ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779199 全員に公開 フリークライミング甲信越

初めての小川山「雨なので次に備えて視察」長野県

日程 2015年12月12日(土) 〜 2015年12月13日(日)
メンバー echigonogaku, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟方面からは、上信越道から中部横断道佐久平ICを降り国道141号線を経由し、廻り目キャンプ場が小川山のベース。
東京方面からは中央道から141号線経由
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
廻り目キャンプ場をベースに周囲が岩場
地図上の小川山山頂と、岩場のフィールドの「小川山」とは少し離れている。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ヘッドランプ テントマット シェラフ

写真

廻り目キャンプ場
オフシーズンなので、人影は僅か
2015年12月13日 07:40撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廻り目キャンプ場
オフシーズンなので、人影は僅か
キャンプ場対岸の岩場
名前は分からない。
2015年12月13日 07:40撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場対岸の岩場
名前は分からない。
「砦岩」と呼ばれる岩峰だろうか?
2015年12月13日 07:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「砦岩」と呼ばれる岩峰だろうか?
「尾根岩」と呼ばれる岩峰だろうか?
2015年12月13日 07:45撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「尾根岩」と呼ばれる岩峰だろうか?
廻り目キャンプ場と周辺岩場の案内図
2015年12月13日 07:46撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廻り目キャンプ場と周辺岩場の案内図
雪はうっすらと一部にある。
ここは標高1500m超の場所
2015年12月13日 08:01撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はうっすらと一部にある。
ここは標高1500m超の場所
岩場の一つ「親指岩」
2015年12月13日 07:59撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の一つ「親指岩」
1
親指岩の対面には「日本一のレイバック」と呼ばれる岩面が
今度チャレンジしたい。
2015年12月13日 08:02撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親指岩の対面には「日本一のレイバック」と呼ばれる岩面が
今度チャレンジしたい。
2
岩質はざらっとして乾いており、フリクションは効く
2015年12月13日 08:09撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩質はざらっとして乾いており、フリクションは効く
苔も乾くほど乾燥している。
湿度の高い日本海側の岩場では考えられない。
正直羨ましい。
2015年12月13日 08:18撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔も乾くほど乾燥している。
湿度の高い日本海側の岩場では考えられない。
正直羨ましい。
1
撮影機材:

感想/記録

秩父の二子山でクライミングをした後に、当日移動してきた。
地図上では一見して近いが、狭隘な道の峠越えを2回もする上、直通の道はなく大きく迂回するため、結局二子山から3時間ほど掛かった。
夜の到着のため、小川山麓の「廻り目キャンプ場」で幕営した。
すでにオフシーズンで、キャンプ場の有人施設は閉業している。
夜は気温は零下になるので、人影もまばらであった。
翌日は雨であったので、次に備えて、いわゆる「小川山」と言われる岩場の視察に出かけた。
岩峰や、単体の岩まで大小様々なポイントがあり、さすが「日本のヨテミセ」と呼ばれるだけあり、何度来ても楽しめそうだった。
今度は、天気が良い日に泊まりがけでチャレンジしたい。
なお、地図上の小川山の山頂と、いわゆる「小川山」と呼ばれる岩場のフィールドは離れているので要注意だ。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

キャンプ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ