ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 784818 全員に公開 ハイキング近畿

津10山のひとつ長谷山は親しみのある里山

日程 2015年12月27日(日) [日帰り]
メンバー nagsky, その他メンバー1人
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間15分
休憩
1分
合計
1時間16分
Sスタート地点13:4714:28山頂14:2915:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は全くありません。強いて言えば、雨の後は岩の露出している登山道が滑るかもしれません。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

県道657号線の分岐からすぐの登山道の分岐に駐車。この辺りに数台駐車可能。
2015年12月27日 13:47撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道657号線の分岐からすぐの登山道の分岐に駐車。この辺りに数台駐車可能。
2
下調べせずに来たため駐車地からすぐの分岐を左に行き、集落の中を歩いてしまいました。本来のルートは一つ目の分岐から750m上の2つめの分岐です。

集落から長谷寺への階段を登ります。
2015年12月27日 13:55撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下調べせずに来たため駐車地からすぐの分岐を左に行き、集落の中を歩いてしまいました。本来のルートは一つ目の分岐から750m上の2つめの分岐です。

集落から長谷寺への階段を登ります。
本来のルートはこの写真の右前から上がってきます。登山ルートは左に上がります。
2015年12月27日 13:58撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来のルートはこの写真の右前から上がってきます。登山ルートは左に上がります。
10kmかと思って驚きましたが、よく見ると1.0kmでした。
2015年12月27日 13:58撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10kmかと思って驚きましたが、よく見ると1.0kmでした。
1
長谷寺と毘沙門天像。長谷寺は大和の長谷寺を模したものだそうです。
2015年12月27日 13:59撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷寺と毘沙門天像。長谷寺は大和の長谷寺を模したものだそうです。
階段を登って本堂の右側を抜けると登山道が現れます。
2015年12月27日 14:01撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登って本堂の右側を抜けると登山道が現れます。
2
登山道に入るとすぐさま岩でできた掘り割れの道になります。落葉樹の落ち葉が石の上に薄く積もっており、濡れていたら滑りそうです。ここを通った際に小雨が降っていましたが、道は濡れていませんでした。
2015年12月27日 14:02撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入るとすぐさま岩でできた掘り割れの道になります。落葉樹の落ち葉が石の上に薄く積もっており、濡れていたら滑りそうです。ここを通った際に小雨が降っていましたが、道は濡れていませんでした。
舗装路までの中程は竹林の中を行きます。
2015年12月27日 14:07撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路までの中程は竹林の中を行きます。
ここで舗装路に出会いますので、頂上を目指して左に行きます。
2015年12月27日 14:13撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで舗装路に出会いますので、頂上を目指して左に行きます。
広い舗装路が頂上まで続きます。単調な面白みのない道です。
2015年12月27日 14:14撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い舗装路が頂上まで続きます。単調な面白みのない道です。
1
舗装路をしばらく進むと左に幾つものパラボラアンテナを擁したアンテナ塔が見えます。
2015年12月27日 14:15撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路をしばらく進むと左に幾つものパラボラアンテナを擁したアンテナ塔が見えます。
アンテナ塔を過ぎてすぐに右手に展望が開けました。透明度が高く対岸の知多半島がはっきり見えます。
2015年12月27日 14:21撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンテナ塔を過ぎてすぐに右手に展望が開けました。透明度が高く対岸の知多半島がはっきり見えます。
鈴鹿の山々。
2015年12月27日 14:24撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿の山々。
山頂近くのアンテナ塔。
2015年12月27日 14:27撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くのアンテナ塔。
展望は全くなく寂しい頂上です。
2015年12月27日 14:28撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は全くなく寂しい頂上です。
椿が咲いていました。
2015年12月27日 14:34撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿が咲いていました。
下りは駐車地まで舗装路を行きます。
2015年12月27日 14:36撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは駐車地まで舗装路を行きます。
暖冬のためか、色付いたモミジがところどころ道路脇にあり単調な舗装路下りで目を楽しませてくれました。
2015年12月27日 14:37撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖冬のためか、色付いたモミジがところどころ道路脇にあり単調な舗装路下りで目を楽しませてくれました。
1
登りは本来ならこの分岐まで来るつもりでしたが、ずっと手前を折れてしまいミスコースです。
2015年12月27日 14:56撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りは本来ならこの分岐まで来るつもりでしたが、ずっと手前を折れてしまいミスコースです。
駐車地まで降りてきました。
2015年12月27日 15:03撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地まで降りてきました。
車に乗り移動している途中、長谷山方面に綺麗な虹が架かっていました。
2015年12月27日 15:11撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車に乗り移動している途中、長谷山方面に綺麗な虹が架かっていました。
1
帰りに自動車で寄った笠取山から見た長谷山です。なんて低いのでしょう。
2015年12月27日 15:52撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに自動車で寄った笠取山から見た長谷山です。なんて低いのでしょう。
1

感想/記録
by nagsky

長谷山は津市の市街地に近く、市街の広くから見える津市民にとって親しみのある里山です。標高321mで特に特徴はない山ですが、知名度の高さから津10山に選ばれたのでしょう。管理道路がダート路であったころから何度も自動車で登ったことがあります。自動車でも登れる山に満足度は低かったですが、こんなところに長谷寺(ちょうこくじ)という立派な寺があることに驚きを感じました。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

モミジ モミ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ