ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 773658 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

東六甲 地獄谷〜B懸尾根〜中央稜尾根

日程 2015年12月01日(火) [日帰り]
メンバー chikah
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR芦屋駅より
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間49分
休憩
13分
合計
3時間2分
SJR芦屋駅12:0912:46高座ノ滝(地獄谷方面へ)13:15A懸垂岩14:03万物相14:0914:26風吹岩14:41〜休憩〜14:4815:11高座ノ滝(中央稜尾根より)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:高座ノ滝手前の茶屋にあり。
B懸尾根:砂礫の岩場歩きなので滑らないよう注意。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点の茶屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点の茶屋
1
ロックガーデン方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデン方面へ
1
ちょっとこわい人達が
お出迎え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとこわい人達が
お出迎え
2
橋を渡り・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り・・・
登って降ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って降ると・・・
分岐を左で地獄谷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を左で地獄谷。
1
コース案内あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース案内あります。
2
開けた涸れ沢をまっすぐ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた涸れ沢をまっすぐ進む。
小滝あらわる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝あらわる。
1
浮き石に注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浮き石に注意です。
小便滝を右に登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小便滝を右に登り
しばらく涸れ沢を登ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく涸れ沢を登ると・・・
A懸垂岩あらわる。
登ってみたいなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A懸垂岩あらわる。
登ってみたいなぁ
2
巻道からA懸垂岩を登る。
ごつごつの岩肌ルートが
面白い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道からA懸垂岩を登る。
ごつごつの岩肌ルートが
面白い。
3
北側には目指すB懸尾根と
万物相が見渡せた。
岩場歩きの始まりだヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には目指すB懸尾根と
万物相が見渡せた。
岩場歩きの始まりだヽ(^。^)ノ
2
振り返れば先ほど登った
A懸垂岩が。いい岩場だな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば先ほど登った
A懸垂岩が。いい岩場だな。
2
C懸かな?
次回登ってみよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
C懸かな?
次回登ってみよう
1
まだまだ続く岩場歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続く岩場歩き
2
通れた・・・これ以上
肥えないようにせねば。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通れた・・・これ以上
肥えないようにせねば。
3
初めてのロープ。
ありがたかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのロープ。
ありがたかった。
おぉ〜なかなかの高度感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ〜なかなかの高度感
1
大きな1枚岩
後ろを見なければ
ひょいひょい登れる♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな1枚岩
後ろを見なければ
ひょいひょい登れる♪
オーバーハングの岩を降りる。足がかりがつかめず、足が空しく宙を掻かく。ロープがあってよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーバーハングの岩を降りる。足がかりがつかめず、足が空しく宙を掻かく。ロープがあってよかった。
2
万物相が近づいてきたぞ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万物相が近づいてきたぞ〜
2
一旦 涸沢へ降る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦 涸沢へ降る。
おぉ〜奇岩群登場ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ〜奇岩群登場ヽ(^。^)ノ
2
登頂への道ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂への道ですね
3
うん、いい眺めだ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うん、いい眺めだ!
1
震災で折れてしまった
ピラーロック
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
震災で折れてしまった
ピラーロック
中央稜尾根ルートに合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜尾根ルートに合流。
本日の第一にゃんこ。
にゃー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の第一にゃんこ。
にゃー
3
風吹岩到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩到着!
中央稜尾根を折り返して
ロックガーデンへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜尾根を折り返して
ロックガーデンへ
ロックガーデンへ突入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデンへ突入
がんがん降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がんがん降ります
降ったところを振り返る。
登りもおもしろそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降ったところを振り返る。
登りもおもしろそう。
本日の第二にゃんこ。
ガイドを兼任。
にゃー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の第二にゃんこ。
ガイドを兼任。
にゃー
3
冬枯れの中の紅一点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの中の紅一点
ルートの足場はとても
しっかりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートの足場はとても
しっかりしている。
柿発見。
結構高い所にあって
採れなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柿発見。
結構高い所にあって
採れなかった。
分岐に到着。
もう少し岩場歩きを
楽しみたかったな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に到着。
もう少し岩場歩きを
楽しみたかったな。
本日の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の紅葉。
3

感想/記録
by chikah

天気の良い山日和なので、再び六甲山へ。
本日は会社の創立記念日でお仕事がお休み。
平日の六甲〜静かな山歩きができそうだ。
よし、先日登った東六甲を違うルートから登ってみようヽ(^。^)ノ

登山口手前で3〜40人の集団登山者が2列歩行をしていた。
どこかの機関の訓練登山なのか、なんだかものものしい。
しかし体育会系の鍛えられた機敏な様子はうかがえない。
(失礼ながら^_^;)
あとでわかったのですが法務省の方だったようだ。
法務省が山登り・・・色々あるのだろう。

まずは地獄谷の沢筋遡行。
ひたすら沢筋を登って行く。
いくつもの小滝に出くわす。
少し大きな滝部分は巻道があるようだが、
折角なので全て滝沿いに登ってみる。
苔むした岩肌だけど、手がかり足がかりはしっかりしている。
登ることに集中できる時間が楽しい。
登りつめると堰堤手前に小便滝があらわれた。
なるほど、放物線を描いているなぁ。
小便って・・・そのまんまやん。
小便滝を右に入りしばらく登ると大きな岩が現れた。
A懸(A懸垂岩)かな。

ちょうどロッククライミングの講習をされていた。
私もいつかやってみたい。
ここから踏み跡が分岐していたが、左にA懸があるので
そちらに行ってみよう。

A懸の頂点は、とても良き見晴らし。
腰に手をあて悦に入る。
北側から登ったのだが、周りを見回すと南側からも登れそうだ。
降りるには心許ないので取付きを調べて次回はそちらから登ってみよう。

もとの分岐へと折り返して、万物相方面へ向かうべく
そちらと思われる踏み跡をたどる。
コース案内の目印はないので踏み跡だけが頼り。
しかし、その踏み後も方々に分岐している。
先行者もおらず、大いに悩む。(-_-)
少し高い所に登って見当をつけ進んでいく。
何度も行き詰まったが、道をつぶしながら進んで行くのは楽しい。
引き返すことになっても過程が楽しめたらそれもありのルートだなぁ。
いつのまにか、登ることに夢中になっていた。
実は少し高所恐怖症気味なのだか、楽しさの方が断然勝る魅力あるルートだ。

振り返ると東側に岩のピークが見えた。
コースと思われるところから少し外れたところにある。
あれがC懸(C懸垂岩)かもしれない。
よし、次回登ってみよう。
万物相の手前で間違って東の踏み跡を辿り、
中央稜のコースに出てしまった。Uターン。

そして、万物相に到着。
B懸尾根で唯一見かけた登山者の方が遅めのランチをとっていた。
お食事中に申し訳ないが、お声をかけさせていただく。
ロックガーデン付近はよく来られるそうで、お話を伺う。
通ってきたルートのお話ができて楽しかった。
ありがとうございました。(^。^)

お礼を言って万物相を西に向かって尾根沿いを歩いてみる。
基本、風吹岩に向かいたいのだがルートが途切れてしまった。
Uターンして先ほどの登山者の方に道を聞くと、
北側にルートが付いているのがわかった。
その方は六甲方面に向かわれる様なので途中まで
ご一緒させていただく。

風吹岩には10分程で到着。
条件反射の如く、岩に登ってみる。
見晴らしいいじゃないかぁー。
同行させて頂いた登山者の方とはここで別れて、
中央稜尾根を降る。
ロックガーデン人気のコースだ。
休日だと混雑で待ち時間を強いられるようだが、
本日はがらがらなのでマイペースに降れる。
こちらも岩場のルートだが、そんなに高度感は感じられない。
足がかりもしっかりしていて降りやすい。

途中にゃんこがあらわれ、私を誘導するが如く先行し
振り返って待ってくれ、追いつくとまた先行するというのを
しばらく繰り返した。
振り返るたびに「ニャー」と鳴く。
なんともキュートなガイドさんの登場だ。
そして、ここからは一人でも大丈夫だろう的にガイド料を
ねだることなく茂みの中に消えていった。
「あばよ」の捨て台詞が聞こえてきそうだ。
かっこいいじゃないか にゃんこ。
道案内 ありがとう。

降りはあっと言う間だった。
もう一回登り返そうか迷ったが、15時過ぎと
中途半端な時間だったので断念。
また、近々来よう。
今度はどう登ろうかなぁ。
楽しみだ。
訪問者数:235人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

浮き石 紅葉 堰堤 奇岩 涸沢 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ