蘇る。
2
朝陽が空に満ちてくる。猫岩から唐松山にかけての稜線が淡く浮かんでいました。
2015年11月23日 07:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽が空に満ちてくる。猫岩から唐松山にかけての稜線が淡く浮かんでいました。
3
灰褐色の山里の森に、薄く霧が棚引いていて余情的ですね。
2015年11月23日 07:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灰褐色の山里の森に、薄く霧が棚引いていて余情的ですね。
2
ナナカマドの赤に、ネコヤナギの緑…。手元の視点から、稜線に目を移すと、霧の上の唐松山頂がやけに高く感じられました。
2015年11月23日 07:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤に、ネコヤナギの緑…。手元の視点から、稜線に目を移すと、霧の上の唐松山頂がやけに高く感じられました。
4
褐色の山肌も朝陽の中に浮かび上がる。土の色の中に、夏の色彩を全て仕舞いこんで…。先行する、hunnno氏。
2015年11月23日 07:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
褐色の山肌も朝陽の中に浮かび上がる。土の色の中に、夏の色彩を全て仕舞いこんで…。先行する、hunnno氏。
6
登山口から30分程で滝見場に到着。自己発光しているような山塊は上権現堂山(標高997.9M)。
2015年11月23日 07:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から30分程で滝見場に到着。自己発光しているような山塊は上権現堂山(標高997.9M)。
6
不動滝の落差をhunnno氏と推し量る…。
2015年11月23日 07:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝の落差をhunnno氏と推し量る…。
2
滝見場で南方を振り返ると、懐に雲を従えた越後駒ヶ岳と八海山の雄々しいシルエット。
2015年11月23日 08:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見場で南方を振り返ると、懐に雲を従えた越後駒ヶ岳と八海山の雄々しいシルエット。
6
そして猫岩〜唐松山の稜線も、少し近付いていました。
2015年11月23日 08:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして猫岩〜唐松山の稜線も、少し近付いていました。
4
褐色の斜面に潜んでいる色彩に、気付かない振りをして冬に送り出しましょう。
2015年11月23日 08:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
褐色の斜面に潜んでいる色彩に、気付かない振りをして冬に送り出しましょう。
2
唐松山の道中は、南方の未丈ケ岳〜荒沢岳〜越後三山の山並みと、稜線に出ては山頂方向の毛猛山塊の山並みを愛でることができます。
2015年11月23日 08:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松山の道中は、南方の未丈ケ岳〜荒沢岳〜越後三山の山並みと、稜線に出ては山頂方向の毛猛山塊の山並みを愛でることができます。
10
早く白い雪に覆われたい、その迎えの準備を整えて息を潜めている斜面の雰囲気。
2015年11月23日 08:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く白い雪に覆われたい、その迎えの準備を整えて息を潜めている斜面の雰囲気。
2
久し振りの青空に、ネコヤナギの防寒着。カマキリの卵も良い越冬場所を見付けた様子です。
2015年11月23日 08:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りの青空に、ネコヤナギの防寒着。カマキリの卵も良い越冬場所を見付けた様子です。
5
上権現堂山との分岐点を通り過ぎました。北の展望が開け、守門岳が私達を迎えてくれました。
2015年11月23日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上権現堂山との分岐点を通り過ぎました。北の展望が開け、守門岳が私達を迎えてくれました。
3
裏・権現堂山は端正な姿…。落葉した樹林から今日は山容が透けて見えています。
2015年11月23日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏・権現堂山は端正な姿…。落葉した樹林から今日は山容が透けて見えています。
2
空を掴もうとして伸ばされた樹冠の、全容を確かめられる時節に…あなたは心の何を確かめますか?
2015年11月23日 09:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空を掴もうとして伸ばされた樹冠の、全容を確かめられる時節に…あなたは心の何を確かめますか?
3
途中に長細い池塘が在りました。良く見ると池の底は落葉が敷き詰められていました。
2015年11月23日 09:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に長細い池塘が在りました。良く見ると池の底は落葉が敷き詰められていました。
1
ナナカマドに残る最後の紅い実。そして周囲は既に冬芽…。新しい命のしたたかな準備を見詰める。
2015年11月23日 09:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドに残る最後の紅い実。そして周囲は既に冬芽…。新しい命のしたたかな準備を見詰める。
1
954M測点への急登を登り詰めると、唐松山(1,079M)山頂に至る優美な稜線歩きが始まります。標高差は125Mしか有りませんが、この稜線が清々しいのです。
2015年11月23日 09:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
954M測点への急登を登り詰めると、唐松山(1,079M)山頂に至る優美な稜線歩きが始まります。標高差は125Mしか有りませんが、この稜線が清々しいのです。
8
風の痕跡を身に刻んだ樹木達。枝葉が繁る季節には、気付かなかったかも知れません。
2015年11月23日 09:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の痕跡を身に刻んだ樹木達。枝葉が繁る季節には、気付かなかったかも知れません。
2
自宅の庭の杉苔よりも、断然瑞々しいのは何故?
2015年11月23日 09:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅の庭の杉苔よりも、断然瑞々しいのは何故?
3
こちらの苔も同様…。
2015年11月23日 09:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの苔も同様…。
4
振り返れば随分と遠のいた上権現堂山。
2015年11月23日 09:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば随分と遠のいた上権現堂山。
4
猫岩の影が斜面に長く引き伸ばされていました。
2015年11月23日 09:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩の影が斜面に長く引き伸ばされていました。
2
特徴的な岩塊「猫岩」に近付いてきました。
2015年11月23日 09:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴的な岩塊「猫岩」に近付いてきました。
7
猫岩は南側を巻いて道が付けられています。
2015年11月23日 10:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩は南側を巻いて道が付けられています。
巻道から猫岩を見仰ぐと…。
2015年11月23日 10:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道から猫岩を見仰ぐと…。
5
岩塊の先端部に猫の鈴に見立てた様な鈴が結わえられています。
2015年11月23日 10:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩塊の先端部に猫の鈴に見立てた様な鈴が結わえられています。
13
猫岩の北側は、岩盤が剥落を繰り返したかのような絶壁でした。
2015年11月23日 10:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩の北側は、岩盤が剥落を繰り返したかのような絶壁でした。
7
猫岩を唐松山方向から見詰める…。反対側から猫岩の頭に出る道が刻まれていました。
2015年11月23日 10:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩を唐松山方向から見詰める…。反対側から猫岩の頭に出る道が刻まれていました。
9
あなたは苔か、草か、菌類か?
2015年11月23日 10:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あなたは苔か、草か、菌類か?
5
猫岩を過ぎて、前峰に隠れていた唐松山・山頂峰が顔を出しました。
2015年11月23日 10:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩を過ぎて、前峰に隠れていた唐松山・山頂峰が顔を出しました。
4
唐松山の前峰に到着間近…。上権現堂の右肩に、下権現堂山が顔を覗かせ始めました。
2015年11月23日 10:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松山の前峰に到着間近…。上権現堂の右肩に、下権現堂山が顔を覗かせ始めました。
4
山の起伏がクレイモデルの様に見えます。神様は風雪を用いて刻み付けた自身の仕事を確かめ、もう少しで新しい風雪を投げ掛けようとしています。
2015年11月23日 10:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の起伏がクレイモデルの様に見えます。神様は風雪を用いて刻み付けた自身の仕事を確かめ、もう少しで新しい風雪を投げ掛けようとしています。
4
到着間近の唐松山と、左手に鎮座する毛猛山塊。前峰の桧岳と対峙します。
2015年11月23日 10:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着間近の唐松山と、左手に鎮座する毛猛山塊。前峰の桧岳と対峙します。
8
小春日和に勘違いしました?イワウチワが咲いていました。
2015年11月23日 10:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小春日和に勘違いしました?イワウチワが咲いていました。
8
山頂から南の斜面を見下ろして。斜面に突起する岩塊を、勝手に「子猫岩」と唱えます。
2015年11月23日 10:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南の斜面を見下ろして。斜面に突起する岩塊を、勝手に「子猫岩」と唱えます。
4
唐松山の山頂から東に伸びている稜線。黒又ダム湖を挟んで毛猛山塊の山は、登山道の無い所謂エキスパートの領域と言われています。
2015年11月23日 10:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松山の山頂から東に伸びている稜線。黒又ダム湖を挟んで毛猛山塊の山は、登山道の無い所謂エキスパートの領域と言われています。
8
帰路、猫岩の背中から上権現堂山の方角を見渡す。
2015年11月23日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、猫岩の背中から上権現堂山の方角を見渡す。
8
前回は2013年の5月に…下権現堂山〜上権現堂山と歩きました。今回も上権現の「鬼の穴」は訪ねられず…。
2015年11月23日 12:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は2013年の5月に…下権現堂山〜上権現堂山と歩きました。今回も上権現の「鬼の穴」は訪ねられず…。
3
谷の日の陰りは、里よりもなおさら早い。光が鈍く輝きを留めて、そして消えてゆく。
2015年11月23日 07:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の日の陰りは、里よりもなおさら早い。光が鈍く輝きを留めて、そして消えてゆく。
2
遠く淡いシルエットは越後駒ヶ岳…こちら側から視界に入ると、駒の山頂に伸びる荒々しい郡界尾根への憧れも深まる。
2015年11月23日 13:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く淡いシルエットは越後駒ヶ岳…こちら側から視界に入ると、駒の山頂に伸びる荒々しい郡界尾根への憧れも深まる。
4
木の枝にオオスズメバチ?の住居。幸い空家の様子でしたが、枝葉が繁っていれば分かりません。
2015年11月23日 13:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の枝にオオスズメバチ?の住居。幸い空家の様子でしたが、枝葉が繁っていれば分かりません。
7
猫岩にて。喉元の鈴は足元から…。猫の頭は、尻尾から…。今日は陽だまりの中に機嫌良く佇んでいました。※画像提供:hunnno氏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫岩にて。喉元の鈴は足元から…。猫の頭は、尻尾から…。今日は陽だまりの中に機嫌良く佇んでいました。※画像提供:hunnno氏。
6
撮影機材:

感想/記録

 唐松山…新潟県内でも知名度は高くありませんが、昭文社『山と高原地図越後三山』の小冊子の後半に少し紹介もされています。登山道は明瞭で刈払もされており、この道への愛情を感じる道程でした。体力と時間が許せば、戸隠神社登山口から下権現堂山〜上権現堂山〜唐松山迄の縦走とすると、この稜線上の魅力を堪能できる山行になると思われます。
 今回の唐松山の探訪は二度目。前回は一昨年の9月でしたが画像消失により過去レコ御座いません。季節を変えて晩秋…小春日和。実はいつ冷雨が降り出してもおかしくないような暗雲立ち込めた荒涼とした風景を少し期待して訪ねたのですが、やはり晴れの日の快適な稜線闊歩は、陽気な発想を与えてくれました。


訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ