ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785422 全員に公開 山滑走増毛・樺戸

濃昼岳

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道231号線沿いの除雪スペースへ駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
14分
合計
4時間19分
Sスタート地点08:0909:28尾根取り付き10:44濃昼岳山頂10:5811:32林道合流12:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点から山方向
空はどよ〜んとしていて風も強い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点から山方向
空はどよ〜んとしていて風も強い
4
林道
雪が少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道
雪が少ない
3
ラッセルは浅め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルは浅め
5
カーブミラーで自撮り
カメラのメモリーカードを忘れて今日はiPhoneでの撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーブミラーで自撮り
カメラのメモリーカードを忘れて今日はiPhoneでの撮影
7
林道から見えた隣の山のピーク
たぶん山名はないと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から見えた隣の山のピーク
たぶん山名はないと思う
2
林道の標高270m地点
天気が良ければこの方向に濃昼岳が見えると思うが自信なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の標高270m地点
天気が良ければこの方向に濃昼岳が見えると思うが自信なし
3
尾根の取り付き地点にはピンクリボンと山名の標識があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の取り付き地点にはピンクリボンと山名の標識があった
7
尾根はブッシュがかなり多め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根はブッシュがかなり多め
4
標高が上がるとちょっとはマシになる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がるとちょっとはマシになる
2
稜線まで上がると風雪が強かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まで上がると風雪が強かった
5
稜線は巻き気味に進む
右側が山頂方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は巻き気味に進む
右側が山頂方向
2
山頂と思われるところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と思われるところ
6
山頂はかなり広い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はかなり広い
5
山頂からは薄っすらと隣の尾根が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは薄っすらと隣の尾根が見えた
3
スキー
今日は黄色いやつを選択
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー
今日は黄色いやつを選択
13
滑る斜面
ササが邪魔…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る斜面
ササが邪魔…
3
沢地形の方はさっきよりもブッシュは少なめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢地形の方はさっきよりもブッシュは少なめ
2
ブッシュが薄いところは快適に滑ることができた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュが薄いところは快適に滑ることができた
2
ブッシュは多いが、それなりに楽しい滑りだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュは多いが、それなりに楽しい滑りだった
5
最後は林道を戻る
登りのトレースは一部消えかけていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は林道を戻る
登りのトレースは一部消えかけていた
3
ゴール
車無事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール
車無事
5

感想/記録

天気が悪そうな予報。こういう日は低山を登って滑るのが良さそう。遠出もしたくないし。
という訳で、石狩市厚田にある標高621mの濃昼岳へ出かけてみた。

国道231号線、濃昼のヘアピンカーブから林道に入る。しばらくは林道歩き。林道は全体的にかなり雪が少なかった。
標高280m地点のY字分岐のところから林道を離れて尾根に取り付く。取り付き部分には「濃昼岳」の標識とピンクリボンが取り付けてあった。分かりやすい。

尾根はブッシュが多くてかなり面倒な登りだった。ブッシュが邪魔で真っすぐ進めないし、木の枝が何度も顔に当たって痛い思いをした。快適に登るには、あと最低1mは雪が必要な感じ。
稜線まで登ってようやくブッシュから解放される。

稜線からは少し巻き気味進む。風は強いが樹林の中なのでそんなに気にはならなかった。その後しばらく登ると濃昼岳の山頂に到着。
山頂は広い台地みたいになっていてどこが山頂か良く分からなかった。なので適当なところを山頂とした。

シールを外して滑降開始。
稜線は歩行モードにして移動。稜線の末端からは(上から見て)右の沢地形の方へ出来るだけブッシュが薄いところを選んで滑った。プチパウダーでそれなりに楽しい滑りだった。こういうスキーも嫌いではない。
ただスキーを快適に楽しむにはもう少し雪が必要。

最後は林道を戻る。少しだけ登り返しもあるし、滑りの悪い雪で棒立ち自動滑りという訳にはいかず下りるのも結構時間が掛かった。

滑るところは少ないけど天気が悪くても気軽に登れるいい山だと思う。超マイナーな山で、ほぼ人と会うことも無さそうなのが良いです。
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/4
投稿数: 171
2015/12/31 13:42
 濃昼岳、惨敗しました…
aofukurohさんこんにちは。
藻岩山登山会、年末忘年会とご一緒させて頂いたyuhokaiです。

今年最後の山行は何処にしようかなー、なんてレコを見ていたらaofukurohさんの濃昼岳のレコが目に留まり「濃昼岳?聞いたことないけど渋いじゃん」と思いレコを参考に行ってみることにしました。濃昼と言えば僕的には昔シーカヤックで何度も訪れた「海」のイメージしかなかったので「山」は新鮮だったんですね。

私事ですが、BCスキーに関しては大昔にスキニーな板と皮ブーツのテレマークで酷い目(笑)に遭い、もともとスキーが不得手なこともあって敬遠していた経緯があるのですが、最近になって長い雪山期間にスキーをしないのはもったいない、と思い今シーズンから再開しようと思った次第です。幸い10年程前に購入したゲレンデ用テレマークスキー一式があったのでクライミングスキンを買い足して復活を!と意気込んだものの…。結果はタイトルの通り惨敗!林道ラッセル終点で体力ほぼMAX。下山の時刻を逆算すると肩まで取り付くこともできず、尾根の途中で無念のリタイア…。(これで5時間30分かかりました

このルートを4時間でやってしまうとは!Ei-taroさんのレコにある通りaofukurohさんは超人 !やはりレジェンドだな!Ei-taroさんの表現は決して大袈裟ではないことを身を持って知りました!レコもガイドとしてとてもわかりやすく大変参考になります。

地味にゲレンデにも通いつつ、体力強化と優しいフィールドで肩慣らししながらリベンジできればいいな〜と思っています。やっぱ雪山は楽しいですもんね!これからも素敵な滑走レコをよろしくおねがいしまーす

長文、失礼しましたー。
登録日: 2014/1/11
投稿数: 67
2016/1/1 17:45
 Re: 濃昼岳、惨敗しました…
yuhokaiさん
こんにちは!

濃昼岳の記録を参考にしていただきとても嬉しいです。あの辺りをシーカヤックで海から眺める風景も良さそうですね。

日記の方も読みました。雪山はその日の雪のコンディションで行動時間が大きく変わりますので、時間に関してはあまり参考にならないと思います。
あと道具の進化は早いです。最近のスキーは軽くて歩きやすいですよ。テレマークも歩行モード付きのビンだとラッセルもビックリするほど楽です。

次回は是非のリベンジを果たして下さい。雪が安定する頃だとあの大変さは何だったのかと思うほど案外すんなりと登れると思います。

今後ともよろしくお願いします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ