ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 773172 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2015年11月28日(土) 〜 2015年11月29日(日)
メンバー mismatch, その他メンバー7人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
9:30発の西鴨沢行きバスは2便出ていました。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間15分
休憩
0分
合計
4時間15分
S鴨沢10:1514:30奥多摩小屋
2日目
山行
8時間20分
休憩
2時間10分
合計
10時間30分
奥多摩小屋05:3006:15雲取山06:4507:30奥多摩小屋09:0013:00鷹ノ巣山13:1016:00東日原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は記憶を頼りにしてますのであいまいですが、雪の影響はほぼ無いです
コース状況/
危険箇所等
七ツ石小屋との分岐以降に数日前降った雪が少し残る程度でした。ブナ坂から雲取頂上の避難小屋までは多少雪はあってもアイゼンは不要でした。しかし、鷹巣山からの下山ルートの稲村尾根は北斜面で上部に雪があり、下りはアイゼンがあった方が安心という状況でした。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

鴨沢へ向かう途中のバスの車窓から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢へ向かう途中のバスの車窓から
空気と水が澄んで気持ちいい景色。奥多摩湖の周りは少し紅葉が残ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気と水が澄んで気持ちいい景色。奥多摩湖の周りは少し紅葉が残ってました
2
散歩するにはいいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散歩するにはいいですね
集合時間に遅れたので、1時間遅れで着いた鴨沢からこれまでにないハイペースで登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集合時間に遅れたので、1時間遅れで着いた鴨沢からこれまでにないハイペースで登ります
でも残っていた紅葉ではやっぱり足が止まります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも残っていた紅葉ではやっぱり足が止まります
堂所付近で仲間と合流しグループハイク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂所付近で仲間と合流しグループハイク
ブナ坂手前の巻道は紅葉が終わっているけど、葉が落ちて明るい登山道。冬ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂手前の巻道は紅葉が終わっているけど、葉が落ちて明るい登山道。冬ですね。
見上げると青空も。このあたりから雪が残ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると青空も。このあたりから雪が残ってます
石尾根に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根に到着
七ツ石山も冬の景色へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山も冬の景色へ
1
奥多摩小屋付近の雪はこのくらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋付近の雪はこのくらい
ヘリポート付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート付近
1
その後少し雲が出てきましたが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後少し雲が出てきましたが
富士山はずっと顔を出してくれてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はずっと顔を出してくれてました
3
そして夜の部
2015年11月28日 15:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして夜の部
1
夜の部を抜け出して撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜の部を抜け出して撮影
1
翌朝、山頂への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、山頂への道
4
避難小屋横で朝を待つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋横で朝を待つ
2
ボーッと過ごす貴重な時間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボーッと過ごす貴重な時間
1
淡い色合いが好きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡い色合いが好きです
2
石尾根の最上部も雪は気にならない程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根の最上部も雪は気にならない程度
日の出の時間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出の時間
低い雲の上にやっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低い雲の上にやっと
3
気持ちの良い朝日が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い朝日が
太陽の光が暖かい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽の光が暖かい
1
石尾根を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を下ります
先ほどとはまた違った表情
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどとはまた違った表情
2
薄い雲と青空のコントラストが朝の雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄い雲と青空のコントラストが朝の雰囲気
テン場が見えてきた頃
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場が見えてきた頃
奥多摩小屋から下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋から下山開始
1
石尾根は雪山ハイクの雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根は雪山ハイクの雰囲気
1
気持ちのいい道が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい道が続きます
そしてゆる登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてゆる登り
2
鷹ノ巣山頂付近かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山頂付近かな
下山は稲村岩尾根へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は稲村岩尾根へ
沢付近は紅葉が少しだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢付近は紅葉が少しだけ
残ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残ってました
雪山の雰囲気を
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪山の雰囲気を
1
楽しめた山行でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しめた山行でした
1
撮影機材:

感想/記録

○1日目
久しぶりのグループハイクで奥多摩へ。
出だしから奥多摩駅の集合時間に遅れてしまい、次のバスで追いつくことに。
次の便は1時間後なので、鴨沢からいつものソロハイク。
登り始めからいつもよりハイペース過ぎました。後で少しバテることに。
駐車場は満杯で路上駐車も数台ありました。
登山口からはゆる登りなので引き続きハイペースでもくもくと登ります。
登山口付近は少し紅葉も残っていて楽しめました。
堂所手前でグループに追いつき、グループハイクへ。
数日前に降った雪は七ツ石小屋との分岐あたりから少しづつありましたが、アイゼンを付けるほどではなく、踏み跡にはほとんど雪はありませんでした。このあたりは南側なので溶けてしまってましたね。
それでも昼食休憩で停滞すると、上に着ないといられないほど気温は低いです。5度くらいでしょうか(感覚値です)。
14時頃、奥多摩小屋に到着。
雲取への登頂は明日の朝にすることにしました。
この日は初めて奥多摩小屋に泊ることに。ここは素泊まりのみで食事はありません。事前に調べた限りだと寝具はあるそうですが、泊った人のブログなどがあまりなく前回テント泊の受付をした土間の雰囲気しかわかりませんでしたが、土間の奥に寝室スペースがありました。70名宿泊可能というだけのスペースはありそうでしたが、一部床が落ちていてそこまでは無理そう。
ただし土間に近いスペースは比較的ましだったので、敷布団2枚と毛布を敷いてその上に布団と毛布をかける贅沢な使い方で寒くはありませんでした。
寝具も湿っていて匂うようなことはなくさっぱりしていて少しホッとしました。
水場はこの時期でも枯れることはなく、水量豊富でした。
テン場は前週の3連休はヘリポートまでテントでいっぱいと聞いていましたが、この日は20張程度でしょうか。しかし、船橋から来た高校生のグループが騒がしくて、テン泊の人は迷惑だったそうです。困ったものです。
その後、小屋の囲炉裏のそばで夜の宴会スタート。
この日は僕たち8名のほかは2名のグループと猟師の人が数名。
今回、メインは鍋でしたが、食材は鍋の分担は他の方達が担いでくださることになったので、僕は焼きメインのつまみを持参しました。
初導入のユニフレームのマルチロースターでエイヒレと焼き鳥を焼きましたが、コレはいいですね。色々焼けて楽しいです。
シャンパンとワインを頂きました。持参したウィスキーはそのまま持ち帰ることに。白菜と豚肉の鍋で暖まりました。鍋は囲炉裏のストーブで煮炊きさせて頂きました。
最後は囲炉裏を囲んでその日の宿泊者の方々と談笑。
猟師の方の話しってなかなか聞けないですが、奥多摩小屋だからなのか、その日の宿泊者の方々と自然に話しができる雰囲気はとてもいいですね。
21時頃就寝
(続く)後でまた書き足します
訪問者数:533人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ